東京で何かやって、ついでに何か食べて行こうという趣旨の最終回。


堀口珈琲セミナー には、以下の6種類の講座があります。


【抽出編】
抽出基礎
抽出応用
【評価編】
カッピング初級
カッピング中級
カッピング上級
【加工編】
ブレンディング


最初は「全部受講する!」と鼻息荒かったのですが

抽出基礎で身の程を知った私は

それで終了と思ってたのですが

「カッピング」に興味を持ちました。


>コーヒーの香味を評価する手法(カッピング)の基礎を学びます。


そうだよねー。

私いつも「酸味が無くて飲みやすい」と

バカの一つ覚えみたいに言ってるもんねー。


ちょっと、その辺の意識改革してみようか。

と、




再びセミナーハウスに行ってみました。


先生「SCAAのカッピングプロトコフから説明します」


あ、ダメだ、もうついていけない。


先生「では、実習しましょう。

   まず、粉を用意します。粉の香りをかぎます。これがフレグランス。

   お湯を180CC注ぎ、4分経ったら液体の香りを嗅ぎます。これがアロマ。

   ブレイクし、崩した時に出る香りを嗅ぎます。これもアロマ。

   表面に残った泡を取り除き、温度が下がったらカッピングします。

   粉は六種類あります。それぞれカッピングしてみてください」


うーむ、宇宙語に聞こえる。


先生「まずは一種類目。ブラジルです。皆さんのカッピングは?」


洞窟で冬眠中の熊のような…。


「ナッツの味です」

「酸味弱いです」

「焦がした木のような」


先生「カッピングの訓練は、いろんな果物食べることも大切です。

    果物の味に例えることで、味の説明がしやすくなります」


コーヒーを果物の味にですかぁ。

あ、でもコーヒーも実か。


先生「では、次はコスタリカ。果物にたとえると、どんな味ですか」


「あんず!」

「プラム!」

「チェリー!」

「メロン!」


ふは~(←たとえられない)。


…てな風に進んで行き、ラストは3種類のブラインドテストでした。

いわゆる、種類当て。


先生「過去に全問正解したグループは2つしかありません。

    全問正解したら、そのグループの記念写真をサイトに掲載してさしあげます」



やだっ。今日スッピンで来ちゃったわっ。(←なぜか自信が)


さて、結果。

A、B、Cの3グループがそれぞれ協議して

挑みましたが




先生「はい、全グループ不正解」


いいんだ、私は、所詮素人…

素人は素人の道を歩んでいこう…


で、この日のお昼ごはんは、西荻窪の


夢飯 西荻窪本店 さんです。

こちらが有名なのはシンガポールチキンライスです。


大1050円

中850円

小700円


うーん、あまりお米をたくさん、という気分じゃないんだよな。

小でも、鶏の盛りは同じですか。


「いえ、小さくなります」


それはイヤだ。

中でお願いします。



もちのろん、パクチートッピングで。



小を頼んで、フライドチキントッピングっていう手もあったなぁ。

今さらだけど。




きたー。


スープが非常にお優しい味です。

これでお粥食べたい。




そして、シンガポールチキンライスっ。


きゅうりの切り方もお美しい。



パクチーもたんまり。

幸せ。


で、私がシンガポールチキンライスにパクチーつけて

いつも楽しみにしているのは、付属のスープに





そのパクチーをいれることなのです。

イッキにエスニックモードが上昇します。




では、カラー豊かな各種ソースを



全部混ぜてかけてしまいます。
お肉でかくてうれしい。

食べでがある。


当時のメモに「紙に絵を描いたような」とあるのですが

今読んでも、全然意味が分かりません。


頭をひねりつつ、これにて最終回。


さて、明日から12月。


いろいろと、変わります


★★★★お店情報★★★★

夢飯 西荻窪本店
東京都杉並区西荻北3-21-2 徳田ビル1F

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください