1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

April 2007

GWを利用して、関西方面のネット仲間と懇親会がありました。

その熱い語りの場となるのは梅田から阪急電車で約50分。
三宮にあります「
ホイリゲ 葡萄舎 」さん。
いざ、8人でお邪魔しま~す。

ネット仲間の熱い語りは、他所様に聞かれると、けっこー恥ずかしいので

小部屋を用意していただきました。しかも屋根裏部屋

では、いざ、奥の階段を上りお邪魔しま…
これは階段というより忍者階段では…
って階段狭い、朝青龍とか来たらどうすんのかしら。
ぎゃー、天井が低い!いたーい!きゃー!…と、二度も頭を打ったわたし。
ああ、こんなことでは二階にたどりつけ…た!
わー、可愛い!
(ゴツン)
柱に額強打。

8人ほぼ全員がその状態だった。おそるべしの屋根裏部屋。

では、祝杯をあげましょう。
てなわけで、ウィーンですもの、ワインで。

いちばん安いあたりで、美味しいの一本ください!



いっぽーん。


ダイヤみたい。ではみなさま、乾杯。
おいし~、すごくすっきりさっぱりしたワイン。



では、いざ祝宴開始。
まずはトマトのサラダ。
甘くてすっぱくておいしい~。



ウィーン風ポテトサラダ。
マヨネーズがなっしんぐ!
すごくさっぱりしておいしい!



ホワイトアスパラ。ドイツ語で「シュパーゲル」。ウィーンの春の風物詩!
一口噛むと、口の中にアスパラのソースがじゅわ~。
口の中が春~、プリマヴェーラ!


よし、野菜も終わったし、肉、肉。

「肉ですよね!」

同志が多くてうれしい~。バンバン行きましょう。



まずはソーセージ盛り合わせ。
ザウアークラウトの山盛りに、ドイツヲタクの心が萌えます。



ラム肉のロース。実は私がこのお店の訪問を決めたのは、この肉の

写真にやられてしまったから。すんごい柔らかい!ジューシー!


ターフェルシュピッツ。茹で牛肉と思っていただければOK。
ウィーンの定番!これも柔らかい~。



ウィンナーシュニッツェル。
ウィーン訪問した経験がある人は、一度くらいこの洗礼をうけていると

思うけど、でっかく伸ばしたとんかつ。
ここのは、あまり薄くなく、厚みを残してありますね。



ちょっと休んでパンタイム。
っきゃ~、私の好きなドイツパン盛り合わせ~。
私はドイツパンが大好き、
どれを食べても、やわらかく香ばしくおいしい!


エルダーフェルプッファー。
じゃが芋をすりおろして、揚げてあるそうで。美味しい、チヂミみたい。

「つまみに最高ですね、これ」

我が同志よ!



シメはデザート。すみれのアイスクリーム。
すみれの砂糖漬けが乗ってるのです。
ウィーンで売ってるけど、とっても高いんだよな、砂糖漬け。
なもんで、私は買ったことないです。
まさか、神戸で食べられるとは思わなんだ。
いただきます。
シャリッ(砂糖)。

うーん、アイスの冷たさで砂糖のことを忘れよう。

でも、美味しい。乙女気分!

こんなに飲み食いして、一人四千円未満で済みました。
多人数、万歳!

全メニュー、大変美味でした。
また来ます!(と、気軽に言えない場所なのがつらい)


★★★お店情報★★★

Heurige 葡萄舎 (ホイリゲ ぶどうや)

兵庫県神戸市中央区下山手通1-5-3-2F
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。

※現在は店内撮影禁止です。この記事当時は、了解を得て撮影しています。

その1に続き、二度目の調査隊派遣!
相変わらず、隊長兼隊員は私一人です


先日、宇都宮在住(もう転勤されてしまったらしい)のSK-Ⅱさん(仮名)から

メールをいただきました。読み上げます

「はじめまして
 ネットに口コミが皆無のお店を紹介します!
 とってもうどんが美味しいです!
 名前は『
うどんのお宿 』さんです。
 むっちむちの男子高校生っぽいうどんです。
 平日昼しかやっていないというハードなお店ですが
 県庁の近くにあるので、行ってみてください」

ふっふっふ。
むっちむちの男子高校生と聞けば、失礼、
うどんが美味しいと聞けば、行かねば女がすたる!

さっそくお邪魔しまーす。

わーメニューがいっぱい。
茄子うどんもいいなー、肉うどんもいいなー。
でも、私のアイデンティティーは「ぶっかけ」うどん!
おろしぶっかけうどん、プリーズ!

「量は普通でよろしいんですか?」

もちのろんろん!
だって花も恥らう乙女ですもの!

「いえ…あの……普通で量が多いんですけど… 減らせますけど…」

普通から量を削るなんて、天は許してもうどん神は許すまじ。
私は、讃岐うどんツアーで2時間で5玉食べた女。
情けは無用なのです。



可愛らしい「僕ら薬味ブラザーズ」。



おろしぶっかけには、やっぱり天ぷらのオプションがないとね~。
60円でちくわ天をつけました。

「お待たせしました~」

おっ!うどんのご登場!


やられたわ。
なんつー……量……。
洗面器サイズにいっぱい入ってる…。
しかも天かすが乗ってる……。


うどんのアップを…と思いきや、具で表面が覆われて麺の姿が見えない(T▽T;)
仕方ない、かけまぜてしまおう。


あら、麺はピチピチ。さっそくいただきまーす。
ずるっ。
きゃー!これは美味しい!
表面つるつる、噛むとむちむち!
確かに男子高校生!(と言っていいのやら)
これが男子高校生なら、「宝来家」さんは女子中学生、
「和」さんは体育大学の男子学生!
(すごく誤解を招きそうな…)

あら、気がつけば漢食、失礼、完食。
私は自分が恐ろしい。
お代は、うどんが630円、ちくわ天が60円、
計690円。

素晴らしい。
今度、全メニュー制覇してみたいな~。


★★★お店情報★★★
うどんのお宿 (うどんのおやど)
栃木県宇都宮市戸祭元町4-10
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


讃岐うどんツアーもいよいよラスト。

最後「山内うどん 」さんで飾らせていただきます。
前回の讃岐うどん遍路でも重要候補だったのです。なんせ、駅から徒歩10分だし。
なんだけども、2時間に一本しかない上に目の前でその電車が発車しちゃった(T▽T;)

なもんで、今回のリベンジとあいなったわけです。


門の脇でいよかんを売ってる。

それはおいときまして、いざ、オーダー!

これが食べたかった二点セット、しょうゆうどん(冷)と、ゲソ天!


あわせて320円!


ああ、会いたかった、ゲソ天さま(T▽T;)
「デカいハサミ」との形容を「
恐るべきさぬきうどん 」で読んだその日から、
私の心にはあなたが住みついていたのです。

いただきます。

ぱふっ。
…。
っきゃ~~~~~~~~!
衣がフワフワ!その中に、ガッシリとイカが埋まってる!サイコー!



そして、うどんo(^▽^)o
ああ、見てるだけで分かる。そのウマさ。では、いざ…。
ずずっ。

……。
う…う…う…

ウォーター!(by ヘレン・ケラー)

すごい!なんて水々しい(T▽T;)
瑞々しいんじゃなくて、水々しいのです!
今まで、うどんを食べていて、そこに含まれている「水」なんで意識したことなかった。
でも、これは違う。
水がいいのだ~!素晴らしい水!なんて素晴らしい財産。

これは、S級とかそういうレベルを超えました。「銀河点」。
私の中で、「銀河点」は三店。
池上
たむら 」。
そして、この「山内うどん」!

正直、S級店ならば、香川以外でも出会えた。
けれど、「銀河点」レベルとなると、やはり香川に来ないとないのです。
私は、銀河なお店に出会える香川を心から尊敬申し上げます(´∀`)

そして、うどんツアーの最後に出会えたのがこの「山内うどん」であることを、

うどん神に心から感謝申し上げます(^ε^)♪(←不敬)



さて、大阪に戻らねば。またしてもマリンライナーで。

今回は瀬戸大橋からの海も見えるo(〃^▽^〃)o


★★★★★★★★★★お店情報★★★★★★★★★★★★

山内うどん

香川県仲多度郡まんのう町十郷大口1010
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。

↑このページのトップへ