1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

April 2016


キッカケはといいますと、つくば在住のWebデザイナーの友人から来た「このお店行きたい」というメールです。

メール内のリンク先が笠間のとあるカフェのフェイスブックでした。FBって左下に「このお店もおすすめ」ってありますよね。てなわけで友人、左下の方のお店に行きたいんだけど。

友「そっちかい」

私が運転していくからお願いプリーズ。

つくばで友人をピックアップして、着いた先は水戸市の


10

コジコジさん。南インド・スリランカカレーのお店だそうです。大人気だそうなんで、念のため予約して臨みました。


37

オリエンタルムード。

で、何故私が惹かれたかと言いますと、「ちょこちょこ盛り」を愛する私にはたまらぬ

43

このメニューの数々~~~。

いやー。1時間くらいホームページ見入っちゃった。

友「これ全部あるの?」

いや、これは履歴らしい。平日と週末でメニューは違うらしいんですが、今日は週末なので


32

プレートが四種類。いちばん高くても1380円。しかも、ミニラッシーつき。「辛口」表示が気になるけど。

32

アンダー千円もありますが、水戸まで来たわけだし、1380円のスペシャルプレートいきます。カレー二種盛り。私が選んだカレーは

・鳥
・豚とシイタケ

でした。

12

ミニマンゴーラッシー。色の混ざり加減が麗しい。辛口だそうだから、先に飲んで胃を保護しておこう。おいしー。

そして、店内に響き渡る私と友人の歓声。

50

うおお~(おっさん的歓声)。

57

なんという麗しのルックス。

05

和食お総菜盛り合わせで、自宅で「なんちゃって再現」できそうだ。

友「お、作るんだ」

買ってくる。

友「アレコレ買ったら高いでしょ」

閉店間際の投げ売りタイムを狙う。

01

お店の方が全部説明してくださったんですが、毎度のごとく、聴いたそばから全部忘れていきました。

29

こちらは鮭フレークに見えてしまったんですが、違うんですね。で、それぞれの料理が、脳内味覚辞書に無い味。なんという新鮮な。メチャ辛~辛くないまで、辛さも色々。


15

もちろん、カレーもありまして

09

こちらば豚と椎茸。こちらはそんな辛くなかったんですが

12

チキンの方は、かなり辛かったです。

この彩色グルメの中でいちばん気に入ったのは、色彩的には穏やかな

19

こちらのナスのお料理。ナスの味噌炒めのスリランカ版みたいのかな。いやー、これ家に一瓶ほしい。これだけで朝昼晩ご飯食べたい。バトゥモージュという名前かぁ。

……と、検索したらCookpadにありました。恐るべし。材料見て断念したけど。

22

このパリパリも美味しく。そのまま食べておいしく、割って混ぜ込んで食感も楽しめまして。

25

「全部混ぜて食べる」のが流儀だそうですが、試してみますと

『口の中がサウンド・オブ・ミュージック』

いろんな味が重なって、あちこちで合唱がおきております。

友「配分間違えたかな。ご飯足りない」

あ、炊飯ジャーから自分でおかわりよそっていいんだって。


26

ご飯おかわりするなんて、いつ以来だろう。あ、結構やってるか。

友「すごい気に入った~~~~」

私もだ。また来たいねぇ。ということで、また行ってしまいました。それは明日の記事で。


★★★★お店情報★★★★

コジコジ
茨城県水戸市渡里町2305-6

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


一年くらい前、「ワカコ酒」の原作者の新久千映さんのエッセイ漫画(タイトル忘れたけど居酒屋探訪記みたいの)を読んだら、とある居酒屋の大将の名言で「ググるな くぐれ」ってのがありました。居酒屋めぐりするときは、事前に検索しないで、目についたお店の暖簾をまずはくぐってみろ、ということだそうです。

なるほど~

と、思ったけれど、できればリスクは回避したいなと思う小心者の私です。

洪水のリスクを回避するための施設「首都圏外郭放水路」を一回観に行きたいよねーと以前から語りあっていた私とつくば在住のWebデザイナーの友人ですが、一般公開デーは平日で予約必須なのでなかなか行けませんでした。

そしたら、年に一度(十一月ごろ)春日部市のお祭りに合わせて、週末に予約無しで見学できる日があったんでした。友人、これ行こう。

東武野田線南桜井駅から、臨時バスに乗ればいいんらしいんですけど……すんごい行列。余裕みて9時着で来たんだけど。タクシーで行く方がいいかな。スタッフさん、どのくらい待ちますかね、バス。

「30分くらい」

それなら待ちましょう。

~2時間後~

やっとバスに乗れました。

03

到着した時、場内アナウンスが流れてました。

「見学ご希望の方が多いので、今から列に並んでもご入場できません。」

スタッフさん、なんでバスに乗る前に教えてくれないのです。雨も激しくなり、もはや気力が無くなった私と友人は、往路のバスに乗ろうとしたのですが。

友「この待機列、バスに乗るだけでも一時間以上待ちじゃない」

歩いた方が早いね。とぼとぼ雨の中歩きだすと、ちょうど目の前に春日部駅行きの路線バスが来ました。とりあえず乗ってしまえーと飛び乗り、春日部駅に着いたのが13時半過ぎ。私も友人も飲まず食わずの疲労困憊でした。

友「お昼食べよう。もうダメ。倒れる。でもお店見当たらないよう」

ちょっと待つんだ。探してくるー。
事前に春日部駅に来ると知っていたら、ある程度調べておいたんだけどなー。と、あちこち路地裏を探したら


05

フランス国旗発見。てことはフレンチのお店かな。時間は14時。間に合うかなぁ。ドアを開けて「まだ大丈夫ですか」と訊いたら、OKとのことでした。駅に走って友人を連れてまた戻り、あらためて看板を見ると

56

ビアンさんというお店でした。

01

よ、よかった。リーズナボ。アンダー1000円グルメの世界。しかし私と友人は疲労困憊でした。

友「いちばん高いDセットにする。もう食べるしか今日の喜びはない」

私もそうするよ。えーと、メインはカレーか鮭。カレーにしようか。身体冷えたし。

改めて店内を見ると、とてもラブリーな規模で、5~6人で満員と思われました。で、シャカシャカ聞こえる音は……

もしや、注文を受けてからドレッシングお作りあそばしてるんでは。これは期待。と、顔を上げたら、サラダの葉っぱちぎってらっしゃいました。ここから始めるんだ!


02

期待のサラダ。当時のメモには「カトラリーただもんじゃない 気がする」と書いてありました。

05

なんというか、野菜が美味しい、ドレッシングが美味しい。手作りドレッシングが美味しいところにハズレなし。

33

かぼちゃのスープ。ただ温めるんじゃなくて、何か仕上げ的なのを入れてらっしゃいました。

49

お、お、美味しい。冷えた身体が暖まる。

49

でもって、欧風チキンカレー。

52

当時のメモには

06

辛い

と、ありました。でも


55

美味しい辛さ。暖まっていた体がさらにホットに。ご飯もおいしー。

お楽しみはデザート。

04

プリンでした。

10

固めの、ノスタルジックなプリン。ほのぼの~。

24

コーヒーは、エスプレッソかと思ったんですが

「ふああああ~と舞い上がる感じ」

と、軽やかな珈琲でした。

友「このランチで、今日のマイナスポイント全部埋まった感じ」

さらにお釣りくるレベルだよね。トラブルが無ければ、来ることが無かったかもしれないお店。事前に春日部駅近辺のグルメスポット検索してたら、どうだったろう。なるほど、ググるな、くぐれ……。

で、友人、首都圏外郭放水路は、次回は通常の予約公開の時に行こうね。平日でも行けるし。

友「合点だー」

半年経った今でもまだ行けていません。なぜなら、申込み日にサーバがアクセス集中でダウンしてしまうレベルなのです。


★★★★お店情報★★★★

ビアン
埼玉県春日部市粕壁1-7-1

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

昨日のオーケストラさんに引き続き、「不器用なカレー食堂」で紹介されていたお店です(連食したわけではない)。

三軒茶屋にあります。来るのお初です。たぶん、カレー食べるためでなかったら、来ることはなかったんではないかなーと思います。そのカレー屋さんの名は


44

シバカリーワラさんです。ナマステ~。行列という話だったので、開店時間の30分前に行ったんですが、あら誰もいないわ。

47

と思ったら階段に行列がありました。第一順に入れないと辛いなーと思ったのですが、ぎりぎりセーフでした。良かった。

40

二種盛りか三種盛り……。予算考えて二種盛りで。ラムチャイが非常~~~に気になったんですが、この後用事があったので残念ながらアルコールはパス。

「カレー二種類お選びください」

あ。そうか。えーと、バターチキン、ポークチリキーマ、ケララシーフード、菜の花のダール。えーと、まずはお肉から。するとバターチキン。魚かベジタブル。魚優先。するとケララシーフード。

「カレーに合わせるものお選びください。ライス&パパド、ナン&ミニライス……」

実はナンはあまり積極的には食べないので、ライス&パパドで。

「バターチキンですと、ナンをオススメします」

それほど積極的ではないという訳ではないので、ではナンで。


DSC00107

こちら。

DSC00110

こちらがバターチキン。

DSC00115

さりげないゲソがセクシーなケララシーフード。

DSC00111

ベジファーストで行きましょうか。キャベツのアチャール。ピクルスだそうです。さっぱりと美味しい。

DSC00112

アルーメティ。インド版ポテサラでしょうか。

DSC00114

チャツネ(かな)とミニライス。

DSC00113

でもって、ナン。

DSC00119

先にシーフードから食べよう。辛いのかな。ちょっと緊張。
……
お、(あまり)辛くない。スパイスは感じるんだけど、穏やかなスパイス加減。

イカがカレーに入っているのって、もしや食べるのお初だろうか。どこかノスタルジックな味。


DSC00117

バターチキンは、おすすめに沿ってナンで食べよーっと。カレーのチキンって、煮込まれて固くなってる場合多いですけど、とても柔らかかったです。ナンのふかふかお布団にくるまれて、二重の喜び。でもって、やっぱりあまり辛くない。

私のような胃の持ち主には、非常に食べやすいカレーでございました。


★★★★お店情報★★★★

シバカリーワラ
東京都世田谷区太子堂4-28-6 2F

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ