1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

March 2014

こういう理由

三浦国際市民マラソン大会10キロの部にエントリーしました

丸の内外資系OLの友人とわたくし。


会場に一番近いマホロバマインズ三浦に泊まり、

当日の朝を迎えました。

マラソン大会の朝ごはんはきっちり食べねばなりませぬ。

普段は好まないビュッフェスタイルですが

こういう時はいろいろ調整が効くので便利。


友人、行くよーっ。


友「よっしゃー」




向こうが友人、手前が私です。


友「とろろご飯があった。うれしー」




こちらが私。

炭水化物多めのおかずをセレクト、足つり予防にバナナ。




麦ごはんがありましたので(珍しいですね)それをどんぶり一杯。

にゅうめんがありましたので、お味噌汁替わりにそれ。


友「今日のお天気どうなのかなぁ。

   せっかく海岸沿い走るんだもんね」


そうだよね。海岸と言えば

輝く太陽

青い海

白い砂浜…





…は、どこー。


友「寒いよー!雨降ってるよー。風もすごいよぉぉぉ」


雹よりマシだよ。あっはっは(←トラウマ になっている)


友「ダメだ、私は5キロくらい走ったらリタイアする」


いっつもそんなこと言って、私より速いタイムでゴールしてんじゃないか。


…で、スタート。


10キロの7分後にハーフコースのスタートがあったのですが

あっと言う間に抜かれていきました。


今回はアップダウン激しいし、制限時間(70分)に間に合いそうにないし


ま、テキトーでいいや。


という、気が抜けた状態が良かったのか

隣のコースを走るハーフコースのトップランナーの速さにつられたのか

中止になっちゃった青梅マラソン用に蓄積していた体力があったのか

ホッキ貝 祭りをしたのでタウリン効果か

昨日の夜の炭水化物祭りが効いたのか

今朝の麦ごはんが効いたのか


ヒジョーに…


走っていて気持ちいい!


これは…これは…イケるかもしれない…

4~5キロの殺人的な上り坂もなんのその、

6キロを過ぎても、まだまだ気持ちいい。


Yes, I'm Flying


9キロ過ぎてもまだ気持ちいい。

あと1キロ。

ああ、ゴールが見えてきた。

ゴールテープがある!

まさか、私のために…

…と、思った脇を、ハーフコースのトップランナーがゴールインしていきました。




わーい、完走証。

気分の高揚に反して、タイムはフツーでした。

なんだったんだ。まぁいいけど。


友「お疲れ~」


あれ、何キロまで走ったの。


友「ゴールしたよ」


タイムは?


友「んー。60分くらい」


速いんだっつーの。


友「あんたに負けるまじと、それだけがモチベーションだもん」


私のモチベーションは、ゴール後のランナーズサービスです。

友人、食べに行くぞっ。


友「おー」




三浦大根のスープ煮。

これ、柔らかくて味が染みてめちゃくちゃ美味しい。


友「うっうっ。美味しいよぉぉ。走ってよかったよぉぉ」


あれ、ビール飲むんじゃなかったの。


友「この寒いのに飲んでらんないわよ!?

  熱燗、熱燗飲みたい」


さすがに熱燗はないけど



昨日の夜研究した、食べ物ブースがあそこにあるよ。

ハーフのランナーがゴールして混雑する前に

食べておこ。


友「あ、山形名物玉こんにゃく!」


外資系なのに、ジャパネスクな食べ物が大好きな友人であった。




あ、茨城のかすみがうらマラソンのブースだ。

名物のレンコンがある。


レンコンフライ。

美味しいー。


友「熱いの何か飲みたいよぉぉ」


静岡の大井川マラソンブースで、名物のお茶配ってるよ



ああ、身体に染みる。美味しい。


友「甲州名物ほうとうだって。思いだすわねぇ。あのキョーレツな坂の、ぶどうの丘マラソン …」


あの会場の笛吹市、例の雪害で大変らしいよ。ぶどうも被害甚大だって。


友「あら、じゃあ、復興支援で再度大会に出ないと」


更衣室の帰り道の途中にある酒屋さんで



甘酒のサービスがありました。

ううう、美味しい。身体に染み入る。

友人も飲みなよ。


友「わたし甘酒苦手なのよね」


走った後の甘酒のウマさは尋常じゃないです。


友「じゃ、一口。わぉ確かに美味しく感じる」


このまま打ち上げに突入します。

続く。

こういう理由

三浦国際市民マラソン大会10キロの部にエントリーしました

丸の内外資系OLの友人とわたくし。


多忙の友人が駅に着いたのが18時ごろ。

出迎えた友情あふれる私。

やっほー。お疲れー。


友「あああ、ビール飲みたい。マグロ食べたい」


いろいろお疲れなのだね。

ではホテルに行かないで、このままマグロ食べにいこう。


駅のすぐ近くにある、回転寿司の





海鮮 さんに来てみました。

友人、ここはマグロのお寿司がヴァリエーション豊富で

さらに回転寿司だから、リーズナボなんだってさ。


友「とりあえず私はビール飲む。

  すみまーせん、生中ひとつ」


私はお茶でいいや。


友「つまんないわね」


いや、明日万が一にでも足つるのが怖くてさ。




友人、良かったね!ウワサ通り、マグロのお寿司がいっぱいだよ!


友「砂ずりって何」


砂肝?






何にしようかなぁ。

種類が多くてなんかワケわかんないや。


友「あれにしようよ。マグロ満開セット2100円」


2で割れば1050円だもんね!




きたー。

(回ってるのではなくてオーダーメイドです。いちおー念のため)



わー。すごーい。


友「これ全部マグロなんでしょ?どこの部位だか全然わかんないね」




これは赤身。


友「見ればわかるよ」



えーと、この軍艦はマグロのワタかな。

白いのはわかんない。


友「全部美味しいからもうなんでもいいや。

  って、つまみー!つまみが欲しい」



はい、メニューどんぞ。


友「まぐろのカブト煮がいいけど…デカいかなぁ。

  量的にはそれほど食べたいワケでは無いんだよね」


315円でしょ?

小鉢サイズだよ。


…とオーダーしたら


どんぶりサイズで来ました。


うひょー。

これは、東京の人が栃木に蕎麦を食べに来て、

天ぷらの盛りに驚くという、あのシチュエーションに似ている(かもしれない)。


友「栃木は全般的に量多いよ」


あ、そうなの?




友「目玉は私がもらう。コラーゲンコラーゲン」


ちっ(←狙っていた)。




じゃあ、私は煮凝りのあたり食べるかな。

いやー。すごい量。


友「私は飲んでるから、あんたは好きなの頼んでいいよ」


そうだね、割り勘だもんね!(←せこい)。


青魚食べないといられない身体になってしまいましたので





真あじ210円。



身が厚い!



地さば210円。

うっ。身がしっかりしていて美味しい。


魚定食の日々でサワラ開眼 したので、





サワラ315円。


ああ、おサカナ美味しいところっていいよねー。


友「そういや今更だけど、あんた夜は炭水化物食べないんじゃなかったっけ」


マラソン大会の前夜だけはリミッター解除。


友「そういやスイカマラソンで大失敗 したんだっけ」  


これで、二人で3800円くらい。

ひとりあたり1900円か。

凄いねぇ。


友「このために、また三崎海岸まで来てもいい」



で、ホテルに行ってお部屋にご案内しまして



友「この広い部屋で何をしろというのよ」


同じ感想を。

せっかくだし、明日のレースの作戦会議を練ろう。


資料はこれっ。





いろいろ食べ物ブースが出るんだってさ。

参加者多いから、行列になる前に欲しいものはゲットしないと。


友「まずはビールからよね」


そう。順位にもタイムにも縁のないランナーは

これが一番の重要事項なのでした。


続く。


★★★お店情報★★★
海鮮
神奈川県三浦市南下浦町上宮田3372-18

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

神奈川の海と言えば。

江ノ島もそうですけど

三浦海岸もそうですね。


三浦海岸と言えばー



マグロっ。


丸の内外資系OLの友人、三浦国際市民マラソン大会出ようよー。

三浦海岸沿いがコースだから、気持ち良いらしいよ。

10キロでいいからさー。


友「参加賞がマグロなの?」


いや、大根。


友「大根のために、なんで10キロ走んなきゃなんないのよ」


三浦大根は高いんだよ!大きいサイズで一本500円くらいするんだよっ。


友「出るわよ」


わーい。走る前と後にマグロ祭りしよう。


友「ただ私、用事があるので、前日行くのは夜になるよ」


では私は…




先に行って探索してます。

ということで、滅多に乗ったことのない京急で

三浦海岸駅まで来ました。

意外に近かったですね。




あら、もう桜咲いてるんだ。




河津桜だっけか。

きれいだなー。


「いらっしゃーい」


まぁ。

マラソン大会があるからか、はたまた桜祭りだからか

食べ物ブースがいっぱい。




まあああっ。

なんて美味しそう。


肉まん?


マグロのトロを使った「とろまん」でした。

ご当地中華まん!

もらいますもらいます。


「250円ね」


わーい。




ううっ。ホカホカでおいしそう。



花より団子ならぬ

花とまんじゅう(少女漫画雑誌のタイトルのような)。




いただきまーす。

わぉ。肉まんよりあっさりしている感じ。


美味しいです。もぐもぐ。


さて、先に宿泊先に行ってるか。

駅から歩いて5~10分ほどの場所にある




マホロバマインズ三浦 さん。




マラソン宿泊客プラン(1泊2食つき)を選ぶとちょっちお高めなので

朝食のみのプランにしました。

そうすると、ビジネスホテル並みのお値段だったので

特に過大なる期待はしてなかったのですが



うわっ。

広いっ。

この空間で何をすればいいんだ。


続く。

↑このページのトップへ