1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。と、47都道府県をさすらうライター村崎なぎこのブログです。メールは utsunomiya1000yen@yahoo.co.jp までお願いします。


カフェスペースがあるパティスリー ボンさんに、1000円ランチがあるそうな。

 DSC08481

早速行ってみました。
おお、あった。
サラダ&ポテト&ホットサンドでジャスト1000円。
ドリンクをつけると1200円。
サラダ&ポテト&ドリンク&好みのパンで800円+パンの価格。

パンの時ってドリンクが欲しい。
されど、予算というものはあるし。
お店に並んでいるパンって200円超が多いし、1000円超すならAランチがいいし。

はっ。
ちくわパン発見!120円。
920円で
ちくわパンランチも…いいかも。

DSC08482

プラス100円でロングドックプレートに変更可能!数量限定。
ロングドックって、ホットドッグがロングなのかな。
アメリカンドッグだったりして。

んー。

ランチとしては初回だから、とりあえず1000円ランチのAで行こう。
ドリンクは水で。

ホットサンドというと、食パン二枚が圧縮されて
ぺったらした形状を想像してしまうのですが

DSC08485

なんか違った。
おっしゃれー。

DSC08497

一見、ミニに見えるサラダですが、ぎゅうぎゅうと野菜がひしめいておりました。

DSC08488

ポテト。
ファストフードなどでは、あえて外すためセットメニューは頼まないのですが…。
外側がカリっ中身がクリーミーな食感で、あらこれ美味しい。

DSC08493


そして、想定外だったバゲットのホットサンド。
チーズびよんが約束されているルックス。

DSC08492

既にナイアガラの滝状態。いや、吹割の滝の方が近いか。

904b7e83

東洋のナイアガラ。

DSC08501

開けてみれば白糸の滝。

DSC08502


ザックリ食感のバゲットに、2種のとろとろチーズ、そして折りたたみベーコン。
しばし、陶酔タイムに突入したんでした。

次回はロングドックにしよ。

★★★★お店情報★★★★
パティスリー ボン

宇都宮市北若松原1-12-38

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★★訪問記録★★★★
一回目 
二回目
三回目
四回目 この記事




いちごパフェ流れ旅を始めた理由はこちら
6月くらいまで、毎週日曜日は「いちごパフェ流れ旅」です。

定番的に登場するいちごパフェもあれば、イベントなどで限定的に登場するいちごパフェもあります。
私は後者をゲリラパフェと呼んでおります。

道の駅はがで2/9~2/11の期間に「いちご祭り」があって、祭り限定パフェも登場するそうな。

チャンスをつかめ

道の駅はがの「いちごパフェ」ですと、2015年にキッチン和京さんで登場したような。今回は「アイス工房 はがジェラート」さんの方だそうで。


DSC08314

朝イチで来ました。

DSC08315

これですー。これこれ。
銚子港干物まつり。
じゃなくて「はがベリーパルフェ」
帰りに干物買って帰ろう。

で、オーダーしようとしてビックリ。

DSC08317

猿の色が激しい。
そして、その猿が指し示しているメッセージ。
「一日先着20個限り」
なんというレアキャラ。

間に合ってよかった。早起きはいちごパフェの得。
「はがベリーパルフェ」700円ください。

DSC08324

こちら。

DSC08331

頂点に君臨するは、スカイベリー、とちおとめ、とちひめの「栃木いちご三姉妹」の串刺し。

DSC08325

地層部分には、ジェラート工房だけに「ミルクアイス」「いちごマーブルアイス」。そしてチョコクッキー(的な)。

DSC08337

南京玉すだれのような放物線を描きそう。

DSC08341

ではいただきます。
順番は入れ替わりまして、とちひめ、とちおとめ、スカイベリー。
姫様の真紅っぷりは、姫様が姫様である証。そして、したたる果汁。
とちおとめは、安定のお味。
スカイベリーは、桃のような食感。

DSC08342


円周部分はすべて「とちおとめ」。乙女ちゃんの奮闘が光る。
ジェラートと組み合わせていただきました。

複数品種パフェだと、結構お高めな場合が多いんですが、700円とリーズナボ。
またいつの日か、どこかでお会いしたいものです。

はぐれメタルのようなレアキャラでした。

★★★★お店情報★★★★
芳賀町祖母井842-1 道の駅はが内
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

私のブログ超初期のころから、美味しいお店情報を教えてくださる「HGりん」様から、またしても情報が。

>昨年秋に壬生町に新しいピザ屋さんがオープンしました。 
>まだ行けてないのですが、HPを見ましたがこだわりのピザで凄く美味しそうですよ。 
>ランチもあるみたいです。


では口コミ調査隊にレッツゴー。

2019年
1回目 ジジーノ ワイン&グリル(宇都宮市)
2回目 アジアンフュージョン料理 ナイエム(鹿沼市)

3回目の今回は、

 DSC08458


ピッツェリア ダ エッレさんです。
平日ランチタイムには

2019-02-15 11.02.32

千円ジャストのセットメニューが!
これください。サラダとドルチェ、どちらかを優先するかと言われると、サラダです。

と、この「平日スペシャルセットメニュー」は入ってきたお客さんが次々に注文してあっという間に完売でした。

「マルゲリータ、マリナーラ、本日のピッツァから一種類お選びください」

本日のピッツァとは、これいかに。

「キノコとハムです」

マルゲリータはイメージできるけど、マリナーラってなんだっけ。海の幸だっけ。


2019-02-15 11.03.01

チーズ無し!?
私にとってピザは「チーズびよん」の華。
これは選択肢から外れた。
肉的要素を考慮し、本日のピザください。

2019-02-15 11.03.03

予算を全く考えないなら、クァトロフォルマッジォ食べたかった。
チーズ…。

「ドリンクはどうされますか」

ホットコーヒー。

二種類あるのか。カフェアメリカーノ、エスプレッソ。
えーと、カフェアメリカーノください。
エスプレッソは、実は濃さがあまり得意ではございません(胃が弱いので。これでも)。


DSC08441

先にコーヒーをお願いしました。
時間の有効活用。
ああ、アメリカンでもこの濃さがイタリアーン。

DSC08443

サラダ。
酸味が強い系のドレッシングで、酸味LOVE(コーヒー除く)の私、歓喜。

「ピッツァお待たせしました」

うわぉ。

DSC08449

大きい。
この段階で決意。
半分持って帰ろう。

DSC08452

しかし今は、

DSC08454

チーズびよんタイムに全力注入。
いただきまーす。

私にとって、今までピザの華はチーズ(びよん)だったのですが、特に
生地がおいしー
パリっとして生地にコクがあり、チーズやソースやトッピングの旨みを、ぐわしっと受け止めている。

DSC08455

そう、ビジュアルで言いますと

DSC08457

この「しっとり」部分。
トマトソースの酸味も効果があり、半分持って帰るどころか、あっという間に完食でした。

ご馳走様でした…。

★★★★お店情報★★★★
壬生町落合1-3-8
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ