1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。と、47都道府県をさすらうライター村崎なぎこのブログです。メールは utsunomiya1000yen@yahoo.co.jp までお願いします。

新店ラッシュの西川田地区ですが、ここで昔からあるお店に行ってみようと

 DSC05145

レストラン フィールドさんに行きました。
鋭意育児中の友人に連れられて行ったのが最初だったと思いますが、20年くらい前でありましょうか。

2019-11-05 12.03.29

あれこれセットになる、お得なランチメニューもありますが

2019-11-05 12.03.25

ドリンクやデザートを外し、あえて「ズバリ」の単品メニューでいきます。
それは

DSC05132

ロールキャベツグラタン。1200円+税。

パンかご飯がつきますが、ロールキャベツだったらご飯、グラタンだったらパンを選びたい私。
ロールキャベツグラタンだったらどうしよう。
ハーフ&ハーフで。

とは選択できないので

DSC05133

パンで。
丸々っとしたバターが可愛い。

DSC05134

私の目がハート型になった、ロールキャベツグラタン。
まさかのトマトクリームソース。

DSC05135

このあたりの「溢れました感」がたまりません。

DSC05136

ロールキャベツに入刀しまして

DSC05139

チーズびよん。

DSC05137

トマクリの海に溶けだす肉汁。
なんて幸せな光景。

DSC05142

それをパンでレスキューして食べちゃったら、もはや天国。

DSC05143

最初にトマクリ部分を全部食べてから、ゆっくり肉肉しい部分を味わいました。

・グラタン
・ロールキャベツ
・チーズびよん

…などの、「冬の喜び」洋食アイテムを存分に味わえました。

★★★★お店情報★★★★
宇都宮市西川田町71-5
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください








寒いですね。

できるだけ暖房器具に頼らず温まりたいと思っているので、雪山登山用の靴下を愛用しています。
雪山登山はしないんですけどね(根性無しだから)。

しかしそれにも限界が。
あとは身体の中から温まらないと…。
そんな時にはうどん

というワケで、讃岐手打うどん 丸まささんに行きました。
ツイッターに登場していた、牛すじ大根の塩ペッパーうどん 880円を食べたかったのでした。


2019-10-27 12.46.44

そしたら、讃岐おでん 豆腐120円の文字が。
880円+120円=1000円ジャスト。

DSC04987

追加注文しよっと。
あまり冷奴や湯豆腐は好んで食べない私ですが(ヘルシーすぎて物足りないから)、お出汁シミシミの豆腐が、神がかり的に美味しい。
これで雪山でビバークしながら熱燗飲みつつ食べたら、きっと泣いちゃう。

DSC04988

そして、本日のメイン、牛すじ大根の塩ペッパーうどん。
柚子胡椒添え。

DSC04989

大根ゴロゴロ。

DSC04992

丸太状の天ぷらなんだろう…。
食べてみよ。
…熱゛っ。
長ネギだ。
ああ、中心部がトロトロあじあじで、幸せ。

DSC04993

牛すじと大根の旨みが染みだした汁も、エベレストの頂上アタック前夜にキャンプで飲んだら、泣いちゃう美味しさ。

DSC04996

讃岐うどん界の天ぷらアイドル・半熟卵天。
実は生卵がうどんの汁に溶けだすのが耐えがたいタイプなので(ゆえに月見うどんが食べられない私)
小皿にレスキューしていただきました。
カリサクっとした衣を箸で突き破ると、あふれ出る黄金スープ。

肉女の私が牛すじの写真を撮り忘れた上に、うどん党員の私が麺アップの写真を撮り忘れたくらいに、サブキャラが充実していたうどんでした。

寒いからこそ幸せ感の増すうどん。
温かいうどんがあれば、冬も喜びと化す(それといちごパフェ)。

そして肉女の私は、隣の席の男子が食べていた肉系うどんの美味しそうなビジュアルの残像に、日々悩まされています。
これはお店に行って食べてこねば。


★★★★お店情報★★★★
真岡市大谷本町6-7 
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
二回目  
三回目 この記事


 

肉女です。
牛、豚、鶏、羊…。
どれが好きかと言われたら、全部好きなのですが、どれか一つだけと言われたら鶏肉のような気がします。


 DSC05081

そんなワケで、というワケなのか、鹿沼市の 麺や 鶏正さんに行ってみました。
昼営業のみ、お休みも多し(事前にSNSは要確認)、限定50食という高いハードルですが、なんとか滑りこめました。
何にしよう。

2019-10-30 11.58.03

私の中では、鶏正と鶏団子が決選投票。
チャーシュー食べたい、でも鶏団子も食べたい。
全部のっけたスペシャルは無いものか。
うーん。
迷った時は、常連さんのコールを参考にするのが成功率高しですが、周囲の漢たちは

「とりしお大盛りハーフ!」

のコール率高し。
????
大盛りのハーフ?
とりしお?塩味?

とりしお…鶏正…とりしょう…か。一つ謎は解けた。
大盛りはそのまま麺大盛り(二つ解けた)
ハーフは…選べる醤油で、黒醤油か金醤油、またはハーフのことか。

謎は全て解けた。

「鶏正、ハーフで」

さすがに麺大盛りは無理でございましょう。

DSC05065

こちらー。

DSC05067

イロイロな部位があるのだと感じるチャーシューに萌え。

DSC05070

黄金色のスープに浮かぶ黄金の如き、ゴールドオブゴールドの半熟玉子がまぶしい。

DSC05071

海苔やネギ、青菜と言った非肉(肉に非ず)要素もスープを吸って魅力アップ。

DSC05074

ワンタンから行こうかな。
鶏団子を食べたかったのは、中に軟骨が入ってるという話だったからなのです。
コリコリ好き。

ピロピロ!
皮がぴろぴろ。
芸術的なまでにぴろぴろ。
十二単衣の裾みたい。

そしてコリコリ・・・。
軟骨入ってるんだ!
うれしー。

DSC05076

麺もぷりっぷり。
こんな、ぷりぷり食感の麺初めて食べた。

DSC05077

チャーシューも、最初「薄いかも」と思ったのですが、この薄さと、しっとり食感がピロピロと口の中になんとも言えない官能を…。
これもまた、裳裾のような。

DSC05080

黄金スープも、さっぱりとコクがあり美味しく、久々にスープまで完食。

まるで、金雲がただよう平安絵巻を堪能したようなラーメンでした。

まんぞくー。

次回は絶対、鶏団子!

★★★★お店情報★★★★
 麺や 鶏正インスタグラム
鹿沼市西鹿沼町145-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ