1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。と、47都道府県をさすらうライター村崎なぎこのブログです。メールは utsunomiya1000yen@yahoo.co.jp までお願いします。

毎年、私の夏のパターンなのですが
1 暑いので冷たいのを食べる
2 とにかく冷たいのを食べまくる
3 胃腸の働きが弱る
4 体調不良

今年も例外なくこのパターンでした。
リカバリーしよう。
やっぱり温かい物かな。

胃腸に、今食べたいものを聞いてみたのですが「グラタン もしくはグラタンに近いモノ」でした。
要はホワイトソース系炭水化物かな。

よっしゃー。

お腹をなでながら私が行きましたのは

DSC03670

結婚式場なれど、平日(お盆は除く)にランチ営業がある

 DSC03671

 cafe RHIZAリザさんです。

2019-08-08 11.36.12

実は以前から食べてみたいパスタがありまして。
えーと、これだ。
海の幸パスタ2色(ホワイトソース、明太子ソース)のソース1300円(税別)。

2019-08-08 11.36.16

ドリンクは、アイスコーヒーの気分ではないので(これは私の体調不良の証でもあります)、アイスティーで。

デザートは別料金なのですが、某情報紙クーポンを使うので、デザートがついてきます。

テンションがあるのは
・前菜盛り合わせ
・アンティパスト盛り合わせ
・前菜プレートつき
などなどの表記なのですが、リザさんは

DSC03663

アンティパスト盛り合わせ。
冷製かぼちゃスープに、サーモンのマリネに、合鴨とサラダ。
かぼちゃスープが甘い。

DSC03664

そして、パスタ登場。
ビジュアル的にも嬉しく

DSC03667

ホワイトソースを絡めて食べた時、胃腸から「これ!今求めているのはコレなんだよ!」と歓喜の声が聞こえてまいりました。
明太子ソースで味変できるのいいですね。
具材が細かいのも、パスタによく絡んでうれしい。

DSC03668

マスカルポーネチーズのブラマンジェが、クーポンデザートでした。
チーズのしょっぱさと、ソースの甘さの対比が心地よい。

DSC03661

アイスティーでボーっとしながら、明日からまた冷たいの食べよーと誓うのでした。

ああ、目の前のプールがリゾート感に溢れる。
今年の夏もどこにも行けそうにないし、今が最初で最後のリゾート気分かなー。

もしかすると、青春18きっぷで「日帰り!静岡お茶かき氷めぐりツアー」に行くかもですが。

★★★★お店情報★★★★
 cafe RHIZAリザ 
宇都宮市インターパーク4-2-4 シエル ベル テール内
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

今年の夏は、短い。
…んじゃないかなーという予感がする。

早いうちに、期間限定の冷やしを味わっておこう。

 DSC03636

ということで、坦々麺専門 發巳さんに来ました。

2019-08-06 11.59.03

熱い担々麺は、なかなか食べられないのですが

2019-08-06 11.59.31

汁無しとか、

2019-08-06 11.59.35

冷やしなら、とても食べてみたい。
ということで、海老冷し担々麺ください。

DSC03626

麗しのビジュアル。

DSC03629

おくれ毛的な一本がセクシー。

DSC03630

麺の上に広がる、具材的六大陸。
オリンピックならぬ六輪ピック。

DSC03631

ぷりぷり感が約束されたようなビジュアルの海老たち。

DSC03633

いただきまーす。
一口目は、あまりかき混ぜず口の中へ。

広がる…胡麻ごまゴマ。イッツ・胡麻ワールド。

二口目はちょいとかき混ぜまして。

これは…海老(ラー油)!
どこかノスタルジックな気分になったのは、カルビーかっ○えびせんの記憶がよみがえったからかもしれない。
海老的香ばしさ。

三口目はお肉部分を。
ひき肉のゴロゴロ感が、肉女の野望を埋めてくれます。

四口目はネギ、きゅうり部分。
ネギのピリ辛ときゅうりのさっぱり部分が一陣の風。

五口目は…

全部混ぜ混ぜー。

走馬燈のように、いろいろな味が口内をかけめぐる。

DSC03635

六口目(というか六味目)は、余韻的にスープを最後までいただきます。
ごまごま、エビエビ…。

満足。
東京2020の前に、芳賀2019を味わえました。

冷やしの金メダル。

★★★★お店情報★★★★
坦々麺専門 發巳
芳賀町祖母井1691-6
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください




先日、真岡の「丸まさ」さんで夫がハマった「栃尾揚げ」について、コメントいただきましてありがとうございます。

「へびいちご」様から。

「栃尾の油揚げ、ぜひ現地で揚げたて召し上がって欲しいです! 栃尾の道の駅で食べられます。」

夫「いいねー!行こう。ところで栃尾ってどこ」

新潟。

夫「……」

「nori」様からも。

「先日、こちらのブログで紹介された直売所たじまやに餃子を買いに行ってきました 。栃尾の油揚げの箱が大量にありましたが、早い時間に行けば、油揚げも売ってるのかもしれませんね」

夫「えっ!たじまやで売ってるの!行こう行こう」

私たちを出迎えたのは

 2019-08-04 15.25.01

「栃尾の油揚げ」の大きな看板。
以前から掲示されていたんではないでしょうか。もしや。

夫「全然気づかなかったー」

2019-08-04 19.27.40

そんなワケで、無事に買えました「栃尾名物 とちお油揚げ」一個180円。

2019-08-04 19.27.43

夫がハマった、あの厚さ。
ちなみに、どうやって食べたいですか。

夫「うどん。あのうどんと同じにして」

というからには、まずは油揚げを煮付けにせねば。
冷蔵庫見たら舞茸あったんで、ついでに一緒に煮ちゃっていいですか(こうやってどんどん離れていく)。

2019-08-05 12.27.52

できましたー。

夫「なんか違くない?」

4d5b52c5

理想像。

2019-08-05 12.27.54

とりあえず、栃尾揚げオンザうどんの初期目的は達成できているということでご容赦ください。

夫「あの出汁、美味しかったんだよなー。出汁だけ売ってくれないかなー」

★★★★お店情報★★★★
真岡市田島1743
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
二回目  この記事



↑このページのトップへ