1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。と、47都道府県をさすらうライター村崎なぎこのブログです。メールは utsunomiya1000yen@yahoo.co.jp までお願いします。

かき氷2個 は、やはりちょっと無理があったかな(えへっ)ということで


渋みor苦みが欲しいいいい。


抹茶が珈琲が飲みたいいいい。


軽井沢銀座から駅方面に戻る時に、ちょうど


1000円グルメの日々in宇都宮


ミカドコーヒー 軽井沢旧道店 さんを発見。

らっきーん。

なぜなら

1000円グルメの日々in宇都宮


あまりにも有名な、モカソフトを食べてみたかったんだ。


あ、いけない。

本来の趣旨を忘れていた。

コーヒーください。

アイスコーヒー飲むと、なんかトドメを刺してしまいそうなので

ホットコーヒーください。

え?種類が五種類?

私が違い分かるワケないじゃないっすか。

酸っぱくないのください。(←唯一分かる違い)




1000円グルメの日々in宇都宮


オールド・ビーンズ500円。

1000円グルメの日々in宇都宮


♪だばだー♪


と歌いたくなるような、ダンディな味で



1000円グルメの日々in宇都宮


しばらくボーっとしつつ

内臓が温まるのを待ったのでした。


よしっ。リカバリー。

お昼食べるぞー。


続く。


★★★お店情報★★★

ミカドコーヒー 軽井沢旧道店

長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢旧軽井沢786-2

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

ちもとさんを出まして 、歩くこと実に…2分。

そこには


1000円グルメの日々in宇都宮


シブレット さんがあるのでした。


1000円グルメの日々in宇都宮


軽井沢の天然氷の蔵元・渡辺商会さんの直営店だそうです。

1000円グルメの日々in宇都宮


メニューはこちらから

1000円グルメの日々in宇都宮


こちらまで。

えーと、マンゴーみるく690円にしまっす。


で、メニューを見ていて、気になった表現が一つ。


三人以上で一つのかき氷を注文することはご遠慮ください」


さんにん? こういうお断りは、フツーは二人では…


ここで脳内BGMスタート。

ナンバーは2001年宇宙の旅オープニング


♪ちゃーらーらー♪



1000円グルメの日々in宇都宮


♪ちゃらー♪(ずんどんずんどんずんどんずんどん…)


♪ちゃーらーらー♪

1000円グルメの日々in宇都宮



♪ちゃちゃー♪(ずんどんずんどんずんどんずんどん…)


なんつー大きさ…。

カプリチョーザのパスタを、間違って一人で注文してしまった時と同じ、この「畏怖感」。

カプリと同じく、もしやこれは二人で一個がデフォなのか。



1000円グルメの日々in宇都宮


鳥瞰図を撮るのも大変だぁ。

皆様、こんばんは。宇宙ステーションから中継でお伝えしております(ウソ)。

1000円グルメの日々in宇都宮


どこから第一刀を入れればいいのか、皆目検討がつかない。

どこから入れても大崩落しそう。

1000円グルメの日々in宇都宮


うーん。象に挑む蟻のよう。

1000円グルメの日々in宇都宮


この辺からいくか。

明鏡止水の心境で…


てやーっ。



1000円グルメの日々in宇都宮


ふーっ。

成功。

いただきまーす。


お。ザクザク系。と思いきやふあふあな食感のところもあり

1000円グルメの日々in宇都宮


かんな屑状態(←私はコレがいちばん好き)のところもあり…

ミックス定食のよう。


しかし…食べても食べても減らない。


1000円グルメの日々in宇都宮


やっと、普通のかき氷サイズまで来たかしら。

まだ、全く溶けていない。スゴイ。


隣の席のグループが「一人で一個は大変でしょう」と話しかけてきたけど

とても「実は二個目なんです。へへへへ」とは言えなかった。

1000円グルメの日々in宇都宮


渋いお茶が飲みたくなってきた。

1000円グルメの日々in宇都宮


そしてやっと来ました、ラストの半溶け状態。


よしっ。次回は誰か連れてこよう。


まだまだ続く。



★★★お店情報★★★

シブレット

長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢668
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

甲府桃ツアー に続きまして、青春18きっぷを使った日帰りツアー。

本来行こうと思ってた日は、異常低温(最高気温17℃プラス雨)でパス。

その後、体調不良で何度も見送り、やっとことさ行けました。

新幹線を使うと近い軽井沢は、普通列車で行くと、とっても遠い。(JRの陰謀かもしれん)



1000円グルメの日々in宇都宮


まずは、6時18分の宇都宮線で、大宮まで行って、高崎線に乗り換えて、高崎までいって

1000円グルメの日々in宇都宮


高崎駅で信越本線に乗り換えて、横川駅を目指して


1000円グルメの日々in宇都宮


峠の釜飯のノボリ旗がまぶしい横川駅で降りて

1000円グルメの日々in宇都宮


バスに乗って峠を越えて

1000円グルメの日々in宇都宮


やっと軽井沢ー!

宇都宮から四時間半弱かかってしまった。ぜいぜい(息切れ)

しかし、お天気は良いし、体調も良いし、高原の夏的に爽やかな暑さだし、

チャンスを待ってよかったー!


さて、ここからは歩き。

文字通り、食べ歩きがポリシーのわたくしです。

(歩けよ、さらば食べられん)


駅から歩くこと30分

1000円グルメの日々in宇都宮


いわゆる軽井沢銀座に

1000円グルメの日々in宇都宮


ちもと さんがございます。

軽井沢には、日本に五軒しかない天然氷の蔵元のうちの一軒、渡辺商会さんがございまして

そちらの氷を使用した天然かき氷が、こちらで食べられるのですー。


だからこそ、夏、それも気温が高い時を待っていたのでした。

(かき氷は「炎天下・屋外で」がポリシー)



1000円グルメの日々in宇都宮


メニューは↑↓

(大きく見たい場合は画像クリックしてください)

1000円グルメの日々in宇都宮


うーん。どないしよ。

甘味処にふさわしく、抹茶で行くべきか。

だけれども、「あんず」かき氷で、今までビビビと来たことがないんだよなー。

よしっ。


あんずミルク840円ください!



1000円グルメの日々in宇都宮


きたー。

大きすぎず、小さすぎず、ほどよい大きさ。


1000円グルメの日々in宇都宮


うるわしの鳥瞰図。


さて、かき氷でいつも悩むのが「第一刀」。

ここでしくじると、大崩落を起こすのだ。


慎重に狙いをさだめ…


てやーっ。



1000円グルメの日々in宇都宮


ふー、成功。

いただきまーす。

あんずが、酸っぱウマー。

氷はさくさくタイプで、新雪のよう。

1000円グルメの日々in宇都宮


んが。



あら、シロップ足りないかしら。

空白ゾーンに突入してしまった。

どないしよ。


1000円グルメの日々in宇都宮

と思ったら、底の方にミルク発見。

1000円グルメの日々in宇都宮


しかも、けっこースゴイ量かも。


で、このミルクがうまいー。


いつも書いてますが、私にとってのかき氷の華は

1000円グルメの日々in宇都宮


ラストの半溶け状態。


んで、これが、氷の美味しさ、ミルクの甘さ、あんずの酸っぱさがミックスされて


メチャクチャうまかったあああああああああ。


過去最愛級のウマさだった。

幸せ満足。

このためだけに軽井沢来てよかった。


が、まだ一軒目なので、まだまだ行きます。

続く。


★★★お店情報★★★

ちもと

長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢691-4
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ