食べ歩きスキーな知人いわく

「東北自動車道を山形方面に分岐して、30分程で着くお店があるのです。メニューはラーメンとお餅とかき氷だけ。ラーメンにお餅がついてきてお餅のタレは選べるのです。絶品のしょっぱいラーメンに甘い絶品のタレという奇跡のループが発生します。因みにタレは7種あって、お餅セットを頼めば複数種を楽しめます。このお店、山と川の間にあって、吹き抜ける風の気持ちよさは特筆ものなのです」

山と川…水と草…。

いいですね。夏っぽい。しかし、山形ですか(遠い目)。
Google先生に訊いたら我が家から250キロでした。私の自力運転の限界は片道100キロ。

「再訪しますんで、乗っていきますか」

ぜひぜひ。

DSC03255

人様の運転というのは楽ですね。あっと言う間に来た感じがあります。

DSC03253

それがこちらの峠の茶屋さん。

吹き抜ける風が…寒いです。

「前回来た時はすごい暑くて、ちょうど良かったんですけどねぇ。残念ですね、天気」


DSC03256

寒さのあまり、オブジェが判別できない。あ、かき氷か。

31

かき氷人気だという話なのですが、この寒さでは厳しい。ラーメン食べた後なら大丈夫かな。ちょっと保留にしよう。

03

まぁ、ホントに餅とラーメン。
単品が五個ってすごいですね。単品の領域を超えている気がする。
餅とラーメンのセットというのもスゴイ。

組み合わせに悩んだのですが、とりあえずお餅だけにします。
せっかくなので、2個×3種のBセットにします。すごい、お餅6個も食べるなんて、小学生の時のお正月以来。

「タレ三つ選んでください」

そうですね。あんこ苦手だし、納豆は毎日食べてるし、きなこはクシャミでそうだし(経験者)。
おろし、くるみ、ずんだにします。

DSC03263

すごい。私、こんなにお餅食べたらどうなってしまうのでしょう。
えーと、食べる順番どうしようかな。
最初に

DSC03262

おろしいくか。
冷水に浸っているお餅を

DSC03264

こちらのおろし&ポン酢にからめて

DSC03265

いただきまーす。

軽い!

なんて軽い餅。スイスイ入る。


DSC03259

くるみダレも、濃厚で美味しい。これで4個クリア。でも軽いので圧迫感なし。

DSC03260

最後はデザート的にずんだ。
ずんだプチプチ美味しい!

6個コンプリート。

DSC03266

知人はラーメンでした。

「味見しますか」

すみません、物欲しそうな顔はしないように努力してたんですが。ちょっと口の中が甘くて。おろし1個残しておいて、シメに食べればよかった。

まぁ、ノスタルジックな感じで美味しい!このラーメンのためだけに再訪したい。かき氷はさすがに今回は無理だなー。

来年の夏の宿題にしよう。


DSC03267


なんとサービスのアイスコーヒーが!スゴイ盛りつけですね。洋風茶屋みたい。
西洋の時代劇で、騎士が鎧姿でくつろいでいる光景を想像してしまった。
ROCK YOU!って邦題にされちゃったんですが「A Knight's Tale(ある騎士の物語)」って映画よかったんですよー。時代考証的にはアレな映画かもしれませんが。

「おトイレもぜひ、見てきてください。綺麗で感動しますよ」

いわゆる汲み取り式だったのですが、こんな綺麗な空間のおトイレ、初めて見ました。

いろいろ感動しつつ、知人の運転で帰路についたのでした。
往復時間7時間、滞在時間30分の夏の山形でした。

★★★★お店情報★★★★

峠の茶屋

山形市大字新山516-1 

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください