1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

May 2015



月末までは、去年から今年までのいちごパフェ流れ旅の中で

食べたモノのご紹介。

題して「いちごパフェこぼれ旅」…でしたが、これで最終回です。


ラストは、東京の





フレンチ・ビストロ根津あんくる さんに行った時のこと。




あまおうパフェは、もちろんこれ目当てに行ったので食べますけども


あまおうのショートケーキが気になっておりました。


本当は、というか当初の予定では、つくば在住の大学時代の友人と

一緒に来るはずだったんだよな。


そうだ、友人の分も食べてあげることにしよう




このショートケーキセットを、つくばの空の下にいる友人に捧げます(勝手に)。

お値段は880円でした(たしか)。


ちょっと暗かったんで、キレイに出ていないのですが


生クリームにあまおうの果汁が使われているので

ピンク色のクリームなのですよ。

萌ゆる。


種つぶつぶも萌えまする。


それでは、いただきます。


私はケーキのスポンジは、あまりしっとりしすぎていないのが好きなのですが、


しっとり・ざっくり


した食感で、甘すぎなくてツボりました。

で、やっぱりあまおう旨い。


てなわけで、パフェとケーキを食べてしまったので






不忍池を通り、上野駅まで歩いていってカロリー消費に励んだのでした。


いちごパフェこぼれ旅はこれにて終了です。

再来年、きっとまたやるでしょう(二年分だから)。


明日からは6月なので、また新しいテーマで

栃木県内食べ歩き記事です。


★★★お店情報★★★★

フレンチ・ビストロ根津あんくる

東京都文京区根津2-36-12

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★★訪問記録★★★★
一回目の一
一回目の二  この記事


月末までは、去年から今年までのいちごパフェ流れ旅の中で

食べたモノのご紹介。

題して「いちごパフェこぼれ旅」。


って、明日で月末ですね。

一か月早いですね(遠い目)。


プレ最終回の今回は、埼玉県の




てんとう虫。 さんです。

もちろんいちごパフェ食べに行ったのですが

朝8時から営業されているので




モーニングがあるのです。


フルーツサンド、ヨーグルト、コーヒーで500円です。




いちごパフェが控えているのに

クリームが続いてしまうかなと思ったのですが


この信号機カラーのフルーツに萌え



でもって、生クリームが美味しい!


キウイ、オレンジ、イチゴの信号機カラーの果物も

酸味強い系だから、クリームとナイスコンビネーション。




ヨーグルトも美味しいっ。


コーヒーも美味しい!



もはや、空気も美味しいとかテーブルも美味しいとか言ってしまいそうな勢い。


幸せな500円モーニングでございました。


明日で最終回です。


★★★お店情報★★★★

てんとう虫。

埼玉県さいたま市北区植竹町1丁目594-14

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
一回目の一
一回目の二  この記事

月末までは、去年から今年までのいちごパフェ流れ旅の中で

食べたモノのご紹介。

題して「いちごパフェこぼれ旅」。



神奈川県横浜市の山手の





坂をひたすら上がって



喫茶エレーナ さんにいったのは

ただ苺パフェのためでなく






モーニングのためでもあったのでした。


お腹空いたああああああ。

宇都宮線(正式に言うならば東京上野ライン)に

朝食べずに3時間近く乗ってたんだもんなぁ。


なもんで、ガツン系のモーニングでいっちゃおうかなと思ったのですが

(チーズトーストとかベーコンとかフレンチトーストとか)





考えたら、いちごパフェ食べるんだった。

控えめなモーニングにしよう。

ブレンド530円に50円プラスして





モーニング。




トーストが厚い。

嬉しいっ。

やはりトーストは厚切り派。




しばし見惚れる、この…


バターの染み染み具合。


いただきまーす。

ああ、パフっとして、しっとりとして、至福。


それでは、コーヒーで



ボー。


やっぱり高台はいいですねー。

登るの大変だけど。


で、このあと丸の内外資系OLの友人と合流したので

「横浜の山手で道を訊かれた!ジモティーと思われた」

と、自慢したら


「そんな普段着&すっぴんで歩いてたら近所の人と思われるわっ」


と、一喝されました。



★★★★お店情報★★★★

喫茶エレーナ  

神奈川県横浜市中区山手町24

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★★訪問記録★★★★
一回目の一
一回目の二 この記事

↑このページのトップへ