1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

March 2007

飲んだ後は 、やっぱりシメが必要。香川に来たからには、うどん。
さすが、うどんランド・香川。
深夜営業専門のうどん屋があるのです。
有名どころとしては、
鶴丸 、讃岐家あたりだけど、この二軒は前回の

讃岐うどんツアーで訪問済みの上に、讃岐家は閉店しちゃったらしい

ので、今回はお初の「こんぴらうどん 」さんにしてみました。

讃岐うどんなれど、麺が細いらしいです。

さて、何を食べましょう。
私は何があろうとうどんは冷やし派だけど、ガイドブックで見た

「生の牛肉に熱いダシをかけてしゃぶしゃぶ状態にして食べる」の

文字にやられてしまったので、900円のしゃぶしゃぶ肉うどんに

してみました。



キター。


半生の色がセクシー!


麺、確かに細い。いただきまーす。
…。
つるっとして美味しい!

うーん、これは是非とも冷やしで食べたかった。
隣のサラリーマングループは、全員ざるうどん食べてる。
誰か一口交換してくれないかな。




半生のお肉をひきあげて、セクシー・ビームを発してみました。

びーっ→→→→→→→→→→

サラリーマンたちは話に夢中で、ビームが素通りしてしまった。
ダメだこりゃ(byいかりや長介)。

うーん、冷やし牛しゃぶうどん、とか作ってくれれば私的には

ベストメニューかな。


ダシも透き通ってて美味しい。
シメのメニューじゃなきゃ、全部飲み干せたと思う。
ちょっと残念。

さて、今日は、日中から夕方にかけては最悪に近い運勢だったけど、

終盤持ち直したって感じ?
きっと明日は、このまま運気舞い上がりモードのはず。
オハーレット・スカラ…じゃなくて、スカーレット・オハラのように、拳を

握りしめて、今、叫ぼう。

「明日は、明日のうどんがあるわ!」


★★★お店情報★★★

こんぴらうどん

香川県高松市古馬場町13ー7ルベールビル1F
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。


そんなこんなで 、ホテルに帰って風呂入ってフテ寝して、目が覚めて

夜の街に繰り出したわたしを、いったい誰が責められましょう。


あら、高松城がきれい。お城マニアな友人が喜びそう(閑話休題)

香川名物は、うどんだけではない。
もうひとつ、マイハートをくすぐるものがあるのです。
その名も「
骨付鳥 」!
てなわけで、街中にある「
骨付鳥 一鶴 高松店 」にお邪魔しました。


えーと、メニューメニュー…。
「おやどり」と「ひなどり」があるってのしか知らないんだわな。
おねいさん、どっちがおすすめでしょう?

「どっちでも」

じゃあ、胃にやさしそうな「ひなどり」にしよー。819円ね。



ああ、ビールが五臓六腑に染み渡る(T▽T;)


ビールは数秒で消え、レモンサワーにとりかかっていたら、ひなどりが来た。
でかー(@@; ひなどりなのに。
んで。
どうやって食べるのでしょう?

左のサラリーマングループを見たら、かぶりついていた。
右の女子大生軍団を見たら、お箸でお上品に食べていた。



もちろんかぶりつきでしょう。
紙ナプキンを巻いて、いただきまーす。
がぶっ。結構スパイシー。
でも、肉汁ジュワーで美味しい~。



あら!サラダを頼もうかと思ったら、キャベツがつくんだ。
で、このパリパリのキャベツを、鳥の肉汁につけて食べると、

うま~。


ごはんが欲しくなって、むすびセットをつけてしまった。
315円で(だったかな)、おむすび3個と鳥のスープがつくんだもーん。
カロリー的に心配だわ、なんて今日は絶対心配いらない。ブラボー。
だって、少なくとも5時間は歩きとおしたんだもん。
うどんには天ぷらもつけなかったし。



わ~い、おむすびだ~。
「肉汁をつけて食べてください」とあったよな。
郷に入らばGO!
その通りにしていただきま~す。
肉汁がごはんにしみこんで、美味しい~~~!



スープはとてもサッパリで、これまた良いコンビネーション!


満足。
さて……。

……。

やっぱり、シメはうどんよね!


てなわけで続く。


★★★お店情報★★★

骨付鳥 一鶴 高松店

香川県高松市鍛冶屋町フェスタII 5F
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。



そんなわけで、宮武さん から歩くこと1時間半
琴平駅から(車だと)近い某うどん店にまいりました。

肉うどんが美味しいそうで。
いわゆる製麺所じゃなくて一般店だから、営業時間も長いのですね。
夕方に来ても安心!なんせ18時までだから。
時間はまだ16時半。
余裕のよっちゃん。

あら、看板が。

「本日の営業は終了しました」



とぼとぼと、琴平駅まで歩く私。
うなだれながら坂を下って登って。ああ、夕日が山に…。

……。

あんまりだ~(T▽T;)
ここに限らず、営業時間を告知してるのに実際行ったら違かったって

ことは何回かあった。それなら、現実に即した営業時間を告知してほしい。
今日のお店の事情が、臨時休業なんだか諸般の事情で時間を変えたん

だか分からない。けれど、なんでよりによって今日なんだー!

(今考えると、先に電話確認しておくべきでしたな)


海なんか…あ、山か。山なんか大嫌いだー!
そのとき、我が最愛の
田尾団長 の名言が脳裏によみがえったのです。


「臨時休業は、うどん食いの試練として、受け入れなければならん」

これは
谷川米穀店 についてのセリフだったと思うけど、一事が万事(用法違う)。
同じこと…。
今日の私は、うどん神に見捨てられていたのだ…。
今から歩いても、元祖しょうゆうどんの「
小縣家 」には、間に合う。
どうしよう。
やめよう。
こんな時は、さっさとフテ寝するのがいちばん。

琴平駅まで、30分トボトボ歩いた私。



ああ、このファンタジーな外見すら、今日は恨めしい…。
いちばん早い高松行きの電車は何分後でしょう?

「10分後ですけど、特急だから青春18じゃダメ」

じゃあ、次は?

「40分後」

……。






私は、身も心も休息を求めていたのです。
駅前にあった、その名も「喫茶駅前」 に入りました。

「何にします?」

アイスコーヒー…いや、コーヒーフロート。
疲れている身体には糖分。


「どうぞ~」

あら、美味しそう。450円は良心的な値段。
いただきます…。

……。
コーヒー美味しい。けど、コーヒーがもともと甘い。フロートなのに。
普段の私なら「ブラックにしてたもれ」と言うところだけど
今日は、この甘さが五臓六腑に染み渡る。
もしかして、バーのマスターみたいに、私の疲れを見抜いて砂糖

入れてくれたのでしょうか?

しかし。

……。
うっ。
こんなことで、こんなことで泣くなんて。
……。


うわあ~ん(T▽T;)

田尾団長、試練を受け入れるには、むらさきはまだまだ、青いです。



★★★お店情報★★★

喫茶 駅前 (きっさ えきまえ)

香川県仲多度郡琴平町榎井851
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。




↑このページのトップへ