1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

April 2016

お昼頃、用事があったので街中まで車じゃなくて歩いていきました(どうせ市役所の無料駐車場は満車で停められないと思ったため)。

せっかく歩いてきたんだから「歩いた」元をとりたいなー。カロリー消費のほかに。

そういえば。

那須のサヴァラン専門店の「Le Tabou」さんが、宇都宮の街中に移転したと何かで読んだ。イートインできるという話だったような。サヴァランと言えばアルコールたっぷり。車じゃ無理。よし、これだ。

で、私はおぼろげーな場所しか記憶にありませんでした。たしか、総文センターの裏手だったような。でもあのあたりは夜の蝶が舞う場所。サヴァランのお店があるのかな。場所的にあたりがつかない。

オープンしたてだから、お花いっぱいあるだろうから、蝶じゃなくて花を探せばいいのか。んー。見つからない。

あれ?


DSC00874

おフランス語分からんけど…サヴァラン?と、すると。

DSC00873

ここー!なんという奥ゆかしい場所に。というか、一見さんでは絶対サヴァランのお店と思えない。
って、あってるのかな。お邪魔します……。違かったらどうしよう。

DSC00848

あ、奥にショーケースが(許可を得て撮影しております)。

DSC00849

これはサヴァラン。良かった。このお店だ。サヴァランください。って種類はこれだけですよね。

DSC00850

「こちらもそうでございますよ」

えっ。瓶詰めサヴァラン!サヴァランにトッピングするジャムかと思った。

「ベリー等、色々な種類がございます」

お初ですんで、普通のください。イートインしていきます。ドリンクありますか。

「珈琲か紅茶です」

アルコールには紅茶な気がするので(※個人の趣味です)、紅茶ください。

「八種類ございます」

えーと、フレーバー系が苦手なので、フレーバー系じゃないのを。

DSC00851

こちら。サヴァラン460円、紅茶550円の計1,010円。

DSC00853

確か「マルセイユ
」だったかな。


DSC00858

サヴァラン~。

DSC00862

いただきます……。

まあっ。なんて風味豊か。しっとりー。もの凄い大人~な世界。夜会に向かう貴婦人のようです。

「アルコール度数45度のブラックラムと、数種類のスパイスを使用しております」


DSC00872

ラムレーズン。貴婦人の胸元に輝く黒真珠のようです。

DSC00855

そして、渋い紅茶はまるで、貴婦人を包容するロマンスグレーの旦那様のよう。

場所の雰囲気と相まって、ものすごーい大人~になった気分でした。昼からこんな気分になっちゃっていいんだろうか。

「営業時間は12時~18時です」

あら、お昼だけ。

デカダン気分でお店を後にした私でした。家に帰ったら壁に「堕天使」って書こうかな。

★★★★お店情報★★★★

Le Tabou -la maison du savarin-フランス菓子サヴァラン専門店
宇都宮市本町8-9

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

ライブドアさんから「江戸東京そばの会さんで、そば打ち体験しませんか~」とお声がけいただきました。ありがたや。
しかし場所はどこなのでしょう。って東京ですよね。宇都宮からだとJRで往復四千円。宇都宮で天ぷら蕎麦四回食べられる。

「京成立石です」

京成立石!  反応する私の下心。 

安く行く手段ないかなー。と、東武宇都宮線で行く手段を思いつきました。Yahoo路線に質問したら、片道1,360円でした。往復で2,720円。なんてお得。ぜひ参加させていただきます。
ほかのご参加の方は

パンケーキ部 様 
momo's obentou*キャラ弁  様 
いっちょまえ姉妹を育てています(旧姉ちゃんは育児中) 様 
お弁当レストラン☆わっぱ弁当修行ブログ  様 
くららんち 様 

ほわわん子育て絵日記
いたって機嫌はわがまま
亀が無理してロードバイク乗ってみた
わが家のここち

でした。
どうしよう、お料理レシピ大御所様もいる。試食係に徹しようか。

「エプロンご持参くださいね」

持ってないなんて言えない。実家から簒奪していきました。

DSC00771

会場はこちら。最初に、巨匠の技を拝見します。

DSC00776

目にもとまらぬ動きの巨匠。

DSC00780

単純作業に見えるけど絶対違うと思われる工程をする巨匠。

見ているそばから全部忘れていく私。

DSC00781

のし棒の実演をする巨匠。

「猫の手が重要です」

はい!(これだけ覚えた)。

ところで、我が家に実はのし棒あるのです。うどんを打とうと思って、10年前に買いました。まだ値段ラベルはがしてません。

DSC00783

円形を

DSC00784

四角形に延ばす巨匠。

絶対こうならない自信のある私。

DSC00788

そうめんのような細さで切る巨匠。

絶対きしめんができあがる自信のある私。


DSC00772

「ではやってみてください!」

……。

ここから先写真が無いのは、粉まみれの手でカメラに触れなかったからです。
巨匠、最初何をするんでしたっけ。

「粉に水を」

あ、そうでしたね。ていっ。

「その二倍の水の量を入れてください」

そして30分後。めでたく

DSC00791

きしめんのできあがり~。

「じゃあ、茹でてきます」

巨匠、茹で時間ってどのくらいでしょう。

「通常ですと30秒」

私の作品ですと。

「3分」


DSC00792

5人前できたので、4人前は「エプロンの御礼」ということで実家に押しつけよう。

「ゆであがりました~」

DSC00799

おおっ。それなりに見えるっ。

DSC00801

アップにしない限り。

これをどこかのお店で出されたら

「太さが不揃いですけど、それゆえに素朴な手打ち感があって、まるで、夏休みにおばあちゃん家で食べてるような、そんな日だまり感があります」

という感想になるでしょうが、やはり体験しないと分からない味といいますか、歯ごたえがあり、巨匠のツユのサポートもあり、非常に美味しくいただきました。 蕎麦粉が非常に良いんだと思います。(袋を見たら茨城県の粉っぽかった)

どうもありがとうございました。(自宅で再現するのは無理)


★★★★お店情報★★★★

江戸東京そばの会
東京都葛飾区東立石3-24-8

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


花より団子

の私ですが、国営ひたち海浜公園のネモフィラ畑は一度見たかったのです。なぜなら私は青色が好きだから(それだけ)。

フリー業になったので、いつでも行ける。てなわけでつくば在住のWebデザイナーの友人、平日に行きましょう。

友「私は勤め人なんだから平日は無理。いいね、時間がフリーで」

収入もフリーだけどね。

友「うーむ」

大混雑らしいので、戦略を立てていきました。開門前に行って、開門と同時に入り、混雑する前に帰る。足利フラワーパークで私がやるパターンです。ですので、自信がありました。

これが大失敗。

国営公園だからか9時きっちり開門なので、車がズラーっと待っている。駐車場は広大だけど、門は狭い。その上入り口で駐車料金を徴収するので、入場に時間がかかる。

8時半くらいに門まで500メートルの地点で全く動かない渋滞にハマり(門が開かないので絶対進まない)、中に入れたのが9時半くらいでした。

話は飛びまして、10時半くらいに出たのですが、かえってその頃の方がスイスイ走ってました。

友「しかも、第一陣が帰る時間帯なので、入り口近辺の駐車スペースが軒並み空くという……」

本来は朝7時半開園のGW特別早朝開園期間中が見頃なんですが、今年は二週間早いんだそうです。

友「偕楽園の梅も早かったんだよー」

今年はすべてが早いんだね。

そして、憧れの


DSC00555

ネモフィラ~。まぁ、すごい。

16

青空と一体化している。


DSC00558

なんかで読んだ記憶では

DSC00559

踏んでしまう人がいるので、今年から侵入防止の柵を設けたのだそうで。

54


なので、柵の外からじっくりと拝見……

あれ?

DSC00560

ネモフィラの花って、こんな大きいんだ。ていうか、ネモフィラって私の思っていた花ではなかった。

友「どういうの思ってたの」

DSC00734

この花。

友「それ、イヌフグリだよ」

天人唐草!? この花だったのか~。あの話。

友「?」

山岸凉子さんの「天人唐草」ご一読ください……。「トラウマ漫画」で必ず名前がでます。

「見頃の花スペース」はもう一カ所ありまして

DSC00563

いろいろな種類のチューリップが満開でした。

DSC00564

すごいねぇ。生粋の花より団子人間の私でも、すごいと思う。どちらかというと、ネモフィラは遠くから眺めて、こちらの方をじっくり眺めた方が良かった気がしないでもない。

友「一日コースならいいんだけどね」

本来なら、チューリップとネモフィラの共演は、時期的にあまり無いんだそうで。なので、ある意味お得でした。一粒で二度美味しい。


さて、先日のコジコジさんは、公園から20キロ弱でございまして


10

ということは、お昼は決まり。今回もやはり

DSC00565

1380円のスペシャルプレートにしました。お皿の上に花畑。花も団子も。

17

もちろんミニマンゴーラッシーをセレクト。キリテーもセレクションにあるので、ぜひ飲んでみたいんだけど、マンゴーラッシーがとっても好きな私には難しい問題。

友「キリテー?」

スリランカの庶民的なミルクティ


DSC00566

カレーは、チキンとカツオの二種類を選びました。

美味しいんです。美味しいんですが、辛いんです。口の中が「はひ~」状態になってしまったのでプラス180円で

DSC00567

ハーフサイズデザートを注文できるので、頼んでみました。

DSC00568

ココナッツ風味のデザートで、優しい甘さで美味しかったですーっ。「はひ~」な口の中と胃を優しくいやしてくれました。私、これホールで食べられるかもしれない。

キリテーも飲みたいなぁ。やはり、三度目行かなくては。


★★★★お店情報★★★★

コジコジ
茨城県水戸市渡里町2305-6

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目 この記事

↑このページのトップへ