無類のイチゴ好きの私ですが、栃木県内で採りたてホヤホヤのいちごを安価にお腹いっぱい食べられるため、他県旅行の際に「イチゴ」を食べることがありませんでした。

そんな私が「いちごパフェ」に目覚めたのは、2013年徳島旅行の際に行った「カサブランカ」さんです(ガイドブックに載っていて、あまりにもおいしそうだったため)。

「いろんな県のいろんなイチゴを食べてみたい!」と北は北海道から南は佐賀県まで「いちごパフェ流れ旅」として3年間流れてきてましたが、転職したり猫を飼い始めたりして、なかなか流れ旅も難しい昨今です。

今シーズンはどないしよーと思ったのですが、別に止めずとも、近場で食べりゃいいのか~の考えになり、短い流れ旅をすることにしました。

なもんで、毎週日曜日(たぶん)7~8回くらい登場すると思います「2017いちごパフェ流れ旅」。
連載が終わるころには、きっと梅雨入りでしょう。

第一回目の今回は、我が家から5~6キロの場所にある

15

AGカフェさんです。大人気・オブ・大人気カフェ。
テーブル席は最初から断念し、テラス席をお願いすれば、この寒空の下だから(厳冬期に行ったのです)、すぐ案内されるかなーと思ったのですが、ビンゴ。

DSC05201

高根沢町産の「とちおとめ」パフェ880円なり~。

DSC05203

フルーツパフェ好きですが、やはり苺パフェは抜きんでて好きです。
この「紅白」が、おめでたい気持ちにさせるのかもしれません。

DSC05205

艶やかな王冠部分。

この部分、専門用語があるのかと思って、都内で某フルーツパーラーの方に伺ったんですが「特にないです」ということでした。


DSC05207

紅白の地層部分。

DSC05208

いちごパフェを食べる時は、どこから食べようかなーといつも悩むのですが

DSC05211

やはり、いちご→アイス→いちご→アイスの無限ループかな。
いただきまーす。

当時の一言メモには「いちごが美味しい」と書いてありました。
いちご単品でおいしく、クリームと交わっておいしく。

自家製(かな)のとちおとめアイス、クラッシュいちごと生クリーム、生いちごが「幸せいちごテーマパーク」を作りだしておりました。

寒くなったけど満足。

それでは2017いちごパフェ流れ旅、また来週~。


★★★★お店情報★★★★

AGカフェ

宇都宮市山本3-14-7

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください