東京で何かやって、ついでに何か食べて行こうという趣旨の第五回目。


今回は堀口珈琲セミナー抽出基礎講座です。

朝日カルチャーセンターの小さな喫茶店・カフェの作り方の第三回目ではなく

「堀口珈琲セミナー抽出基礎講座」です。


申込みは激戦だという話なので、メルマガに登録し

「講座受付開始」のメールが来るやいなや、申し込んだのです。

やったー、やっと申し込めたー。


…と喜んだのですが、考えてみれば、朝日カルチャーセンターの第三回目講座と

内容は同じだった。

ダブってしまった。


…まぁ、多い分にはいいでしょう。

どうせ一回じゃ覚えられないし(自信)。


会場の堀口珈琲セミナーハウスがありますのは




成城学園前駅(から徒歩5~6分くらい)。

一生来ることはないなーと思っていた駅。

記念写真撮っちゃおうかな。駅の看板だけ。


せっかくだから、ここで何か食べていこう。

と、アレコレ調べ、駅からほど近い




ル・フルティエ さんに来てみました。




フルーツメニューがいっぱいなのだそうです。

で、オーダー受けてから目の前でカットしてくださるんだそうで。


おおっ。

いちごパフェもあるではないですか。

しかし、夏だし


2種のマンゴークリームパフェにしてみました。

夏のシンボルは私にとってマンゴー。


ちなみに秋は柿で冬はミカンで春は苺です。

非常にテンプレですね。




メキシコマンゴーとフィリピンマンゴーだそうです。

ちなみに私は違い分かりません。

マンゴーいっぱい食べられればそれで幸せです。


断層萌えなので、しばし見入ってから


いただきまーす。


味も量も余韻がある感じで

ほわ~っとしながら終了。


さて、気合い入れて行かねば。




堀口珈琲セミナーハウスに。


(基本的に)6人×3グループに分かれて抽出実習を行います。

講師は堀口俊英オーナーご本人自らです。

ありがたやー。


堀口氏「みなさん、普段ドリッパーは何使ってますか。ハリオ、カリタ、メリタ…」


なんですかそれ。


堀口氏「ローストの度合いは、ミディアム、ハイ、シティ…」


…(←もうついて行けない)。


堀口氏「じゃ、やってみましょう」


はいっ(←生き返った)。


堀口氏「10回抽出して、10回同じ香味にできるようにしましょう。練習です、ひたすら練習」


ああ、プロというのは、いつも同じ味に淹れることができること、っていいますものね。


堀口氏「量はキッチリ秤で量り、時間もきっちりタイマーで計って淹れましょう」


わたし、いつも目分量、自分時間でした。




堀口氏「まず、お手本みせます」


おおー。


堀口氏「お味どうですか」


ああ、コーヒーエキスです。美味しいです。満足です。

正直、もう帰ろうかな。


堀口氏「じゃあ、今度皆さんやってみましょう。

  グラム数や時間、指定します」


で、15グラム、25グラム、時間は3分とか4分とか

いろんなパターンで淹れまして

グループの皆さんが淹れたのを飲んだのですが

面白いですねー

全員同じ条件なのに


全く全部味が違うんですよ。


そして一人、何をどう淹れても、その人の淹れるのだけは

めちゃくちゃ美味しい方がいました。

もしもその方開業したら、ぜひお邪魔したいと思いました。


え?わたしが淹れたもの?

みなさん無言でした。


★★★★お店情報★★★★

ル・フルティエ

東京都世田谷区成城6-8-5

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください