1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

December 2011

食べ物関係の本は、やっぱり手にとって読んでしまうのですが


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


拙者は食えん!―サムライ洋食事始―


幕末~明治初期、幕府の公式海外使節として海を渡り、

その船中や訪問先で初めて「洋食」に出会ったサムライたちの反応というか

適応記というか。

肉とかバターとか、初めは「こんなもん食えるか!」状態だったのが

長い航海期間を経て(航海中は塩漬け肉が多いらしい)

久々に上陸した土地で牛の生肉が出て

「まったく、生肉は最高だぜ!」状態になるのが

非常に面白ろうございました。

肉やバターと違って、オレンジジュースやバナナやアイスクリームは

最初から「いっつ、わんだほ!」と受け入れられたそうですよ。


余談ながら、私が海外に出て、最初に受けた食的カルチャーショックが

ファーストフードドリンクの「Lサイズ」のデカさでした。



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


食べテツの女


食べテツ?電車に乗って食べに行くのが好きな鉄子のことか?

似たような趣味の人いるんだなーと思わず読みましたが

正直「負けました」。

私、宝塚は観ないもんで、その評論家の荷宮和子さんという方も存じませんでしたが

食べテツとは、(荷宮さんいわく)駅弁・駅そば・エキナカ等々鉄道関連の食べ物に

思い入れを抱く鉄道おたくのことだそうです。

私のような駅前食堂(&駅近辺食堂)LOVERは、鉄子とは言え、また違うらしい。

わたし、駅弁とか駅ソバは滅多に食べないもんなー。

なれど、


(鶏そぼろ弁当を買って)

>電車の中でこの手の駅弁を食べるとひざの上が

>「そぼろだらけの駅弁大会/ポロリもあるよ!」状態になることがある


あたりのギャグセンスと


>「食べテツは一期一会」

>「この一食は絶対無二の一食なり、されば心身をあげて一食すべし」


の、くだりは

とてもタマシイが共鳴するものを感じます。


巻末に、東海林さだお御大との対談がありますが

上野駅の宇都宮線ホームにある「生そば処」という立ち食い蕎麦屋の

「イカ天蕎麦」がイチオシとは知らなかった…

エキュートに目を奪われていて…


さて、荷宮さんも話題に出して、とっても嬉しい

新宿駅の「ベルク」

大学が総武線沿線にあったので、よく新宿まで足を伸ばして、食べてました。

今でも食べます。我が青春かつ心の味。

そちらのオーナーさんの本

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


新宿駅最後の小さなお店ベルク
個人店が生き残るには?
井野 朋也 著


個人商店の家に生まれ育って、キャラの立った個人商店を見ると萌える私には

なおかつベルクユーザーである身には、とってもしびれる本です。

あのパンと、あのハムと、あの安くて美味しい一杯の珈琲の裏には

このオーナーさんの人生ドラマがあったのだなーと。


駅ビルオーナーから立ち退きを迫られているそうですが

どうぞ今後何十年も頑張って行ってほしいし、食べ支えたいと思っております。


さて、「シャンクス」様から


>「一個人」って雑誌の至福の朝食特集、面白いですよ!


とコメントいただきましたので、

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


買ってみました。

お店紹介よりも、作る方がメインですね。

こういう朝ご飯、誰か作ってくれないかなー。

自分で作れ、そうですね。


でもやっぱり、朝食の写真は見ていて幸せを呼び覚ましますねー…

ということで、次の記事から「栃木県内ソトアサ日記」が年末(まぁ今も年末だけど)

まで登場します。

「連続朝食記」は、多分コレをもって終わりだと思います(お店がもう無い)。

また、今年の新規オープン店も、年内のウチに廻っておこーと、何店が

お邪魔しましたので、「栃木県内ソトアサ日記」&「年の瀬の新店めぐり」を交互に
やっていきたいと思います(それで今年が終わるかな 終わっていいのだろうか)。


一回目は、宇都宮ソトアサ日記と年末新店めぐりの合わせ技になります。

※この記事は、店舗移転前のものです

さて、京都を出て宇都宮に帰ることになったけれども、

どうしても心残りが一つ。

ハマりにハマりまくった、たま木亭 さんのパンを、なんとか持って帰れないものか。

ソフト系は無理だし、ハード系は重いし、うーんうーんうーん…。

と悩みつつも、また黄檗駅で降りて


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


たま木亭 さんに行ってしまったワケでございます。

どないしよー…とキョロキョロと見回したら、レジ脇にショーケースがあって

POPに「一週間以内にお食べください」と書いてあった。

逆に言えば、一週間保つ。

それは何!?

と思ったら、「黒豆のシュトーレン」でした。

なんか飛ぶように売れていくし、お値段も1100円(だっけな)。

それ一個くださいっっ。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


これがその…

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


黒豆のシュトーレン。

サイズ的には、(CMの)ビッグマックより一回り大きいくらいでしょうか。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


開けた瞬間は、思わずドキっとしてしまいましたが

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


あ、周りは砂糖か。

ビックリした。

実は、私は「まぶしてある砂糖」がヒジョーにニガテでございまして

それが理由でドーナッツも食べられないのですが

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


落とすのももったいないしなー。

ブラックコーヒーがお伴にあれば大丈夫であろう。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


なんか、非常に豆豆しい。

では、珈琲も淹れましたので


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


いただきます。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


どっひゃー。


宇都宮に帰ってまでも叫んでしまった。

なんという、和的で穏やかなシュトレーンでありましょう。

過去に食べたのは、スパイスバリバリ系だったけど

これはとっても穏やか。

たとえて言うなら、しんしんと降り積もる雪の如くー。

で、コーヒーを飲むと、コーヒーの風味をぶわわわわわーと豊かにするのです。

なんじゃー、このシュトーレンはああああ。


さらに、私が大のニガテな「まぶしてある砂糖」まで美味しいっ。

ああ、落とさないで良かった。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


日本茶をお伴にもしてみましたが、これは、お茶の方が

「シュトーレンの味を豊かにしに行ってきまーす」

という感じで、これまた面白い。


一週間保存できるんだよなー。


わーい、一週間楽しめる。


と思ったら3日で無くなりました。


うううう、たま木亭さんと今井食堂 さんとマルク・パージュ さん目当てに

毎月深夜バスで京都に通ってしまいそうだ。


さて、年内の「県外の旅」記事はこれでお終いです。

余談・雑談を二件挟んだ後

今年の残りは、全て栃木県内の記事となります。

★★★お店情報★★★

たま木亭

京都府宇治市五ケ庄平野57-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★訪問記録★★★
一回目
二回目
三回目 (この記事)

前編からの続き です。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


このままずっと見つめ合っていたいけど、ラーメン伸びちゃう。

(アイスは溶けてしまう)

早く食べねば。ああジレンマ。


さて、スガキヤといえば、アイデンティティーの

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


このフォーク兼スプーン。

いっやー、懐かしいなー。

給食の先割れスプーンよりもこっちの方が私は懐かしいぞ。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ではいただきます。

ずずず。

……

………(←「巨人の星」の目の幅涙状態)


うわーん、なつかしいい、この味、この味だよぉ。

なんかというか「可愛い」味。


実は、宇都宮の個人のラーメン店で(人気店)、スガキヤに味が似ているお店があって

よく通ってるんだけど、通う理由を書くと怒られそうなので、

記事にはしていないのであった。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


一方で、麺の記憶って無いんだよね。

いただきます。ずずず。

柔らかい細麺。

うん。こんな感じだったかな。


そして、この青ネギ!

小さい頃、ネギ大嫌いで食べられなかったんだけど、

スガキヤは名古屋だからか青ネギで、このネギだけは食べられたんだ。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県



滅多に食べられなかったからか、お肉の記憶も無い。

もっと、薄いペラペラ肉というか、カップラーメンの謎肉とは言わないけど、

もちょっと、ジャンキーだった気がする。


そして、多分、幼少のみぎりはセットにはしなかったからであろうか

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


かやくご飯の記憶は全くもって無い。

デビューかな。

いただきまーす。ぱくぱく。

うん、穏やか系の味かな。

そして、これは非常に懐かしい

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


チョコサンデー!(正式にはチョコクリームと言うらしい)

懐かしいなぁぁ、当時にはセレブの象徴だったよ、私には。

あれ?

確か、当時はポッキーが二本刺さってたような気がするんだけど。

ヘイ、メニュー!


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


うん、刺さってるよなー。

あ、セットメニューにするとポッキーが無い。

なるほど、幼少のみぎりは、ラーメンかチョコクリームかで、セットにすることは

まず無かったからなのか。

我ながらセコいこと言ってるなーとは思うのですが。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


では、懐かしのチョコサンデーいただきまーす。

ああ、このジャンキーな甘さが、遠い日の思い出…


幸せ気分のまま、帰りの近江鉄道に乗ると

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


なんか激しい広告。(私には嬉しい柄)


あ、さっきの広告代が復興支援費になるとゆ ー、


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ほほえみ号の後ろ姿がもしやコレなのか。

(違かったらすんません)

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


歴女の友人が喜びそうだなーと眺めつつ

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


戻ってきましたのは、近江八幡駅。

目の前のイオンにもスガキヤ入ってます。

(ホントはここのスガキヤに入るつもりだった)


滋賀県民を羨ましく思いつつ、滋賀の記事はこれでお終い。

次回の記事で、年内の「旅」の記事は終わりです。


★★★お店情報★★★

スガキヤ八日市アピア店

滋賀県東近江市八日市市浜野町3-1 ショッピングプラザ・アピア 1F
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ