1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

December 2011

さて、「そこ」へ行くためには、京都駅から東海道線に乗るのですがー


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


らっきー!向かいのホームに「サンダーバード」発見。

一度は乗ってみたい特急列車なれど、私は特別料金払いたくないタイプなので

多分観るだけで終わるのだろう。


んで、東海道線で着いたのは「水辺と古き商家のたたずまい」の

キャッチコピーが非常に萌ゆる

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


近江八幡駅。

外に出て町並み観たいのはヤマヤマなんだけど、今回は時間が無いのでまた次回。

ドドドドと向かう先

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


近江鉄道乗り場。滋賀県で最古の私鉄だそうですよ。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


まぁっ。「がんばろう!三陸鉄道」

ホームページ観たら、「同じ鉄道事業者」として、三陸鉄道を応援しているのだそうです

なんといじらしい。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


私が乗る電車も「ほほえみ号」。

東日本大震災復興支援列車。

なんと素晴らしい。私の運賃が復興にまわるんだろうか。

なんかよく分からん。

と思ったら、この電車への広告ステッカー代が寄付金になるんだそうで

なるへそ。

と、うなずきうなずき、パン食べ食べしてたら、けっこーあっと言う間に

今回の目的地


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


八日市駅に到着。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


駅前に広がる風景は、ああ、地方な都市だなーという感じ。

目的地まで、ホントは歩こうかなと思ったけど、調べたら片道6キロなんで無理だった。

とすると、タクシーかバスになるのだけども

私は、よほどののっぴきならない事情にならない限りは、タクシー乗らないので

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


バスだね、やっぱり。

なんか可愛いお尻のバスだなー。

市でやってるバスらしくて、何系統かあるのですけども、

私が乗る「湖東線」は、まだ来てなかった。

あと20分くらいか。

で、駅の前の

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


このイラストは何なんだ。

かぐや姫か?
えーと、なになに。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


蒲生野遊猟の図。

……

………


でーっっ!!


万葉集屈指の名場面というか名句の、あの相聞歌ー!

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


当時、天智天皇の妃だった額田王が、かつての夫の天武天皇に


「茜さす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖ふる」

((狩りで)紫野を征くあなた そんなに私に手を振ったら、野守(スパイみたいの)に見つかってしまうわよ)

と詠って、そのお返事に


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


天武天皇が

「紫草のにほへる妹を憎くあらば人妻故にわれ恋ひめやも」

(紫草のようなあなたを憎らしいと思いましょうか 人妻ゆえにこんなに恋しいのに)

と返した、あの舞台がここー!

(正確には、さらに南西のあたりだそうです


私が万葉集で最愛クラスの歌の舞台がここー。

(だからこのペンネームにしたというワケではない)

ああ、なんか萌ゆる。


40分もバス乗るのめんどっちーな(私はバスがあまり得意ではない 酔うので)

と憂鬱だったけど、あの舞台がこのあたりと思えば

なんと愛おしい風景でございましょう。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


よしっ。

喜び勇んでバスに乗るぞー!

で、萌え萌えしつつ着いたのは

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


特産物売店「味咲館」

あ、思わず見入ってしまった。

いけない、私が用字があるのはここじゃなくて、

ここからすぐの


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


こちらの場所。

続くー。

※この記事時点は、移転前のものです。


その日は、奈良から二時間ほどかけて、食とは関係無しに某所に行く予定でありまして。

二時間も乗るだから、何か小腹にたまるものを買って行こうと

奈良→京都の間にある黄檗駅で降りまして


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ショートカットである駅からのこの細い道を突っ走っていくと

先日「どっひゃー」体験をしたパン屋さん「たま木亭」 さんに、ものの数分で着くのでした。

次の電車が来るまで、10分しかない。

その間に、お店まで突っ走り、混雑の中買い、また駅まで突っ走って戻ってこねばならぬのである。

食がからむと、私の足は速い。

ものすごい息切れに襲われながらも無事生還し、

京都で乗り換えて、東海道線で近江八幡まで行って

近江八幡から


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


近江鉄道八日市線に乗るのでございます。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


わーい、誰もいない。

やったね、パン食べよ。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


さて、たま木亭さんのパンは、ちょっち油っぽい。

お手手がキトキトになってしまう可能性がデンジャラス。


余談ながら、幼少のみぎりから「油っぽい」の意味で「キトキト」を使ってきましたが

(例:ハンドクリーム塗ったら、手がキトキト~

   この煮魚、ちょっとキトキトしてない?)

これはもしや、方言なのでしょうか。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


でも大丈夫。腐っても婦女子。

ちゃんとウェットティッシュを持ち歩いてるんだー。(柄は置いておいて)

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


まずは、こちらから。

名前忘れちったー。

ベーコンとチーズがどーしたこーしたな名前だったかな。

で、これが

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


うまーい。


こないだもそうだったけど、肉厚のベーコンがこれでもかっと入っているのでございます。

そして、ソースもパンそのものもうまい。

やだもう、私、どうしよう。


さて、もう一つ。

ここまで美味しいのなら、「自分の好みの対極」を買ってみようと

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


こちらのパンを買ってみましたのです。

「山栗とナッツのパン」だったかなー。

甘そうだし(甘いパンニガテ)、デニッシュっぽいし(パラパラ崩れるのニガテ)

どんなもんかなと思っていたのですが

これが


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


う~ま~い。


電車の中で悶絶してしまった。

砂糖的に甘いんじゃなくて、山栗そのものの、柔らかーい甘さな感じで

そして何より、ナッツがうまいっ。


カリコリカリコリと、噛みしめる喜び。

真岡観光リス村のリス、ニューヨークのセントラルパークのリス、

ドングリをコリコリかじる、彼らリスの気持ちがすごーく分かってしまった。

(パンそのものもうまいよっ)


ところで、値段いくらなんだ(急いでて値段観なかった)

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


180円に200円、合計380円…

信じられん…

掛ける3倍くらいの値段がついていても、私は支払ってしまう…。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


…と、カリコリカリコリしながら

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


缶コーヒーでボー…


さて、目指すところはどこなのか、目的は何なのかは

次の記事で(前後編)


★★★お店情報★★★

たま木亭

京都府宇治市五ケ庄平野57-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★訪問記録★★★
一回目
二回目(この記事)
三回目

↑このページのトップへ