思わず「うっひょー」と叫んでしまった、とてもとても


DSC03225

餃子屋さんに見えない店構え(というか家構え)。
私の大好きな「昔の豪農的な民家」の建物は、宇都宮餃子さつき 本店さんなのでした。
ユニオン通りから移転されたんだそうです。
なぜにこのロケーション、と思いつつ、もしや近くに宇都宮ICがあるからかな。
(このあたり観光客用のお店多いし)。

お座敷も広い!部屋数も多い!修学旅行の生徒さんがそのまま泊まれそう。
テーブル席があるのも嬉しいところ(正座苦手)。

DSC03216

調味料に酢がある。よかった。私は餃子は酢だけで食べるのです。

DSC03217

お庭も広いなー。草むしり大変そう。

DSC03215

注文せねば。
せっかくだし、スペシャル定食650円にしよう。さらに、全種類餃子が食べられるオールスター七種餃子にチェンジしてください(差額で可)。

こちらの皮の小麦粉は


40

「ゆめかおり」だそうで(画像ぼけた)。で、豚肉はとちぎ夢ポーク、牛肉は下野和牛、野菜も栃木県産多しだそそうです。

餃子はやっぱり、餃子屋さんで焼いてもらってそのまま食べるのがいちばんだと思う私です。
家で焼くとなぜか皮がハガれ、家で茹でるとなぜかボテボテになるのです。
調理手腕に問題があるのは認めます。


DSC03218

きたー。

DSC03219

ボテるの防止で、最初にスープ餃子から行こう。餃子の種類は「さつき餃子」だそうです。

DSC03223

いただきまーす。
おお、皮がむっちり。全然ボテていない。しっかり。

DSC03221

さて、次は焼き餃子。見分けつかないけど、左からさつき、キムチ、野州、ゆず、青しそ、


DSC03222

茶美人、下野です。見て分かるのは茶美人だけかな。

ではいただきまーす。
さつきはオーソドックスな感じで、キムチは最後にピリッときて、野州はまろやかな感じ、ゆずはゆずで、青しそはサッパリ、茶美人は大人な渋みで、下野は和牛風味がうわっと来ました。

皮はどれもしっかりもっちり。

で、私がヒジョーに気に入ったのは

DSC03220

こちらの「お漬物」でした。
好みー。これだけでご飯三膳くらい食べられそう。

県外からのお客さんお連れするのに、いいかなーと思うお店でした。


★★★★お店情報★★★★

宇都宮餃子さつき 本店

栃木県宇都宮市徳次郎町190-4  

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください