海無し県の栃木県で、温泉トラフグを育て上げたチャレンジャーな那珂川町ですが、バイオエネルギーを利用してマンゴーの栽培を始め(なかよしマンゴーという名前だそうな)、そしてコーヒー豆の収穫まで至りそうだそうです。

マンゴー…
コーヒー豆…

もう沖縄まで行かなくとも、マンゴーやコーヒー豆が(瞳に星)。

なんと素晴らしい。
しかし問題は、私のような一般消費者が手に入れられるのかなーということであった(贈答用のお値段だと厳しい)。
沖縄までの旅費を考えたら安いんだろうけど。

さて、贈答用的イチゴのスカイベリーも最近はよく見かけるようになりました。
鹿沼市に、スカイベリーメインのいちご園があるそうな。

18

というワケで、行ってみました。

すみません、スカイベリーください。
一個売りがなければ、一パックで。
(場所によっては、箱売りオンリーの所があったりする)

「どれがいいですか」

値段は失念してしまったのですが、1000円前後で何ランクか(もっぱら大きさ)ありました。
私が買ったのは、確か800円前後だったと思いますが

56

こちら~。

58

スカイベリーという名前ですが、ネーミングコンテストに実は私応募したんですよ。
落ちたんですが。
なんてネーミングで応募したんだっけな。「いちご伯爵夫人」だったかな。
落ちるわそりゃ。

パック売りのイチゴは、表面のセロファンを剥がした瞬間に立ち上る

15

ほわわわ~という香気がたまりません。

19

そして、最近のイチゴはみんなでっかい。
もちろんスカイベリーも。

では、その名のごとく

30

空に向かっていただきまーす。
ああ、摘みたてホヤホヤの瑞々しさ。

口に広がる香気、甘みと酸味、たまりませんね。

さて、3月も終わり。
一年も四分の一が終わってしまったことから現実逃避しようと、今週末は古賀志山に花見登山しようと思ってたんですが(山頂から城山西小の孝子桜を眺める。そもそも見えるのか知らんけど)

k

雪。

フテ寝していよう。

★★★★お店情報★★★★

ベリーズファン
鹿沼市亀和田町1109-1

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください