1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

August 2007

私の夏のお約束、東京編は至宝の梅シロップかき氷の「紅梅苑 」さん。
栃木は、氷室に保存してある日光の天然氷を店先で

カキ氷にしてくれるというのでここ数年、個人のブログで大ブレイクという

松月氷室 さんです。

夏も終りに近づいてきたので、お邪魔しました。
まーっ、店先の天然氷がワビサビ。美しい。クリスタル…。



そして……去年にもましてスゴイお客さん。
店内に飾られている紹介雑誌も、去年の3倍くらいある。
さらにブレイクとはおそるべし。



去年は抹茶だったっけ。今年は何にしよう。
……桃とピーチのハーフ&ハーフってなんだろう……。
気になるけど、来年にしよう。
野いちごと生苺のハーフ&ハーフ 300円で!



キター!相変わらず、でかー!



どっちが生苺でどっちが野いちご? (・・;)


ま、いいや。
美味しいから。



★★★お店情報★★★

松月氷室 (しょうげつひむろ)

栃木県日光市今市379

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。

★★★★訪問記録★★★

1回目
2回目(この記事)
3回目
4回目
5回目
6回目
7回目
8回目
9回目
10回目
11回目
12回目

※ホリデーパスは廃止になりました


JR東日本が出している(西や四国も出してるんかもしれんけど、知らん)

ホリデー・パス



小山駅からあっちこっち乗り放題のこのパス。
小山で一回降りなきゃ買えないという難点もありますが、日帰りで

東京圏に行くならば宇都宮レベルならばフリー切符を買うより安い。

私はいつも石橋駅周辺の1日置き放題400円の駐車場において、

小山駅まで電車で行って(230円)一回降りて、駅でホリデーパス

買って(2300円)、電車乗りまくってきて、石橋で乗り越し清算して

(230円)、合計3160円でミニ旅をしてまいります。

青春18きっぷと違って特急料金払えば新幹線も乗れるし、夏休み

期間は平日でも使えるしなかなかスグレもの。

そんな今日は、ホリデーパスで、目指せ奥多摩。
…のちょい手前の…。



日向和田駅!

私の夏のお約束はここ。
かならず、いちばん暑くていちばん晴れてそうな日にホリデーパスで

来るのです(`・ω・´)b
新宿から青梅線で1時間強のこの駅、東京なのに無人駅!
さらに……。



この絶景!やっほー!


流れる多摩川の水も、ほんとーにきれい!澄んでいる!
飛び込んで泳ぎたくなる。
橋の高さ数百メートルあるから無理だけど。



目指すは、駅から徒歩五分。
さっきの橋を越えてすぐの「
紅梅苑 」さん。

東京都青郷3-905-1

と、梅の文字が連呼されるこの梅の里にあるこのお店。
夏にだけ味わえる絶品かき氷があるの……。
私はそれを食べるため、毎年ここを目指すのです。



夏期限定、氷梅500円!
梅菓子の名店の自家製梅シロップがかけられたこの氷梅。
このウマさを心底味わうためには、こんな暑くて晴れた日にこなければ、

なんかもったいないではございませんか。


この落ち着いた色が、「オトナのかき氷」という感じですね。


では、いただきまーす。しゃりっ。
はぁ~。

なぜかでるため息。

美味しい氷に、抑えた甘さながらも梅の香りが溢れるシロップのコンビネーション。
もはや何も言うことはありませぬ(T▽T;)



そして~。
氷の下にも、たんまりと梅シロップが!
氷を発掘していくと見えるこのグリーンブルー。
まるで、北極で穴掘って、下に海が見えたよう……。



ごちそうさまでした。私の夏のイベント終り!


★★★お店情報★★★

紅梅苑 (こうばいえん)

東京都青梅市梅郷3ー905ー1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。
★★★★訪問記録★★★★
一回目 上記リンクをご参照ください。
二回目  


その1 ふくや
その2 
うどんのお宿
その3 
トラットリア・フェリーチェ → 移転
その4 ひらいし(閉店のため記事削除)→現「力造 」
その5 さぬき
その6 
心華亭  → 現在は宅配弁当店
の7  PASSY (閉店)
その8  麺のつけ処 (閉店)
その9  丸岩水産(閉店の後、現在は競輪場通りに新店)
その10 フォレスト大芦
その11
ダンカラホール
その12 
ふんよう菜館
その13
香楽


と来た「口コミ調査隊シリーズ」。

今回は「漢のラーメンランチに挑むでござるの巻」です。


コメントメールその他で、推薦がたんまり来ていた「岩手屋 」さんに

お邪魔いたします。

思いついてきたんで、細かい場所まで覚えてないけど、確か旭中の

北だか南だか東だか西って話だったような。


 


東にあった。
お邪魔します。ガラっ。
うわぉ。満員状態!相席もなんのその!

「何にします?」

ラーメン定食がオススメとか言われてたっけ。
半チャーハンがつくとかいう。
んで、チャーハンが大人気なんだっけ。
でも私は炭水化物×炭水化物がダメだし、
夏場はラーメン食べないので(汗が苦手)、チャーハン単品で……。

あれっ?

私の視線は、横にスライド。
「冷やし中華定食 890円」
今よみがえる、冷やし麺ハンターの血。

これだ!
冷やし中華に半チャーハンがつくなんて、なんて太っ腹っ。
ちょっと量が多いかもしんなけど、厚生労働省も1日30品目って言ってる。
ま、いいわよね。



まずは、お水と、ザーサイと紅しょうが。
あ、確か、これチャーハンに混ぜるんだっけ。
空腹のあまり、前菜と間違った私は箸を置いた。



チャーハンセットご登場。


私は、額を汗が伝っていくのを感じました。
チャーハン……。
どー見ても小ドンブリ一杯はある……。

私は、愛読書「さよなら絶望先生 」の
絶望、失礼、糸色望(いとしきのぞむ)先生の言葉を思い出したのです。

「半信半疑なんて、ウソだ!
 半信半疑と口に出す時は、すでに9割疑っているのだ!」
(同例:半死半生)

これは……わたし的に……。9盛チャーハンだ……。




チャーハン食べようとしたら、冷やし中華が来た。
冷たいものは冷たいうちに食べなきゃ。
チャーハンは冷めても美味しいけど、冷やし中華はぬるくなったら哀しいもの。

具を見た私は、三つの歓喜に襲われました:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
1.エビが乗ってる(しかもデカイ)
2.ハムとチャーシュー、肉が二種類!
3.カニかまが無いっ。

1はまぁ、自然な心理として、2はサプライズ。
3はカフェの「ミルクがプラスティックケース」と同じく
できれば遭遇したくない「萎え現象」なのです。
このヘンは好みの問題なんで、あんまり深く考えないでいただきたい。



うわぉ。
私は4番目の歓喜に襲われました。
チューシューが赤い
これは焼チャーシューの証!

ああ、これだけで幸せ。今日一日生きていけるo(^▽^)o



では、いただきまーす。
ずるっ。
うん、フツーに冷やし中華。
でも、このフツーさが今の私の胃に優しくしみこんでいく。
うっうっうっ(泣いている)。



そっしって~ いよいよ本丸、チャーハン!

いただきまーす。
ぱくっ。

っきゃーーーーーーーーー!
具がたっぷりで、パラっとしていて、美味しい。
スープと一緒に食べると、これまた美味しい!
わぉ。
ホンモノのカニが入ってる!
5つ目の歓喜!

あ~ら。9盛チャーハンがあっという間になくなってしまった。
なんてこと。

決めた。
次回はフルポーションチャーハンにしよう。


★★★お店情報★★★

岩手屋 (いわてや)

栃木県宇都宮市天神1-2-14
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


↑このページのトップへ