1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

February 2015

2月前半の栃木県内食べ歩きテーマは「焼き鳥」です。


街中をあらためて歩きますと

長年のお店が気がつけば無くなっていて

新しいお店がいろいろできて

中島みゆき御大の「時代」が

まわるーまーわーるーよ と頭の中でまわり

なんとなく物憂げになるのですが



まぁ、新しいお店が。

鶏吉 さんですって。

鶏料理のお店かな。




ランチがある。

アンダー千円。

リーズナボ。


焼き鳥もある!




今日のお昼は焼き鳥丼で決まりー。

お邪魔しまーす。焼き鳥丼定食ください。


中は非常にラブリーな規模。

カウンターのすみっこに座りました。(すみっこLOVE)。




きたー。


お椀は…



あ、やっぱりお味噌汁。

お味噌汁、それはお昼の喜び…。




具だくさんのあまり沈澱してましたが

大根と豆腐でした。

おいしー。



では、丼に行きましょう。

何から食べよっかなー。

やっぱりつくねかなー。


温玉ついてるし、つくねだし、



やっぱりこうやって食べたい。


タレは甘めですが、それがごはんを加速させる。




お焦げの香ばしさ、タレの甘さ

なんとも言えない、幸せなお昼のひとときでございました。


★★★お店情報★★★

鶏吉

栃木県宇都宮市二荒町9-14

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

2月前半の栃木県内食べ歩きテーマは「焼き鳥」です。

2軒目は、鹿沼にある焼き鳥屋さんで前々から行きたかったけど

夜、鹿沼に行くのはなかなか厳しいなーと物憂げな気持ちになっていた




やきとりの店 枝 さんが、ランチを始めた(と聞いてからしばらく経過)

ので行ってみました。




しかもアンダー千円。

やったね。

値上げ後の価格なのかは不明。


これはやっぱり焼き鳥定食850円だよねっ。

…と、周囲の動向を探っていたら

単品で追加オーダーしている人が結構いる。


枝さんと言えば、前々から食べてみたいものがありました。

それは…



この、1本300円の「だるま焼き」


合計1150円で、ちょっと予算オーバーしますが



それでお願いしますっ。

焼き鳥定食は、ネギ間・かしわ・皮・かしら・豚バラ・つくねから

3種類選べますが



かしら、つくね、ネギ間にしてみました。


まずは、つくね。

カリカリして美味しい。


一瞬レバーに見えましたが、かしら。

噛みごたえあって美味しいです。


ネギ間。

ネギがカリカリねっとりで美味しい。


そして、食べてみたかった「だるま」

ひき肉つめてあるそうですが

しっかり火は通ってるのに

トマトフレッシュ。

どうやってるんだろう。




味噌汁も、具だくさんで、わんだほでした。

乾燥ワカメが泳いでいるだけの味噌汁は哀しい。


おしんこや、厚焼き玉子といった小鉢群もうれしく。



〆のコーヒーでボーもできて

さらに幸せな気持ちになったのでした。


★★★お店情報★★★

やきとりの店 枝

鹿沼市中田町1354-1

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

今年は島旅をしようと決めたものの

勤め人である身では、そーそーお気楽に島には行けなかった。


そういえば、よく考えてみれば


 と  は漢字が似ている。


という理由で2月のテーマは「焼き鳥」にしました。

我ながら行き当たりばったりの人生です。


焼き鳥は大好きなんだけど、

なぜか物憂げな気持ちになってしまう。

なぜ。どうして。Why。

…(遠い記憶を探る)。


あ。あれだ。


高校時代、街中を通って駅に向かって帰宅したのですが




石町通りにある「そのお店」は、帰宅部の私が部活にいそしんで帰る頃

いつも店頭で、美味しそうな焼き鳥を販売していました。

でも、お財布の関係で買えなかったのです。

とてもおいしそうで、食べたかったのに、食べられなかった。



だからだ。



大人になった今ならば、食べられる。

あのお店に行こう。

が、あらためて営業時間を調べたら

夕方の、すんごい限られた時間だけ店頭販売されている




大塚七三商店 さんです。


御主人が店頭で焼き、奥様に注文します。

一定量を焼いて、それを売り切ったら終了らしいので

とりあえず、目の前で焼いているものを一本ずつ買いました。




ああ、高校生の時の夢が今かなった。


「かなったよー」


と、時空を越えて教えてあげたい。

あの頃の自分が時空を越えて聞いていたのかは記憶にない。


でも、遠い未来の自分が、今の自分に

「仕事やめた今、好きなように島旅してるよー、願い叶ったよー」と

言っているのが聞こえる気がする(思い込み)。




高校時代の夢がこちら。



5串で840円の、ささやかな夢。



まずは、大好物の軟骨から。

いただきまーす。


ああ、こりこりと美味しい。



こちらも




こちらも、どちらもツクネだと思うのですが

四角い方はハンバーグテイスト、丸い方はコリコリが入ったつくねでした。




これは…モモかムネか。

ムネかな。

全然別のところかもしれない。


柔らかくて美味しいーっ。



ネギ間。




ネギの焼き加減がぜつみょー。


そして、何よりも私の心を直撃したのは



このレバー。




ベリーレアなのですが、

口の中で旨みがぷっちんと弾けました。


幸せでした。


後日、実家に行きましたら、母が想い出話してて


「OL時代、帰り道にあったお肉屋さんの揚げ物が美味しそうでねー。

食べたかったけど、食べられなかったのよ(お財布的な意味らしい)。

今でも、揚げ物見ると、あの時の気持ちがよみがえる」


なんとなく遺伝を感じる。


★★★お店情報★★★

大塚七三商店

宇都宮市一番町3-15

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください





↑このページのトップへ