1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

September 2006

てなわけで、相変わらず熊本でございます。


その上、お昼タイムでございます。
城マニアの友人は、ラーメンマニアでもあります。
「熊本に来たら熊本ラーメン食べたい!」との主張に、
「私はとんこつが苦手なのだ!」と反論しても無粋なので、

同行いたしました。

友人と二人の旅でケンカすると、悲惨なことになるしねー。


てなわけで、評判、ロケーション、お値段、あらゆる点から検討しまして、
お邪魔しましたのがこちら、黒亭 さんでございます。

ま~…大行列。
そして、お店の外に漂う、とんこつスープのにほひ…(T▽T;)
漢のラーメンって感じ。



でも、とんこつ苦手な私だけど、挑戦します。
フツーに(?)チャーシューメン、820円をお願いいたします!
みんな食べてたおにぎりも美味しそうだったけど
この後、オヤツと夜の飲み会が控えてるからやめておこう…。
ね、友人。



てなわけで、いただきます。

とんこつだから、細めん。
スープも、とんこつ味ってのがよく分かるとんこつ風味。

何言ってんだか分からなくなってきた。
とんこつって、慣れるとクセになるって言いますよね。
実は私、人生においてとんこつラーメン食べるのこれが二度目なのです。

どうもごちそうさまでした。
食べた。食べたわ。
まぁ、外に出れば、まだまだ大行列が。
しかも老若男女。

愛されてるラーメン屋さんなのですね。




★★★お店情報★★★

黒亭 (こくてい)

熊本県熊本市二本木2丁目1-23
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。


☆☆☆話題転換☆☆☆

実は、友人が、今回万歩計持ってきたのです。
これだけ食べる予定があるのだから最低、一日2万歩は歩こうと二人で
決めていたのです。

なんてけなげ。

とんこつラーメンの分も消費しなきゃね。…と、歩きまわった挙句…。




熊本県立美術館で、疲れてジュース飲んでしまった。
ローカルドリンクがなかったので、グァバジュースにしときました。
さ、元気回復!

また歩いて、オヤツに備えるのだ!



★★★お店情報★★★

熊本県立美術館

熊本市二の丸2
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。


☆☆☆☆話題転換☆☆☆☆


今回、ANAのツアー使いましたところ、アニバーサリー特典つきで

ございました。
ありがとう、誕生日のプレゼントくれるのなんて、もうANAくらいよ(T▽T;)

…が、どーもシークレットらしいのでございます。
「ホテルでサプライズ~」だそうなので楽しみに行きましたら、内容は…



これでした。
ワインとオードブル盛り合わせ。
嬉しい。
置物とかもらっちゃっても困るな~と思ってたから(北海道土産の、

鮭をくわえたヒグマの像とか)、さらに嬉しい。

でも、今から飲みにいくのよね。
ま、いいか。別腹、別腹。



熊本市街を見下ろしながら、白ワインで乾杯。
きっと、死ぬときに、2006年の誕生日はどうだったっけな…ってことで

思い出すのはこの風景なんだろーな…。




夏休み。友人と二人で旅に出ました。
二人とも誕生日がこのへんなので、自宅にいたくないのです。

なんて悲しい理由。

てなわけで、今年は節目のトシだし、パーッと遠出しようか!ということになりました。
でも国内ね。(ユーロ高いんだ
となると、玄関口は羽田空港。
ああ、今こそ旅立ちの時。
けれど、人生、いつ、どこで何があるか分からない。
飛行機なんて、特に。
何があってもいいように、後悔のないものを食べてから旅に挑みましょう。


東京食賓館 の「満願堂」の焼いもソフトを選びました。
豪華、イモクレープつき(刺さってるやつ)。
280円というのも、大変よろしい。
バニラ部分とイモ部分をミックスして食べるともう、ヘブン気分。

いや、ヘブンに行っては困るんだけど。

さぁ、後顧の憂いもなくなった(お手軽)。

いざ、出発!



というわけで、来ました。熊本県!
そうです、今回は熊本&鹿児島焼酎ツアーなのです。
友人は城マニアなので、焼酎&城ツアー。
私はローカルフードマニアなので焼酎&ローカルフードツアーです。
共通してるのが焼酎だけっつーのがいいですね。


私が、熊本に来たらどうしても食べたいものがあったのです。
それは、
ケロロ軍曹 でその存在を知って以来、どうしても食べたかった…


いきなりだんご
団子の生地(?)にアンコとイモを包んで蒸しただけ、という素朴なお菓子だそうで。
まぁ、素晴らしい、到着したら早速売っている。
しかも162円だとか(多分)。
さっそく、いただきまーす。



イモ、そしてアンコの素朴な甘さが美味しい。
もう1個楽勝で行けると思うけど、今回はかなりハードに食べる旅。
1個で我慢しときましょう。

最後に、これを食べたら言いたかったセリフがあるから書いて、ペンをおきます。


「いきなり団子は…熊本拳!」 (by タママ二等兵 )。


(分からない人は第一シリーズの最終話観てください)

この間、読売新聞の栃木版を眺めて(読んで、ではない)
おりましたらば、「美人なママと可愛いお子が仲良くかき氷を食べるの図」が

載っておりました。
あら、うまそ~。と思い、内容を読んだらば、なんでも日光(旧・今市市)に

天然氷を扱う「松月氷室」 さんというお店があるんだとか。
でもって、ちゃんと氷室に保存しているそうで、夏場になると、かき氷にして

食べさせてくれるんだとか。

んでもって、特にPRとかはしていないんだけどもあちこちのブログで人気になり、

特に今年は爆発的人気で、連日大行列だとか。

私はミーハー。さっそく食べにいこう!

というわけで、お邪魔します!まぁ、昔懐かしきレトロな雰囲気。
平日の午後だからか誰もいない。しかも、今日涼しいしね。
ラッキー。

なんでも、お子にはイチゴ、オトナには抹茶ミルクが人気だと記事にありました。
寄らば大樹の陰。
いざ、抹茶ミルク230円をば!


キター!


しゃりっ。

きゃ~、なんという高貴な食感。
「じゃり」じゃないのよ「しゃりっ」(小さい「っ」がポイント)なのです。
抹茶ミルクで正解。
オトナの味が高貴な食感によく似合っている…。

いつもカキ氷食べると前頭葉が痛くなるんだけど
今日はそんなことはない。天然だからかな。
ああ、なんと爽やかな甘み。

あっという間に食べてしまった。その上、夏ももう終わり。
決めた、来年もまた来る。
今度は、フツーにイチゴ味に挑戦!

★★★★お店情報★★★★

松月氷室 (しょうげつひむろ)

栃木県日光市今市379

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。

★★★★訪問記録★★★★

1回目(この記事)
2回目
3回目
4回目
5回目
6回目
7回目
8回目
9回目
10回目
11回目
12回目

↑このページのトップへ