1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

April 2011

板荷(駅)は


1000円グルメの日々in宇都宮


日光だと思ってました鹿沼だと思いませんでしたすみません。

ついでに言うとJR日光線だと思ってました東武日光線と思いませんでしたすみません。


で、その板荷駅のすぐ裏手にあるパン屋さん

1000円グルメの日々in宇都宮


マザァ&マミィ さんに行こう行こうと思っていて、予約した方が良いらしかったので

3月13日(日)に予約を入れていたのですが、そんなワケで出かけるどころではなくなり

ほぼ一ヶ月後になってやっと行けました。


大奥様と若奥様のお二人でやっているパン屋さんということは…

親子さんでいらっしゃいますでしょうか。


若奥様「わたし嫁なんです」


おおっ。仲良しのお二人。

ほんわかしたお二人が作り出すパンは


1000円グルメの日々in宇都宮


ほんわかしたムードが漂っていた。


1000円グルメの日々in宇都宮


しかも、リーズナボ。

1000円グルメの日々in宇都宮


その上、私好みのシンプルパンが多い。

どれにしよーかなーと悩んで、食パン2袋、丸パン二つ、コーンマヨパン一つ、ハムマヨ一つで

合計620円でした。安っ。


えーと、某コーヒーショップでテイクアウトのアイスコーヒー買ってー



1000円グルメの日々in宇都宮


朝ご飯にコーンマヨパン食べよー。

1000円グルメの日々in宇都宮


具だくさんで美味しいっ。

ほのぼの系だ。

1000円グルメの日々in宇都宮


ハムマヨも食べよ。

ふあふあで美味しいっ。

1000円グルメの日々in宇都宮


食パン二袋と、丸パン二つはお持ち帰り。

1000円グルメの日々in宇都宮


丸パン(左チーズ、右くるみ)。

一回冷凍して、後日オーブントースターで温めて食べましたが、

ウマカッター。

1000円グルメの日々in宇都宮

ラブリーサイズの食パンは、ふあふあ&ざっくりの混合食感で不思議な感じでしたが

サンドイッチにして食べてます。


通いたくなるパン屋さんでした。

まずは道を覚えねば…(途中で遭難して携帯アプリのナビに頼ったのであった)


★★★お店情報★★★

マザァ&マミィ

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

古峰ヶ原街道を車で走っていたら 、友人がポツりと一言。


「ヘンだな、気のせいかな。なんか私、この辺に来たことがある気がする」


それは気のせいではない。

去年のゴールデンウィーク、この目と鼻の先にある

レイクウッドリゾートさんでバーベキューをやったのだよー。


友人「あああ~ああああ。思い出した」


ホンの昨日の出来事のようなのに、もう一年前だ。


友人「トシとるのって早いねー」


ねー…。


1000円グルメの日々in宇都宮


逆に考えれば、一年もご無沙汰しているワケなので、お茶休憩に寄りました。

マダムがいらっしゃったので、ちょっとお話させていただいたのですが

やはりこちらは地盤が強固なのか、ほとんど被害は無かったそうです。

良かったー。

ただし、計画停電時はバーベキューはできないそうです。

そうですか、予定を組むのが難しいなー。

1000円グルメの日々in宇都宮


外の世界から隔絶されたような中は、まるで何も無かったかのような雰囲気。

1000円グルメの日々in宇都宮


さて、人妻の友人。どれにしようか。ドリンクだけ?


友人「んなワケねー。ベイクドチーズ食べよかな」


そうですか、では私も桜ジェラート行かせていただきます。


友人「運転してもらっちゃったから、おごるよ」


おおおお、サンキュー。


1000円グルメの日々in宇都宮

ドリンクは二人ともアイスティー。

1000円グルメの日々in宇都宮

友人のベイクドチーズケーキ。


1000円グルメの日々in宇都宮


私の桜ジェラート。

1000円グルメの日々in宇都宮


しょっぱ甘さが何とも言えませぬ。


さて、次でラスト。


★★★★お店情報★★★★★
Lake Wood Resort (レイクウッドリゾート)
栃木県鹿沼市引田1872
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。

英国人男性、帰国“拒否”「もう一度サンマを」 (スポニチ)  より


>福島第1原発の放射性物質漏れで外国人の帰国が相次ぐ中、帰国を思いとどまり、
>被災地の宮城県石巻市内に引き返した英国人男性がいる。石巻専修大准教授の
>リチャード・ハルバーシュタットさん(45)で、「仲間とサンマのぬたを
>もう一度食べたい」と話し、被災者支援を行っている。

 >93年に来日し、学生に英会話を教えてきた。震度6弱の地震が襲った11日は
>大学の研究室にいたがケガはなかった。

> 「この街の魅力は人に尽きる」。18年暮らした港町は第二の故郷。新鮮な海の幸をさかなに
>人々と酒をくみかわした。石巻のサンマは「トロサンマ」と呼ばれ、脂が乗っている。
>地元の食材に舌鼓を打つ姿に人々は親近感を覚えてくれた。

 >しかし、5メートルもの津波が街を襲い、24日現在で行方不明者が1万人に上ると
>推定されるなど、同市は甚大な被害に見舞われた。良き相談相手だった金物店の夫婦は
>津波にのまれて亡くなった。遺体が見つかった車に日本酒を注いで手を合わせ、親友の冥福を祈った。

 >「国外退避を手伝う」と在日英国大使館から17日に緊急連絡が入った。英政府は
>福島第1原発の半径80キロ以内からの退避を勧告。石巻市は退避勧告の対象外だが、
>津波の被害で電気も水もない。周りの友人は帰国を勧めてくれた。用意された車で18日に
>仙台市のホテルへ。震災後初めて見たテレビは、石巻市の惨状と住民の姿を映していた。
>「おばあちゃんたちは元気に生きていた。腰抜けの自分が情けなかった」。翌朝、
>東京行きのバスには乗らず引き返した。

 >現在は、石巻市内の避難所になっているホテルで、家族の安否確認に来る人の応対や
>トイレの掃除などをしている。「リーダー役も、力仕事も苦手。でも一緒にいれば
>何かの役に立つ」。立ち直った石巻で、仲間と再び飲み明かせる日々を楽しみにしている。


思わず手を合わせてしまった。

ところで、サンマのぬたってなんだろう…

↑このページのトップへ