1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

September 2006

鹿児島に来たら、絶対食べようと思っていたものがございます。
いえ、逆に言えば、これを食べるために、鹿児島に来たともいえましょう。
その名も「白くまアイス」。
どこぞの会社の商標登録アイスかと思いきや鹿児島は全般的に、この

形態のアイスを白くまと呼ぶんだとか。

クマー。


鹿児島へ来て白くまを食べずに帰るなんてパリに行ってフランスパンを食べ

ないようなもの。
どうせ食べるなら、ご本家(?)で食べたい。

というわけで、
「天文館 むじゃき」 さんへお邪魔さまでございます!


じゃーん。

ああ、夢にまで見た、これがご当地のリアル白くま。
いやー、でっかい…。
値段は600円強だったと思うけど値段分ある…。
友人は最初からギブアップしたので(練乳がダメ)運命は私にゆだねられました。
食べます。ええ、意地でも食べますとも。



やっぱりデザートだから甘い。
かき氷だから前頭葉が痛い。
でも、幸せ。味を超越した幸せ。


★★★お店情報★★★

天文館むじゃき

鹿児島県鹿児島市千日町5ー8
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。


鹿児島ぁ~!



新幹線を降りてきたら、すごい。
焼酎バーが私たちを出迎えてくださった。
駅の構内で焼酎バーなんて、さすが鹿児島。



街路樹も南国テイスト!
ああ、こういうローカルアイテムは萌えます。



私が鹿児島でいちばんびっくりしたのは、ペットボトルのお茶が美味い!
最初に買った、この143円の知覧茶で目からうろこが落ちた。
なんというか、高雅な味。
さすが、武家屋敷のある知覧…。武士の心の味。



自販機といえば、コカコーラとか伊藤園とかダイドーとか思い出すけど、
鹿児島には「財宝」ってのがあるんだ。
記念に、お茶買いました。
……きゃあ、これも美味しいぃぃいぃ~。

清廉かつ典雅な味。

思わず、箱買いして、宇都宮まで送ろうかと思ってしまった。
でも、友人に「フツーに茶葉買えばいいじゃん」と言われ我に返ったけど。



おお、ここにも鹿児島茶が!
あら、製造が熊本県の会社になってる…。


てなわけで、鹿児島です。
桜島が曇ってみえん。


鹿児島に来たら鹿児島ラーメン。
ガイドブック、ブログ、口コミサイト、値段、あらゆる角度から検討し

て選んだのがこちらのお店。
「鹿児島ラーメン 豚とろ」 さん。
写真見た感じ、今度も「九州男児ラーメン」っぽい。
気合い入れねば。

では、お邪魔さまでございます!

でも、毎度のごとく、オヤツと宴会が控えているのでフツーのラーメン

550円だけ、プリーズ!


では、いただきます。
…。
……。
………。
ウマー!

私の好みの対極にある九州ラーメンだからある程度覚悟はしてたけど、

ところがどっこい、嬉しい醍醐さん、違う、大誤算!
スープが濃厚なのに、とってもあっさりしてる。
なんだか矛盾してるけど、飲んでみれば分かります!
チャーシューも、ホントにトロトロ。



麺も、細からず太からず、ちょうど良い感じ。
もう、雑談もせず、一心不乱に食べてしまった。
満足。大満足。コストパフォーマンスも満点。

ガイドブックに載ってる飲食店は、期待半分に行くようにしてるけど、

これは引き算なし!文面、そのまんま。

宇都宮に支店出してくれないかな。


★★★お店情報★★★

鹿児島ラーメン 豚とろ (とんとろ)

鹿児島県鹿児島市山之口町9-41
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。

てなわけで、初日の本番。夜の宴。
お偉いさん方と全国出張しまくりの友人に
「美味しいお店教えてちょ」と訊いてみました。
返事は即答。
青柳 さんへ行ってらっしゃい…」

てなわけで、来ました!
値段もお偉いさん級っぽい感じがするけど、ま、いいわよね。一日くらい。
カードも使えるし(弱気)。
てなわけで、まずはお通しお願いします!



イワシの…なんだったか、忘れた。
付け合せのトマトが、すんごいジューシーで美味しかった。
これは、期待できる~。



そして、このお店といえばこれ(らしい)。
熊本といえば、馬刺し。
その馬刺しのあれやこれやを盛り合わせた「桜うまか盛り」です。
右上がたてがみ、右下がレバー。残りの二つは忘れました。

こーれーがーも~~~~……。

美味しかった


たてがみは、食感がキコキコして楽しく、レバーは全然臭みがなく

芳醇な味わい、残り二種類も、なんだかよく分かりませんが
とにかく美味しかったのです!!!



バランスよく食べるには、お魚も食べねば。
でも、あまり予算オーバーしてもアレなので一人分の盛り合わせだけ頼みました。
せこくてごめんなさい。
うん、やっぱり海有り県の魚って違う。
なんというか、イキイキ、プリプリ。


でもって、お野菜も食べねば。基本の大根サラダ。
友人と一緒に
「おっ。この大根は仕事がしてありますね」と鑑定団ごっこしちゃったけど、
大根の味付けが、美味しい!塩でもんだだけではないと思う。
ああ、こういう「技」を感じられる料理って、なんか、幸せ。



友人が「茄子田楽食べたい」と騒ぐのでオーダー。
赤ミソと白ミソのコントラストが鮮やか。
肉厚の茄子も、とってもジューシー。
かき混ぜて食べると、もはや至福。
友人が頼んだわりに、私が半分以上食べた気もする。



炭水化物タイムは、地魚寿司の盛り合わせ。
これで一人前でございます。
きゃー、どれから食べよう。
でも、友人もいるし、公平に行かなくては。

てなわけで、ジャンケンをしながら一カンずつとっていきました。
12カンあるから、6回ジャンケンしたんだけど5回も負けたというのは

どういうこと。
ああ、恨めしい我が勝負運。ウニとられたし…。

でも、海老とったからいいか…。


そして、大トリは、ここの名物だという釜飯にいたしました。
アレコレ種類があったので、無難に五目にしときました。
でもって、これも美味しかった。
ご飯がツヤツヤで、具の味が染みてもうもう、幸せ。

大変ご馳走様でした。
さぁ、さすがに今日はこれで終わり。

明日からまた、食いまくるのだ!


★★★お店情報★★★

青柳

熊本県熊本市下通1丁目2ー10
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。

↑このページのトップへ