1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

March 2014

なんちゃら何丁目、という無機質な地名ではなくて



「江戸町」が由来(らしい)の情緒あふれる地名「江野町」にあります…



スモーキー さんは、口コミで「ナポリタン美味しい」「アイス珈琲もGOOD」と

教えていただいたお店です。

なのに、行っても行っても行っても行っても


日替わり定食にナポリタンが出てこない。

落ち込んでいる暇はない、自分。

光陰矢のごとく昼休みは過ぎていく。

3月のテーマはカキフライですので…

カキフライ定食お願いしますっ。

いちばん高い900円。




こちらーっ。



ラブリーサイズのカキフライは4粒。

私の定番、レモンとウスターソースで…



いただきまーす。


衣はカリカリ、身はしっとり。




ヘルシーな小鉢軍団が脇をサポート。

しかしやはり、フライは油が気になるので



ウーロン茶でボー。


私がナポリタンとアイスコーヒーを食べられる日はいつ。




★★★お店情報★★★

定食&珈琲スモーキー

栃木県宇都宮市江野町3-5

営業時間 12:00くらい~終了時間不明

定休日 水曜日

★★★訪問記録★★★
一回目
二回目 (この記事)


3月の前半の栃木県内旅テーマはカキフライです。


前述しました ように11月のテーマの「海鮮丼」の時に、

実は一緒にカキフライもこなしておりまして

前々から行ってみたかった…


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県

お食事処うおえい さんに行った時も

もちろん頼もうと思ってました。


理由その1 カキフライで有名なのを小耳にはさんでいた

理由その2 近くの森林公園で1時間半のLSD を行い、準備万端であった。


お値段が1150円。


うーむ。

単品で千円超か。

まぁ、いいか、たまには。

カキフライ単品でくださいませ。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県



その前に、三食丼を食べます。

御馳走様でした。

カキフライ、プリーズですっ(←カウンターの上にスペースが無かった)。



きたー。

まるまるっとした、でっかいカキフライが実に…


5粒っ。




いやー、ほんと大きい。

野球ボールくらいありそうな勢い。



あら、タルタルも。

カキフライはレモン+ソース派だけど

一個くらいはタルタルでいこうかな。

なんせ5粒もあるのでいろいろ味を変えつついかないと。


いただきまーす。


あれっ。


なんと~。

1つのフライの中に2~3粒の「まとめ揚げ」

ジューシーさも美味しさも、二倍二倍。(←高見山の丸八真綿のノリで 古い)


ああなんという満足感。

走って良かった。



★★★お店情報★★★

お食事処うおえい

宇都宮市田下町815-7

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★訪問記録★★★
1回目の1
1回目の2(この記事)

3月のテーマはカキフライです。


カキフライ…どっか行ったことないお店でカキフライ食べてみたい。


あ。


そういえば、二荒山神社の前に…



いつも美味しそうな看板が出ていて、さらに


カキフライで千円ジャストのお店があった。そこに行ってみよう。

五階か。

ぽちっとな(←エレベーターのボタン)。


そのお店の名はOSTERIA Bevi さんでした。

外に出ていたメニューを見ていた限り、こってり系が多いのかなーと思ってたのですが



ヘルシーランチもあるんだ。

婦女子な感じでいいですね!

で、カキフライください。


きたー。



中ほどのサイズのカキフライが4粒。

周りの野菜がおしゃれさん。


ソースと、サワークリーム(?)はすでにかかってました。

レモンがあるのはうれしい。



ではいただきまーす。


おっ。衣がソースを吸って濃厚だ。


んでもって、




カキフライの周囲に野菜いっぱい添えてあるのは非常に嬉しい。

しかし逆サイドから考えると、衣が野菜の水分吸ってしまっているのが、ちょっち残念。




ご飯が雑穀米だったのは、ヘルシーで嬉しゅうございました。

スープがかなり酸味があって、キャラ立ちのスープでした。


「ドリンクつきますが、何にしますか」



それはもう…




ウーロン茶一択で。


さて、ここからはナイスな眺望なんだそうですよ。





ナイス!



★★★お店情報★★★

OSTERIA Bevi

宇都宮市馬場通り2-3-6
真清館ビル5F

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
一回目 (この記事)
二回目

↑このページのトップへ