1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

September 2014

こういう理由 で、9月後半のテーマは、

今年の夏、怒涛のようにハマった、ジモティー乾麺うどん&タイカレー缶です。


5回目の今回は、あぜみち さんで見かけました。市貝町の




爽菜農園 さんの、くろうどんです。

250グラム320円。




茹で時間は10~12分。

11分茹でて、1分蒸らしてみようか。


なかなか迫力のあるルックス。


話は変わりますが、皆様、メンツユを何で割ってうどん食べますか。

水がフツーかなと思うのですが

私はピクルス液とか、大根のおろし汁とかで割ります。

なかなか美味しいですよ。異論は認めます。


あと、よくやるのが


おつとめ品(割れとか)のトマトを大量購入してきて

ジューサーでつぶして、鍋で煮詰めて

冷やしたものを、メンツユで割って

うどんつけて食べます。


トマトといえば、おつとめ品の中で、おつとめしすぎて

腐っちゃったのがあるので、堆肥がわりに庭に埋めたら

知らん間に芽が出て




なんか繁殖してまして(ジャングルと化している庭)


収穫まで行ったのでした。

いやー、すごいですね、生命の神秘。

もぎって食べて、いちばんビックリしたのは

産毛がトマトに生えていることでした。


…と、余談をしてるうちに12分経ちました。


あ、あぜみちさんと言えば


この、でっかいソーセージ愛用してます。


せっかくなので、これも使おう。

トマトソース割りメンツユと、庭のトマトと、ソーセージの輪切り添えて

ついでに、大葉摘んできて




こんな感じです。

いただきまーす。


ぐわしっ。


とした感じの、非常に頼りがいのある食感です。

もー、何でも受け止めてくれる、頼りがいのあるタフガイ。


これはもー、カレーもガッシリ系で行くしかあるまい。

毎度、近所のスーパーで




カレー用のラム肉買ってきて、包丁でたたくっ


粗びきひき肉のできあがりー。

で、




赤缶がいいかな。

だけど辛いので、トマトソースの残りを入れまして、メンツユもちょっと

入れて煮詰めて

翌日まで寝かせて、またしても大葉摘んできて


こんな感じ。


赤と緑の対比に



粗びきお肉が萌ゆる。


いただきまーす。

おおっ。

ガッシリ×ガッシリで、ベストマッチ。


まんぞくー。


続く。



★★★お店情報★★★

爽菜農園

栃木県芳賀郡市貝町田野辺392

こういう理由 で、9月後半のテーマは、今年の夏、怒涛のようにハマった、ジモティー乾麺うどん&タイカレー缶です。


4回目の今回は、道の駅 東山道 伊王野 で見つけました…






豊原鈴木製麺所さんの水車うどん310円。

なんと、480グラム入りという怒涛の量。




茹で時間も長い!

15分~20分。

時間幅も長い!

5分あれば、細い麺ならゆであがってしまう。


んー。

どうせ冷やしで食べるから、長めにゆでた方がいいか。

18分茹でて、2分蒸らしてみましょう。




見た感じ、そんなに太くないのになぁ。


さて、茹で時間が長い乾麺は

・ぷにぷに度

・むっちり度

が、非常に高くなる傾向がみられます。

ちょっと期待。


まずは、カレー抜きで冷やしかぁ。

何か冷蔵庫にあるかなぁ。

ああ、玉ねぎのマリネの残りがあるから、それを漬け汁ごとメンツユで割って

イベリコ豚しゃぶ 乗っけて庭から大葉摘んできて




こんな感じ。


まぁ、やっぱり、ぷにぷに&むっちり した食感で美味しいっ。





うーん、赤缶行ってみようかな。

具は牛がいいかも。

でも、カレーがちょっと油っぽいので


赤身の多い外国牛でいきましょう。


玉ねぎと炒めて

毎度、庭に行って大葉ちぎってきて



こんな感じで。


ぷにぷにむちむちした麺が


がっしり系の赤&牛カレーを受け止めて

なかなか良いコンビネーションでした。


480グラムもあるので、もう一回行けるかな。

今度はシーフードで行ってみましょう。

近所のスーパーで、シーフードミックスが50円引きになってましたので

それ使って、緑缶で




シーフードグリーンカレーうどん。





ヒジョーに辛いグリーン缶を、ぷにぷにっと受け止めて

これも良いコンビネーションでした。



まんぞくー。


続く。


★★★お店情報★★★
豊原鈴木製麺所

栃木県那須郡那須町大字豊原甲3095

こういう理由 で、9月後半のテーマは、

今年の夏、怒涛のようにハマった、ジモティー乾麺うどん&タイカレー缶です。


ところで、ジモティー乾麺はどこで探すかというと

ジモティースーパーとか

道の駅とか

ジモティー直売所だと

遭遇率高しです。


三回目となる今回は、大田原の

きらり佐久山農産物直売所 で見つけました




古谷農産 さんの、与一うどん325円。

無農薬、無化学肥料で育てた小麦粉だそうです。





茹で時間は、8~10分…

9分茹でて、1分蒸らすか。

(蒸らすと、うどんが「ふわ」っとなるそうな)。



色も濃ゆい。

結構ガッシリ系かな。

ガッシリ系の具を用意するか。

で、蒸らし終えて、フタを開けた瞬間に


うわっ


…と、小麦の香りが充満しました。


まずは半量を、普通に冷やしで食べて、様子を見よう。

でも、具はガッシリ系がいいかな。



こんな感じで。

豚冷しゃぶサラダうどん




上にのる豚しゃぶは、先日のイベリコ豚 です。

大葉は庭に生えてるもの、トマトは実家の家庭菜園のを奪ってきたもの

頂点のかぼすは、スーパーのお勤め品コーナーで2個で50円だったもの

キノコは1袋100円のしめじなので

原材料費としては、300~400円くらいですかね。




それでは、メンツユかけて混ぜ混ぜしまして



いただきまーす。


がっしりしてるけど、つるんと艶めかしい麺。


筋肉質のセクシー女優的な(表現難しい)。




これはー、ガッシリ系のカレーがいいかなー。




赤缶使って、お肉は牛肉にしようかな。


…と思ったのですが、赤缶はすでに食べきってしまっていて、

冷蔵庫に牛肉は無くラム肉があったので、包丁でたたいてひき肉にしまして

庭から大葉ちぎってきて



ラムのひき肉カレー冷やしうどん。




ちょこっとメンツユかけまして




いただきまーす。


おお、黄色缶は甘いですね。

私には黄色缶がいちばんいいです。


そして、この麺がラム肉のワイルドさも、黄色缶の甘さも

ガッシリ受け止め、非常に美味しかったです。


まる。


続く。


★★★お店情報★★★

古谷農産

栃木県大田原市加治屋94

↑このページのトップへ