1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

November 2015

実は、本当はマップを使うのではなく

「ポテサラで晩酌」

というテーマになる予定だったんです。


その理由は福島編 に書きましたが。


で、「ポテサラ~」と思いながら、夜の駅東口を歩いてましたら



やきとり もつ煮 鳥正 さんの前を通りかかりまして



18時まで角ハイボール1杯100円とありました。


今何時?


いちだいじー。


とか言ってる場合じゃないと、慌ててスマホをハンドバッグから

引っ張りだしましたら


17:58


ずどどどどと店内に入り、


すんません、まだ間に合いますか!?ハイボール100円。


「大丈夫ですよー」


あー、良かった。




ポテサラもあるではないですか。

430円。

良かった、合計530円。


そこにお通し代を考慮せねばならない。




お通しはキャベツでした。



290円でした。


キャベツポリポリ食べながら暗算。


100+290+430=


スマホの電卓機能使おう。

よしっ。820円。おっけー(←消費税を忘れている)。




ポテサラ来ました。



すごい、ポテサラ山の向こうに追いマヨが見える。




では、いただきまーす。


かなりマヨマヨしていて(男子仕様だろうか)

じゃがバターならぬ、じゃがマヨな感じで

さらにイモイモしく、玉ねぎ感もあり
ハムが嬉しく、


「ポテサラってある意味、ワンダーランドだよなー」


と思いながら、ハイボールをサッパリくいっと傾けるのでした。


で、ポテサラ+ワンドリンクでも千円超になる可能性が

非常に高いと思いましたので(お通し的な意味で)

ポテサラ晩酌ではなく、「よるのみや」マップがテーマとなったワケでした。


明日も番外編です。



★★★★お店情報★★★★

やきとり もつ煮 鳥正

宇都宮市東宿郷1-3-9
アーサビル1F

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください





こういう理由 で、夜の宇都宮の街中を

マップ片手に彷徨いましたが、これで最終回です。

ラストは






INDIGO85  さんです。

スシロールのお店で、お昼に一回行ったことがあります(一回目 記事)。

夜はちょっと敷居高そうだなーと思ってたのですが




マップに掲載されてましたので

せっかくだし、行ってみることにしました。


メニューは、「生中+野菜タップリ牛スジ煮込み」。

もうすっかり寒いので、煮込みは嬉しい。




まずは、生中。

いただきまーす。



美味すいっ。


なんか複雑に味が変化していく気がする。


今回、ひたすら生中を飲みましたが

生中にもいろいろありました。

サイズも、「これはどうみても大ジョッキ~小グラス」

味も、「これはもしや発泡酒」~「実はプレミアムが出てきたかー」レベルまで。


生中とは、度量衡では取らえられない世界の飲み物なのだろうか。




と、いろいろ考えてましたら、煮込みが来ました。


野菜タップリ牛スジ煮込みという話でしたが




すごい、一面の牛スジ。


マップ期限末期のころだったから、野菜が無くなってしまったのだろうか(んなバカな)。




ああ、ぷよぷよとした食感と

肉のウマさがたまりません。


でもって、煮込みの汁って、クセというか臭みが出て

汁まではちょっと飲めない場合があるのですが




これは非常に、美味しいっ。

上品なコンソメスープみたい。


このビールとこの煮込みで500円は

すんばらしーですよー。


敬意を表してもう一皿なんか食べていこう。




でも500円までね。


落花生はちょっと物足りなく

イカゲソではちょっとコッテリかな。




あ、真ガキがある!

400円だし、これにしよ。




こちらー。




いろいろ薬味もつきましたが、


私はレモンオンリーでまいります。


いただきまーす。


ちゅるりん。


一瞬の喜びだった。

でも、幸せな余韻。


ワカコ酒の主題歌のように、幸せな帰り路でございました。


結局のところ、11/2の期限までに行けたのは、

20軒中16軒でした。

うち、ハシゴ酒は3回です。


体質的に、ハシゴ酒は向いてないなーと思いました。

(二軒目でヘベレケ)




ボロボロになってしまったマップと共に

色んな想い出は心にしまいましょう。


きっと、このマップを見返すたびに

「♪しあわせーのー かえりみちー♪」と

ワカコ酒の主題歌 が脳裏を流れるんだ。


明日と明後日は、今回の番外編です。


★★★お店情報★★★

INDIGO85

宇都宮市江野町1-15

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★訪問記録★★★
一回目
二回目 (この記事)
三回目

 こういう理由 で、夜の宇都宮の街中を

マップ片手に北へ南へ。


十五軒目の今回は




串焼き しゅん さんに来てみました。


こちらも夜だけのお店です。

あまり来ることのない夜だけのお店を

あちこち行けたのが、今回のマップの楽しみの一つでございました。

(だんだんと、まとめモードになってきました)


こちらのお店のマップ用メニューは、串焼きなだけに




自家製つくねだそうです。


「ビール先に出します?

 つくね焼けるまで待ちます?」


先にください。




手持ち無沙汰は耐えられないタイプなのです。


でも、串焼きがまだ来てないから

少しずつ飲もうっと。



で、飲むと気が大きくなるのが

私のパターンでございまして




そうっ。私はこないだ学習した もんね。

このマップは、「お通し」的に使うのもありだと。


要するに、ほかに何か食べたい。


500円以下ならいいや。

250円を二本いくという手もあるな。

いやしかし、「この一本にすべてを賭ける」ってのもあり。


そして私は、限定モノに弱かった。


・入荷は火水土のみ

・一人一本まで


すみません、この名古屋コーチンレバー串ください。300円の。


と、お願いするや、ビールを一口飲んだか飲まないかのうちに




レバー串が来ました。

軽く炙ったレベルなのかな。


いただきまーす。


ぷちぷち の食感がたまりませーん。


レバー臭みもなくて美味しゅうございます。

幼少のみぎり、レバーは天敵でしたが

オトナになり、それなりに食べられるようになりました。

味覚は変わるものです。


しかし、メロンパンだけは幼少のみぎりから

食べられませぬ。

(あのモサモサ食感と強烈な甘さが)




ビールもほどよく進んだところで

自家製つくね登場。


立ちのぼる、香ばしさ。

香りだけでビール三杯くらい行けそうです。


食べてももちろん、香ばしく

ねっとり(中)

コリコリ(軟骨)

カリカリ(焼き目)

と、つくねゆえの色んな食感集合体を

ビールと共に楽しんだのでした。


お会計合計800円。


幸せの帰り路を口ずさんで帰れるような

楽しい晩酌でございました。


さて、いよいよ(やっと)明日で最終回です。



★★★★お店情報★★★★

串焼き しゅん

宇都宮市塙田3-1-24

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ