1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。と、47都道府県をさすらうライター村崎なぎこのブログです。メールは utsunomiya1000yen@yahoo.co.jp までお願いします。

私の夏の定番の一つは甘味処 おおはま さんの「ほうじ茶あんみつ」でした。おおはまさんには、三ツ星氷室さんの天然氷のかき氷 もあり、夏はパラダイス状態だったんですが、残念ながら、イートインは終了され…。

…ううう


しくしく36


と泣いていたら、おおはまさんで修行されていたCafe彩 さんで

その両方が登場したとかー。

行くしかないですね。

しかし、どうしよう。


1000円グルメの日々in宇都宮


どっちを食べればいいんだろう。

ほうじ茶あんみつorかき氷。

両方食べるという手もあるけど、ちょっと人目がはじかしー。

1000円グルメの日々in宇都宮


この看板を見た時点では、かき氷90:ほうじ茶あんみつ10

くらいに傾いていたんですが

1000円グルメの日々in宇都宮


コレを観たら

マンゴープリンパフェ80:かき氷20:あんみつ10くらいに傾いてしまって(合計100超えとるぞ)

どうしようっ。

若きヴェルテルでさえ、こんなに悩まなかったのではないのかしらっ。




1000円グルメの日々in宇都宮


と、かき氷のメニューをまじまじと観たら(大きく観たい場合は画像クリックしてください)

やっぱり、あぢーからかき氷かなっ

と心を決めたんですがー。

そこでふと気になったのは

1000円グルメの日々in宇都宮


抹茶アイスがトッピングできるのであった。

抹茶アイスがOKなら…もしや…

レッツ交渉タイム。


すみませんっ

抹茶アイスをほうじ茶アイスにチェンジしてくださいませんかっ。



「いいですよ~」


やったー。

言ってみるもんだなあああ。


ほうじ茶アイス目当てに、ほうじ茶あんみつ食べてたから、あんみつでないことに

こだわりは無いのであった。

あ、問題は、かき氷のシロップだよなー。

抹茶にほうじ茶じゃ、お茶お茶しちゃうかなー。

でも、苺にほうじ茶よりは、合うと思うのよね。

というわけで、氷宇治+ほうじ茶アイス=630円



1000円グルメの日々in宇都宮

キターっ。

1000円グルメの日々in宇都宮


すごいわ、緑萌ゆる青山に、枯れ木の冬山が移植されてるみたい。


さてかき氷における最初の関門は、第一刀。

ここで油断すると、大崩落を起こすので、精神を集中し…

てやーっ。

1000円グルメの日々in宇都宮


ふーっ。

成功(二刀目で大崩落を起こしたことは内緒)


お手製だという抹茶シロップは、渋くて甘くて美味しいっ。


1000円グルメの日々in宇都宮


氷の削り方は、細かいサクサクの新雪タイプ。

口の中で、ほあほあとします。


さて、これも何度も書いてますが、私にとってかき氷における華は、ラストの半溶け状態。

それを私は「アルプスの雪融け」とテキトーに命名してますが、

こちらは…

1000円グルメの日々in宇都宮


長野の春。

そう…白線流し…。


そして、さらにですね、

1000円グルメの日々in宇都宮


ビジュアル的にはアレですが、この半溶け氷と、ほうじ茶アイスとの絡みが

もう何とも言えぬ至福タイムーっ。


私の新しい夏の定番はコレ。

一つ追加。


★★★お店情報★★★

Cafe彩

栃木県宇都宮市海道町810-2アーバン菊水

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。

★★★訪問記録★★★
一回目 (この記事)
二回目 

私が幼少のみぎり大好きだった漫画の一つが、りぼんに連載されていた


1000円グルメの日々in宇都宮


小田空 さんの空くんの手紙 でした。

ファンタジーでメルヘンなのにギャグという不思議な漫画でございました。

で、この後、小田空さんは「旅人」におなりあそばして

「りぼんオリジナル」に散発的に旅行エッセイを描いてました。

一回につき、すんごい少ない枚数で、一度雑誌で読んだら、もう出会うことは

できない作品ではなかろうかと思ってたら

編集者の愛ゆえか


1000円グルメの日々in宇都宮


その後、それらのエッセイ漫画を集めて(10年分くらいだろうか)「目のうろこ」という

単行本になったのでした。

小田さん単身で、世界を旅する(旅行じゃなくて旅)エッセイ漫画なのですが

もう、出てくる料理が全てうまそー。

写真よりも、小田さんのイラストの方が遙かに美味しそうという。

で、さらに、旅のエピソードも爆笑モノから号泣モノまでバリエーション豊富で

私の目のウロコもバリバリ落ちたのでした。そのあげく

私、それまで一人で飲食店に入ることもできなかったのに

いきなり海外一人旅に出てしまったのでした。


で、世界各地を旅していた小田さんは、中国にハマってしまい

1000円グルメの日々in宇都宮


現在は、中国関係のエッセイ漫画を多々だされているのですけども、

(そして相変わらず食べ物はウマそー)


1000円グルメの日々in宇都宮


カシュガル 旅行記が出てくるのです。


その中の一冊「続・中国いかがですか?」に

で、その中に私の心をぐわしっと鷲づかみにした食べ物が三つありまして

一つ目がですねー

1000円グルメの日々in宇都宮




冷やし麺・「セルク・アッシュ(黄色い麺の意味)」

冷たいというか、常温レベルだそうなんですが

湯気の立っていない麺類を食べることはない(らしい)中国においては、

充分「冷やし」らしいです。

コシの無いのびきったラーメン系の麺に

インゲン、玉ねぎ、ジャガイモ、キャベツ、トマト、セロリのくたくた煮を

たっぷりぶっかけて、クミンを一振り、パクチー乗っけて

仕上げは黒酢と辣子で味を整えるんだそうです。


ウマそー。


で、さらに、夏のカシュガルには

自然派冷やし系デザートもあって、

1000円グルメの日々in宇都宮


その1 なんと、天然かき氷 「ケテック」

山の天然氷を切り出してきて、ガシガシと削り、

蜂蜜(ときどきミツバチが入ってるそうな)と、手作りのヨーグルトを加えて

攪拌して食べるそうな。


その2 天然氷で作るアイスクリーム

樽の中に、山から切り出してきた氷塊をゴロゴロ入れて、

金属の器を埋め込んで、その中に牛乳、砂糖、卵を入れて

ミキサーでかき混ぜ、アイスを作るんだそうで。


ううう、冷やし麺、かき氷、アイス好きの私には

なんという「萌えの三連星」のたまらない都市。

行こうかなーウィグル語わかんないけど。


カシュガルは、「死の砂漠」の名をもつタクラマカン砂漠 の西の果てにあるそうな。

さぞかし、冷やし系が美味しくたべられるだろうな…

遠征は、気候的条件に大きく左右されます。

最高気温が30℃を超したら、冷やし麺に行こうと思ってたけど

その日は寒気が流れてくるので、かなり低い予想だった。

よっしゃー、お肉だね。

ということで


2007年版~2010年版はこちらから

2011年

第一回 みますや (宇都宮市)

第二回 魁飯店 (真岡市)

第三回 高橋餃子店 (宇都宮市)

第四回 東湖園 (宇都宮市)→閉店

第五回 福建正 (宇都宮市)→閉店

第六回 会津たからや (宇都宮市)

第七回  リカー&フーズささぬま (さくら市)

第八回  山帰来山小屋カフェ (日光市)

第九回 手打ちうどん・そば中駒 (鹿沼市)

第十回  洋めし屋 炭火料理 BAN KAN (小山市)

今回は、「アリンコサン 」様からのメール。


>ところで、むらさきさんはお肉はお好きですか?


大好きです。


>今ならステーキセットが1000円で食べられるので、ぜひ行ってみてください(*^^*)
>6月までのキャンペーンだそうです。


293号沿いにあるそのお店(宇都宮方面から観ると、喜連川の道の駅のちょい先の左)は、

293号を突っ走るたびに気になっておりました。

が、なんとなく、雰囲気というかキャラがつかめず、入ったことがなかったのです。

けども、お肉千円の文字を観たからには
1000円グルメの日々in宇都宮


来てみました。

「和・洋レストランメリーゴーランド」さん(愛称メリゴー)。

多分「ああ!」と思う方も多々いらっしゃることと存じます。

1000円グルメの日々in宇都宮


高橋のぞみさん 担々つけ麺

左目と右目がそれぞれ追いかけて、目がロンパリ状態になってしまった。

担々つけ麺が強くアピールしてきたけど、今日お肉なんだ。


では、いざ。

お邪魔しまっすっ。


おおっ。


中は外観より広く感じる。

お座敷に、カウンターに、テーブル席。

BGMはハワイアン。

そして、時節柄でしょうか、でっかい笹飾りがあって、来店したお子様方が書いたのであろう

お願いごとがいっぱい。

まぁ、微笑ましい。きっと「アイドル歌手になりたい」とか「サッカー選手になれますように」かな。

と思ってみたら

「お金が貯まりますように」「自由とお金が欲しい」


シビアだ。

昨今の社会情勢のあおりであろうか。


さて、とりあえずはオーダーせねば。


1000円グルメの日々in宇都宮


へー。平日ランチもあるんだ(大きく観たい場合は画像クリックしてください)

でも平日にここは来られないなー。

他にもメニューはたくさんあって、

1000円グルメの日々in宇都宮


なるほどね、メインにライス100円味噌汁100円が加算されるのか。

1000円グルメの日々in宇都宮


私って誰だろう。


1000円グルメの日々in宇都宮


>私はエビです

>天ぷらになりました


なるほど、メニューが擬人化されて、メニュー側からの視点になっているのか。


1000円グルメの日々in宇都宮

>私メンチ大好き


あら、語り手が変わった。

筒井康隆の「ロートレック荘殺人事件」みたい。


とか(一人でヒマなんで)メニューで遊んでいたら

1000円グルメの日々in宇都宮

きたー。

二周年記念キャンペーンステーキセット1000円ジャスト(ドリンクバー、ご飯、味噌汁つき)


「お肉切ってお出しますか?」


と質問された、ひとりでできるもん!じゃなくて、

自分でさせていただきます、とお返事したのでした。

1000円グルメの日々in宇都宮


200グラム迫力のステーキ。

入刀の悦びを味わいたいし。

では、入刀。

1000円グルメの日々in宇都宮


いただきまーす。分厚いねっ。

表面固いですけど、いざ噛んでしまえば、非常に柔らかい!

大根おろしLOVERの私には、非常に嬉しい山盛り大根おろし。


1000円グルメの日々in宇都宮


やっぱりオンザライスだよね。

私が非常に気に入ったのは、

1000円グルメの日々in宇都宮


このお焦げの部分と

1000円グルメの日々in宇都宮


かきたま汁でした。

うっわー、懐かしい、かきたま汁!

幼少のみぎり以来だ。


♪うーさーぎー追いしーかーのーやーまー♪


と、「ふるさと」が脳内BGMで流れてしまった。


1000円グルメの日々in宇都宮


郷愁の目の幅涙を流しつつ、ドリンクバーのアイスコーヒーでボー。


★★★お店情報★★★

和・洋レストラン メリーゴーランド

さくら市喜連川84-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
※お店情報は訪問当時のものです


と来た口コミ調査隊も十一回目。

↑このページのトップへ