1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

June 2012

塩麹ブームなんですよー。

と言われても

「へー」

というリアクションだったんです(塩麹がよく分からん)

麹と塩があれば作れるということなので

作ってみよーかなーとは思ったのですが、たいていそういう場合は自分の傾向として


1.材料を大量に買う(こういう材料は小ポーションで売ってないのである)

2.大量にできる

3.製作失敗 → 終了のお知らせ(マスタードがこのパターン)


さもなくば


3.大量にできすぎて、消費しきれない → 終了のお知らせ


はたまた


3.大量にできすぎて、飽きる → 終了のお知らせ


なのでした。


既製品を買うにしても

1.好みじゃなかった → 終了のお知らせ

2.好みのあまり連食して飽きる → 終了のお知らせ


いずれにせよ、終了のお知らせなのであった。

なもんで、塩麹には手を出さなかったのですが、ある日のこと。

閉店間近の某産直に入ったら、「塩麹と味噌の 大根のお漬物」

10切れくらい入って200円が、100円と半額になっていたのでした。

200円じゃ高いっと思ったのですが、100円ならいいかーと思って買ったら

これが、うーまーいー。

ポリポリとあっという間に10枚食べてしまった。

次の日、喜びいさんで行ったらその姿はなく、

高さのあまり誰も買わなかったのか、その後姿を見かけることはなかったのでした。

無いなら…

自分で作っちゃるー。

塩麹を作るのはめんどいので、塩麹は買ってこよう。

でもどこで買おうかなぁ。

話は変わって、某スーパーで売っていた矢板のお味噌メーカー小野崎糀店 さんの

お味噌がリーズナボ(一袋600円)で、めさんこウマく、毎日味噌汁作って飲んでました。

で、味噌汁をすすりながら思い出したのが

確か、前に、道の駅やいた 小野崎糀店 さんの塩麹売ってたー。

麹屋さんの塩麹なら、ウマいんではなかろうか。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


というワケで、来てみたのです。

えーと、確か物販コーナーの冷蔵庫に入ってたな。

あ、みっけー。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


1パック購入。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


材料も、矢板産のお米に、米麹、シママース(沖縄の塩)、お水、と、シンプルイズベスト。

お値段も420円でリーズナボ。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


塩麹ってじっくり見るの初めてなんだけど、



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県




液体成分が多いんだなぁ。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


お、つぶつぶ発見。

開けてみよう。

おっ

この香りは…!


思い出せない。


後日思い出しましたが、甘酒に似てますね。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


レシピも入ってたのですがー。

塩麹と味噌の漬物、のレシピが無い。

困った時のGoogle先生。

しかし、回答がいっぱいありすぎて分からん。

要は塩麹と味噌を1:1の割合であわせて、野菜つけ込めばいいらしい。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


やってみました。

にんじん、白菜、大根でやってみましたけど、

やっぱり大根うまし。

それも、3日くらい経ったやつが最高。

それを、みじんぎりにして納豆と合わせたのは無敵です。


これはハマった。

あれこれつけてみよう。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


プチトマト。

本来は皮剥いて漬けるそうなんだけど、めんどっちーのと、皮が好きなのでそのまんま。

塩麹のしょっぱさが、トマトの甘味を増幅して、うわー、これめさんこウマイ。


魚もやってみよう。

えーと、鯖にしょう。

なぜなら、私が帰る頃に、ちょうど某スーパーで生鯖が半額になっているんだ。

大さじ一杯くらいの塩麹をまぶして、一晩寝かせて、

次の日、オーブン(魚焼グリル故障中)で20分くらい焼いて、

レモン(栃木県産のでございます)を絞って


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


まぁ美味しそう。

って、コレ、うまいー。

うわー、料亭の味だっ。


ハマったあげく、これを1/2カットしまして


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


このくらいのサイズで、毎日お弁当に持っていっております。

残りの半分は(焼いた後)冷蔵庫で寝かせて翌日のお弁当ですが、

一晩寝かせた方が旨み成分増幅している気がします。

あれこれ魚を試しましたが、お弁当にする焼き魚としては、鯖がいちばん好みでした。

もちろん、お肉も美味しいです。やっぱり焼いた後、一晩寝かせた方が好みです。


実はこの記事は4月下旬に下書きしたものなのですが

この記事がタイマー公開される6月中旬現在においても

毎日、お弁当は塩麹レモン焼鯖&大根の味噌塩麹漬&プチトマト塩麹漬けです。

3ヶ月飽きずに食べてます。

塩麹も、3パック目に突入しました。

終了のお知らせはまだ聞こえてきません。


★★★お店情報★★★

小野崎糀店

矢板市下伊佐野31-1
※道の駅やいたで入手できます

丸の内外資系OLの友人と征く和歌山・熊野古道の旅も最終回。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


JR和歌山駅にまいりました。


友「ここから快速で新大阪まで行って、そこから「のぞみ」で帰ります」


ということは…

友人っ。最後のお土産ショッピングタイムだっ。


友「がってんだー」


実はたまたま偶然に、旅立つ前日に、ご実家が和歌山だという

N田様からメールを頂戴していたのです。


>そーいえば、いづれ和歌山にも来てくれるのかなてわけで、
>和歌山の寿司についてちょっとだけ。

>その1 駅弁
>JR新大阪駅から和歌山にむかう特急列車のなかで販売される
>「小鯛の雀寿司」、これは上手いです。
>関西の寿司のやや甘めの酢飯が苦手でなければ是非どうぞ。
>JR和歌山駅でも買えます。

>その2 なれずし
>目張り寿司なども昨今有名ですが、やはり本命はなれずしです。
>本来冬の油ののったサバでつくるのですが、昨今は冷凍技術プラス

>主に北欧から輸入される高品質のサバのおかげで年中OKです。
>早なれ、本なれなど発酵の度合いでいくつかの等級にわかれますが、
>お初のかたには早なれがおすすめ。
>わざわざ探すのもなんですから、行く先で目についたスーパーを
>覗いてみられてはどうでしょうか?たぶん売ってます


その他にも、今の時期の「甘夏」が宇都宮で食べるのとは

別物のように美味しいそうです。


なれずしについては、初日にいただきましたところです 。

甘夏についても、

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


初日に購入いたしましたところです

(重いので、ばら売り一個100円の)

実際のところ、柑橘類LOVERとしましては


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


でこぽんや、ハッサクや、清見ちゃんにも心惹かれたのですが


あえて甘夏にしましたのは、実は私、甘夏があまり得意ではないんですねー。

宇都宮で買って食べる甘夏が、どーも安いのを選ぶからか、スカスカ、

ゾンビのようなものに当たることが多くて。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県

そんなワケで、「本場で食べると違うに違いない」という思いこみで買ってみましたが

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


熊野古道のお昼ご飯の時に食べました。

いやー、ジューシー!全然ゾンビ状じゃないっ。

考えたら、数年前に某日本海側都市のスーパーで見かけた、栃木のイチゴは

ゾンビのようだったもんなー。


さて、和歌山駅に来たからには、オススメのお寿司…。

あれ、名前忘れちゃった、なんだっけ。

鯛と雀がどーしたこーしたとかいう名前だったな。

あ、キヨスクにお弁当売ってる。

売り子のオバちゃんにきいてみよう。


すみません、鯛と雀がどーしたこーしたってお弁当ありませんかっ。


「それはもしや、小鯛の雀寿司でしょうか」

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


やったねー。ビンゴ。

お値段は、千円くらいでした。(確か)。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


自宅に帰ってからの夕ご飯になったのですが

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


まー。

美味しそう。可愛いっ。

ところで、なんで雀寿司というのであろう。

この可愛い詰め合わせが、小雀が遊んでいるように見えるからであろうか。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ぷりぷりっとした表面も可愛いですね。

さて、さすがにお皿に移しましょうかね。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


こんなところで。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


もちろん、三切れだけじゃなくて全部食べました。

鯛が、むっちんむっちんぷりぷりで、ウマかったです。


N田様、ありがとうございました。


さて、今回の心残りは、猫好きの私が、タマ駅長のいる和歌山電鐵貴志川線貴志駅に

行けなかったこと。

さらに、その和歌山電鐵貴志川線に乗れなかったこと。

なので…


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


タマ駅長のストラップ500円を買っていきました。

駅長、いつかは会いに行くからねー。

あら、もう品川だ。終点の東京駅にもうすぐ。


友「私は都民なので、ここでさらば」


さいならー。(あっさり)



というワケで、明日からはまた、地元の日々となります。

丸の内外資系OLの友人と征く和歌山・熊野古道の旅も

そろそろ終わりの声が聞こえてまいりました。


高野山からの下りから、和歌山市までは私が運転をうけもちまして



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


城LOVEの友人のつきあいで和歌山城にも行き

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


和歌山市内を見下ろしたところで…

友人、ランチタイムだね。

和歌山最後の食事だわ。


最後は名物「和歌山ラーメン」で〆ようと

前日の夜にパソコンで一生懸命調べ(宿坊で何をやってるんだ私は)

その中から、和歌山城近くにある


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


麺屋ひしお さんを選びましたー。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


こちらは醤油発祥の地と言われる「湯浅」の醤油を使ったラーメンが


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


あれこれ食べられるのだそうですー。


友「私は普通の醤油ラーメンでいいや。600円ね。

  二人だから、サイドメニュー一つつけよう。

  天使の羽根ギョーザにしようか。350円だって」


えーと、私はぁ。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


これがいいー。

生一本醤油ラーメンだって。


しかし問題は…


友「トッピングに肉が入ってるか?」


違うよっ。

読み方が分からないんだよっ。

なまいっぽんか、きいっぽんか。


悩んだあげく…


「あれください」とポスターを指さしたチキンハートなわたくしでございました。


友「トッピングしないの?アレコレあるよ」


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


生卵!?

和歌山ラーメンは生卵トッピングなのかっ。

私は汁物に生卵が入るのが耐えられないのでパス。


友「じゃ、ご飯つけたら?」

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


私は、炭水化物×炭水化物はしないのでパス。

でも、ご当地仕様が面白いねぇ。ばら寿司に、湯浅おかかご飯だって。


「醤油ラーメンお待たせしましたー」

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


友「私のー。…アッサリしてんのかと思って頼んだけど、濃そうだねぇ

  いや、実は食べると意外にアッサリなんだろうか」


一口ちょうだい。

むっ、これは濃いっ。漢仕様だっ。


友「醤油味も濃いし、スープも濃厚だね」



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


こちらが私の生一本醤油ラーメン。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


まぁ、見た感じアッサリだけど…

いざ食べたら濃いんかな。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


いただきまーす。

きゃー、美味しーっ 意外にアッサリー。

醤油の美味しいコクがたまりませんー。

これは好み、非常に好み。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


麺はもちーりした感じ。

そして、チャーシューが美味しいーっっ。

この分厚さ、噛みごたえ。

うーん、近くにあったら絶対通うな、このお店。


「天使の羽根餃子おまたせしましたー」


????


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


まぁ、紙でフタがしてある…


友「フタじゃないよ、羽根だよっ」

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


まぁ、お煎餅みたい。


友「餃子だけ食べないで、ちゃんと羽根食べなさいよね」


ふぇーい。

ぱりぱり…

…味がしないかと思いきや、ほのかなしょっぱさが…

ぱりぱり…

ぱりぱり…


友「羽根ばっかり食べないでよね」


いや、クセになるね、コレ。




1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県



餃子本体よりも羽根の方が気に入ったかもしれない。


完食ー。

ごちそうさまでした。


さて、次回で最終回。


★★★お店情報★★★

麺屋ひしお

和歌山県和歌山市卜半町45
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ