1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

August 2010

石垣島に戻ってきたのが14時頃。

沖縄の昼間は長い。まだまだ行けますよ、友人。


「では、軽くドライブということで」


いやー。チャリもいいけど、やっぱり車はいいねー。ラクだし。

ところでいきなりですが。


1000円グルメの日々in宇都宮


私の「トロピカルフルーツへの憧れ(*´д`*)」はこちらが原因です。

我が敬愛する川原泉 女史の「美貌の果実 」…の巻頭作品の「愚者の楽園

トロピカルフルーツ目当てでトロピカルフルーツ農園でバイトする女の子の話ですが

好きだった。おお、1987年の初版本だ。

それを読んだ時に、私の中には「トロピカルフルーツ萌え」の種が植えられ、

沖縄マンゴー 食べた時に、それは開花したのです。


そんな私が


1000円グルメの日々in宇都宮


こんな看板を観たら、思わず入らずにはいられませんでございましょう。

宮良農園 」さん。

まぁ、「トロピカルフルーツ」の文字が輝いている。

友人、れっつごー(><;


1000円グルメの日々in宇都宮


海の見える農園。


1000円グルメの日々in宇都宮


…の脇にしつらえられた、休憩スポット。

ここは屋外パーラー。

そして


1000円グルメの日々in宇都宮


トロピカル農園ゆえの、トロピカルなメニュー。

これは…

友人、気合い入れていきますよ。

気温があと10度低かったら「フルーツパフェ」いきたかったんだけど

どーにもこーにも暑かった。

1000円グルメの日々in宇都宮


やはりこれは、生ジュースで行くしかない。

1000円グルメの日々in宇都宮

我が心のマンゴー。

しかしマンゴはー年に一度だけと決めているのだ(´・ω・`)(ゼイタク品だから)

別なのにしよ。


「……」


ちょっと友人、何を真面目に読んでいるの。

なになに、「フルーツと美容」?


「美容にはドラゴンフルーツがいいらしい」

1000円グルメの日々in宇都宮


「私はドラゴンフルーツジュース400円でいく」


そう、じゃあ私はパパイヤジュースで(`・ω・´)

1000円グルメの日々in宇都宮


キター。

1000円グルメの日々in宇都宮

見ただけで美容な感じの、友人のドラゴンフルーツジュース。


1000円グルメの日々in宇都宮


私のパパイヤジュース。


どちらも、ナチュラールな甘さ、そして新鮮さが漂う、ビタミンドリンクのようでございました。

1000円グルメの日々in宇都宮


海を見ながらボーっ。


いやー幸せ(T▽T;) 1987年以来の夢が今叶ったわー。

さらに余談ながら


1000円グルメの日々in宇都宮


私が川原作品でいちばん好きなのは、こちらの「食欲魔人」シリーズでございます。

(さらに言うなら海の食欲魔人の「不思議なマリナー」)

わぁ、初版が1984年、1985年だ。


なんとなくショックを受けたまま続く。


★★★お店情報★★★★

宮良農園

石垣市新川1134
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

私の夏のBGMは永遠に井上陽水さんの「少年時代」

これが流れる同名映画のラストシーンも良かった。

最後、オトナになった「私」が、少年時代のアルバムをぱたん、と閉じるシーンで

終わるんですよね。

あんな夏の想い出は一生の宝物。

よし、鋭意育児中の友人、そしてその息子のもー君(仮名:3歳)

むらさきお姉さんと一緒に「少年時代な夏」を楽しもうではないか(`・ω・´)


友人「私の車ナビついてるからどこでも大丈夫よーん」


もー君「むささきさーん」(いまだに私の名前がきちんと発音できない所に萌える)


ということで、3人で「少年時代的に栃木の夏を楽しむ旅」に出たのでした。

まず一カ所目は…


1000円グルメの日々in宇都宮


旧太平町(現栃木市)のぶどう観光園、「盤峰園 」さんっ。

ぶどうを買える他に

1000円グルメの日々in宇都宮


ぶどう製品も買え、そして何より

1000円グルメの日々in宇都宮


手作り自家製ぶどうシロップでかき氷が食べられるのだよー。

きゃー、手回しのかき氷マシンだ。

帆掛け船のイラストが萌えます。


さて、注文は…

1000円グルメの日々in宇都宮


あああ、期間限定デラウェアは完売。

いいか、基本に忠実に「ぶどうシロップかき氷300円」で。


友人「私もソレ。もー君はシャーベットがいいよね(←有無を言わさなかった)

母とむらさきお姉さんに味見させるのだぞ」


お店の方「あ、シャーベットは…」


友人「えっもしや完売っ」


お店の方「できるそばから売れていく状態で…ちょっと待ってください…

あ、一食分だけあります、大丈夫」


お庭の脇に休憩スポットがありますので、そちらで楽しみましょう。


1000円グルメの日々in宇都宮


私のかき氷っ。

1000円グルメの日々in宇都宮


大粒の氷。きっと「しゃりしゃり」感が楽しめそう。

1000円グルメの日々in宇都宮


いただきまーす。

おおっ、シロップうまいっ。氷しゃりしゃりっ。

素晴らしいコンビネーションっ。


友人「濃厚だねーっ。いや、ウマいわこれ」


アルコールの無いワインをかけて食べているようですねー。


1000円グルメの日々in宇都宮


こちらが巨峰シャーベット。


友人「むらさきお姉さんに一粒あげなさい。はい、どうぞーって」


もー君「はい。どうぞ」


1000円グルメの日々in宇都宮

なんて良い子なんだ、もー君…(T▽T;)

私が幼少のみぎりは、自分の食べ物を人にあげるなんてしなかった。

さっそくいただきます。

おお、果汁100%!フル・オブ・果汁なシャーベットだ。


友人「ウマいねーっ!さっぱりしてベトベトした甘さじゃない」

1000円グルメの日々in宇都宮


と、お隣にある池が気になるんだけども、これは…

1000円グルメの日々in宇都宮


ザリガニ池!

へー。ザリガニ釣りができるんだ。


友人「もー君にはまだ早いな」

1000円グルメの日々in宇都宮


そしてもちのろんろん、ぶどう狩りもできまして(しなかったけど←暑かった)

1000円グルメの日々in宇都宮


セミの声、かき氷、ザリガニ、吹き渡る夏の風、ああ、これは少年時代…

いつの日か、もー君、アルバムの一枚的に思い出してくれると嬉しいな。


さて、次行こう(`・ω・´)b


★★★★お店情報★★★★

盤峰園

栃木市大平町富田1837
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。

外資系OLの友人は非常にアクティブなのである。


「チャリを漕げー!漕ぐのだー!」


ひーひー言いながら必死こいてついていくと


1000円グルメの日々in宇都宮


まぁ、郵便局。

わびさびはべりいまそかり…

ああニッポンの夏。

人生スローで行きたいものです。


「言い訳見つけて休むんじゃないー」


ちっ、バレたか。


で、またヒーヒー言いながら漕いでいくと…

1000円グルメの日々in宇都宮


ゴールだった。

というか出発地点。港でした。


考えたら、到着してまだ四時間しか経ってないのよねー。

なんと食欲そして体力的に充実した時間だったのであろう。


「そろそろ石垣島に戻らなきゃなー」


そだねー。午後は午後でまた用事あるしね(と言っても食べ物屋)

でも戻るにも体力いるから、一休みしていかないか(`・ω・´)


1000円グルメの日々in宇都宮


ということで、港のすぐ近く、レンタサイクルのすぐ近くにある

ぱーらー願寿屋 」さんに寄っていことにしたのでした。

1000円グルメの日々in宇都宮


お座敷もあるのですが、靴(と言ってもビーサン)脱いであがる気力も

暑さで薄れていた。

一度お座敷で座ってしまったら最後、もはや立ち上がれなくなるに違いない。

パラソルの下で休んでいこう。

1000円グルメの日々in宇都宮


メニューはいっぱいあり

1000円グルメの日々in宇都宮


気温があと20度低かったら絶対パフェを食べたのだけど

あまりにも暑かった。乳製品はとても口を通りそうになかった。


友人「せっかくだから、トロピカルなの食べよ」

1000円グルメの日々in宇都宮


友人はトロピカルジュース。そして、二人でシェアすることを前提とした

パイン盛り(ハーフ)400円。

で、このパインが…

1000円グルメの日々in宇都宮


めさんこウマかった。

パイナッポってこんなに美味しいものなのか。

強い酸味と強い甘みが、口の中にトロピカルなしたたりを放ち…


「うーまーいー」


奪い合うように食べるふたり。

1000円グルメの日々in宇都宮


私の方のドリンクは、島ハーブティー300円。

島で採れたクミスクチンとレモングラスのブレンドだそうです。

何がなにやらよーわかりませんが。

で、アイスの設定が無いってことなので、お願いして氷をいただきました。

右手前は紫芋チップスです。

1000円グルメの日々in宇都宮


だばだば。

1000円グルメの日々in宇都宮


ああ、身体を吹き抜ける一陣の涼しい風(T▽T;)


「くつろいでると帰る気力無くなりそうだから、もう行くぞ。早く飲め」


鬼軍曹のような。アナタの名前はハートマンに違いない。


1000円グルメの日々in宇都宮


そして、お名残を惜しみながら石垣島へ…


「一泊したかったねー。さぞかし星空がキレイだったに違いない」


そだねー(´・ω・`) 

一度でいいから、「ナマ天の川」を見てみたいものです。



さて午後からはまた石垣島めぐりが始まるのであった。

続く。




★★★★お店情報★★★★

ぱーらー願寿屋

沖縄県八重山郡竹富町字竹富島2280
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。

↑このページのトップへ