1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。と、47都道府県をさすらうライター村崎なぎこのブログです。メールは utsunomiya1000yen@yahoo.co.jp までお願いします。

一本杉農園さんでカフェを始められ、食事メニューもあるというので、行ってきました。

27

お名前は「蒔時」だそうです。
歳時記とか二十四節気に出てくるような、わびさびなお名前。

カフェの定員は12人くらいでしょうか。
正午ジャストなら予約可能だそうです。

16

えーと、何にしよう。
プレートメニューで行くのは確定しているので
キッシュロレーヌかクロックムッシュかフレンチトースト…。
自家製ベーコンを考えるとキッシュかクロックムッシュ。

でもフレンチトーストが好きだし、パン屋さん直々の焼きたてホヤホヤフレンチトーストが食べられるなら、チャンスをつかみたいところである。

てなわけで、フレンチトーストにします。

24

ドリンクは水出しアイスコーヒーで。
気候的に、アイスコーヒーが飲めるのも、そろそろ終わりかもしれないし(最近、冷え性なので冬は飲めなくなりました)。

「セットの冷製スープです」

冷製スープラブ。

DSC07935

「バターナッツカボチャのスープです」

あのヒョウタンみたいな形の。
産直でよく見ますが、買ったことはないのです(たぶん)。
なぜなら、我が家の包丁は切れないので、生カボチャがカットできない。
哀しい。

DSC07936

優しい甘さで濃厚で、ときどき当たる「(カボチャの)ぷちぷち」が心地よい。

DSC07937

フレンチトーストだと時間かかると思ったので、先にドリンクいただきました。
水出しだと、すっきり爽やか系に出会うことが多いのですが、意外や濃厚。

DSC07940

フレンチトースト到着。

DSC07942

焼き色に萌ゆる。
畑の野菜添えもうれしい。

野菜から食べよう(ベジファースト)
がっしりしたお味で、健康なお野菜のパワーをいただけるようです。

DSC07943

ちょこちょこっと、他のパンも添えてあるのが嬉しい。

「ハチミツはお好みで」とのことでしたが

DSC07944

もちろん、かけるのが好みです。

DSC07947

レモン風味香る…という説明でしたが、確かにレモン。
そこにハチミツがきて、ハチミツレモン。
外側はカリカリ、中はふわとろ。

こんな朝ごはんを毎日食べたい。
(私にとってフレンチトーストは朝ご飯のカテゴリー)。

DSC07939

そうか、食パン買って帰って自分で作ればいいんだ。
と、アイスコーヒーを飲みながら思いつき、併設のパン屋さんの方に行ったら
ほぼ完売状態でした。

やっぱり朝ごはんは、しばらくウドンだ。

後日、友人たち連れてきてプレートメニュー全種類食べてみたいところです。

★★★★お店情報★★★★

蒔時(一本杉農園併設)

栃木県鹿沼市西沢町380-2

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

こういう理由でして、7~9月の日曜日は「かき氷・氷菓・冷菓遍路」です。
今回がホントの最終回。最終回は、一回もなかった「冷菓」編。
冷菓と言えば、私の大好物はソフトクリーム。

我が家のご近所に

58

Tart & Cake ARIADさんがありまして、夏には北海道産生乳ソフトクリームが登場するのでした。
しかも、

30

パイシューソフト!
タルト屋さんのパイシューっていいなっ。

これください!
…と思ったのですが、店内に入ったら

宮崎マンゴーソフト

の文字が。
しかも

「ミックスもあるよ」

マンゴーはマンゴーとしてミルクから独立して食べたい気分であり、なおかつマンゴーはマンゴーとしてパイシューから独立して食べたい気分でしたので

DSC06789

コーンでいただきました。(カップを選ばなかったところに、なんとなく思いきりの無さがある)

DSC06786

よじ登る熊とウサギ。きゃわえーですね。
私もこのくらいミニサイズになって、ソフトによじのぼって思いきり食べたいものです。

幼少のみぎりは、プールの水が全部フルーチェになって、そこに飛び込むという妄想をしたものでした。

では、いただきます。
これは…
マンゴーシャーベットのよう。
マンゴー度高し。
シャリシャリ感。

宮崎モードになりました。
ご馳走様です。

~後日~

DSC06924


今度こそ、パイシューソフトを食べにまいりました。
この日は、今年の夏にしては珍しい、自分自身が溶けてしまいそうなほど、メチャ暑い日だったのです。

DSC06925

当時の一言メモには

「自分がソフトなのか ソフトが自分なのか もう分からない 溶けて融合~」

と、ワケわからんことが書いてありました。


DSC06926

パイシューのしょっぱさが心地よい、そんな夏の想い出のソフトでした。

でもって、夏も終わった今はどうなっているかといいますと

DSC07886

ベルギーチョコソフトが登場してました(チョコが濃厚)。
トッピングも秋っぽくっていいですね。

そんなワケで、かき氷や冷菓ともお別れです。
忘れられない「この一皿」は、もう、絶対、コレ。
赤雪山下山後のかき氷(友人たちも同意)。

なんとなく習慣的になってきたので、10~12月も日曜日はワンテーマでやってみようかなと思います。
では、また来週~。


★★★★お店情報★★★★

Tart & Cake ARIAD
宇都宮市泉が丘2-2-9

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目 この記事



こういう理由でして、7~9月の日曜日は「かき氷・氷菓・冷菓遍路」です。
9月の最終日曜日は今日でした。一回分間違えた(9/31がある気分でいた)。

ラスト2店なので、一日二回更新でまいります。
まず一店目は、「かき氷」編の最終回。

今シーズンからかき氷を始めたという

39

Sweets Shop Clioneさんです。

もっちもち~の食感で有名な「クリオネロール」のお店ですが、私も一度お土産でいただいたことがございまして、「おお、もっちもち&ぷにぷに」と驚いた経験があります。

しかし今回は~

20

かき氷。
それも狙いを定めて(珍しく)、決めてまいりました。
生メロンください。

「本日、氷切れなのです」

きゃー。

~翌週~

今日こそ、生メロンください。

「シロップが完売なのです」

三回目にチャレンジする気力は無かった。
これも一期一会だ。

ブルーベリーレアチーズください。

私、かき氷のシロップは、事前にかけていただきたいな~というタイプなのです。
なぜなら自分でかけると、ほぼ100%失敗するから。

DSC07725

セルフタイプであった。

DSC07726

しかも、難易度が高そう。

DSC07727

ブルーベリーシロップを見つめながらしばし悩…でいるヒマはない、溶けてしまう。

安全路線で行こう。
それはいわゆる

DSC07728

少しずつかける。

DSC07729

考えたら、チーズ味のかき氷って食べるの初めてだ。
いただきます。ドキドキ。

氷は「さきゅさきゅさらっ」とした、非常に細かい粒の集合体のよう。

レアチーズが表層でかたまり、おにぎりの米と海苔の関係が脳裏をよぎりました。
そこに酸味のブルーベリーソースがきて、

なるほど、これは「氷レアチーズケーキ」…

最後の体験が最初の体験。

今シーズン食べ納め。
ご馳走様でした…

次回は「冷菓」編の最終回です。まだ冷菓は一回も出てきてないので、文字通り「最初で最後」ですが。

★★★★お店情報★★★★

Sweets Shop Clione

宇都宮市茂原3-1012-4

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ