1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

August 2016

田原街道沿いは

DSC03156

ほのぼの田園地帯。街道を走るたびに気になっていた製麺所であり、直営のお店でもある

DSC03157

めん小町さんにやっと行けたのですよー!
ハードル高かったー。なぜなら

18

「うどん」が食べられるのは平日だけなのでした(土日は蕎麦)。
めでたいので、倍盛りにしちゃおうかなと思ったのですが、とりあえず並にしよう。で、余裕があったらお代わりしてしまう。

こんにちはー。
まぁ、すぐ隣が工場。なんか香川にうどんツアー行ったことを思い出してしまうシチュエーション。
で、並盛ください。

「そこの券売機でチケットお買い求めください」

あら、いろいろ選択肢が。
えーと、冷たいうどんが良くってー。ちたけツユでなくていいので、ゴマだれにしよう。ポチっとな。

DSC03148

こちらー。

DSC03151

嬉しい、プラスサムシングがつく。

DSC03149

しかもヘルシー系。
先に食べてベジファーストしよう。

DSC03150

大根とニンジンのマヨサラダ~。懐かしの味。

DSC03152

では、うどんいきまーす。

DSC03153

こちらのごまだれに

DSC03155

つけていただきます。

もちもちむっちり。固すぎずコシがあり、美味しゅうございました。
お代わりいこうかどうか、しばらく考えたのですが、考えているうちに満腹感が押し寄せてきまして、とりあえず名誉の撤退をしたのでした。

そうですね、早食いのクセが無くなれば、私も痩せるに違いない。たぶん。きっと。

★★★★お店情報★★★★
めん小町
宇都宮市金田町452-2
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

思わず「うっひょー」と叫んでしまった、とてもとても


DSC03225

餃子屋さんに見えない店構え(というか家構え)。
私の大好きな「昔の豪農的な民家」の建物は、宇都宮餃子さつき 本店さんなのでした。
ユニオン通りから移転されたんだそうです。
なぜにこのロケーション、と思いつつ、もしや近くに宇都宮ICがあるからかな。
(このあたり観光客用のお店多いし)。

お座敷も広い!部屋数も多い!修学旅行の生徒さんがそのまま泊まれそう。
テーブル席があるのも嬉しいところ(正座苦手)。

DSC03216

調味料に酢がある。よかった。私は餃子は酢だけで食べるのです。

DSC03217

お庭も広いなー。草むしり大変そう。

DSC03215

注文せねば。
せっかくだし、スペシャル定食650円にしよう。さらに、全種類餃子が食べられるオールスター七種餃子にチェンジしてください(差額で可)。

こちらの皮の小麦粉は


40

「ゆめかおり」だそうで(画像ぼけた)。で、豚肉はとちぎ夢ポーク、牛肉は下野和牛、野菜も栃木県産多しだそそうです。

餃子はやっぱり、餃子屋さんで焼いてもらってそのまま食べるのがいちばんだと思う私です。
家で焼くとなぜか皮がハガれ、家で茹でるとなぜかボテボテになるのです。
調理手腕に問題があるのは認めます。


DSC03218

きたー。

DSC03219

ボテるの防止で、最初にスープ餃子から行こう。餃子の種類は「さつき餃子」だそうです。

DSC03223

いただきまーす。
おお、皮がむっちり。全然ボテていない。しっかり。

DSC03221

さて、次は焼き餃子。見分けつかないけど、左からさつき、キムチ、野州、ゆず、青しそ、


DSC03222

茶美人、下野です。見て分かるのは茶美人だけかな。

ではいただきまーす。
さつきはオーソドックスな感じで、キムチは最後にピリッときて、野州はまろやかな感じ、ゆずはゆずで、青しそはサッパリ、茶美人は大人な渋みで、下野は和牛風味がうわっと来ました。

皮はどれもしっかりもっちり。

で、私がヒジョーに気に入ったのは

DSC03220

こちらの「お漬物」でした。
好みー。これだけでご飯三膳くらい食べられそう。

県外からのお客さんお連れするのに、いいかなーと思うお店でした。


★★★★お店情報★★★★

宇都宮餃子さつき 本店

栃木県宇都宮市徳次郎町190-4  

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

直営店とか直売所とかいう響きに萌えます。
理由

1.安い!(はず)
2.新鮮!(なはず)
3.本物の味がそのまま(きっと)

てなわけで、今週のテーマは「直営店&直売所」にしました。
一回目は小山市の魚屋さん直営の魚定食屋さん(この段階でもう美味しい)、魚めし屋さんでございます!

混雑しているのはウワサに聞いてましたんで、11時着で行って名前書いて、11時半の開店までお隣の魚屋さんの方で商品観察しながら待つことにしました。

「メニューどうされますか」

あら、もう既にオーダーするのね。


08

どないしよー。
千円基準に考えると、唯一アンダー千円のまぐろユッケ丼か、税込みという解釈から1080円の刺身五点盛り&カニ爪コロッケか。


11

1080円のトロたく丼もいいなー。私の好みっぽい「あれこれ盛り」。

うーむ。

刺身食べたい。おさかな屋さんだし。刺身五点盛り&カニ爪コロッケにします。

で、お隣の魚屋さんでお弁当を眺めていたら、開店時間になりました。お邪魔しまーす。


29

冷たいお茶のサービスがうれしい。

「お待たせしましたー」

DSC03213

おおおおっっ。
なんと素晴らしい、この盛り。

DSC03207

刺身も、見ているだけで新鮮さがダイレクトに伝わってまいります。

DSC03210

お味噌汁も美味しい。

DSC03211

小皿群もある。

DSC03208

そして、ダブルヒロイン、カニ爪コロッケはやっぱり

DSC03214

ソースたっぷりと。
いただきまーす。おおっ。細かく刻んだマカロニも入っている。
グラタン気分盛り上がり。

ダブルヒロインのもう一人、刺身はどれもぷりっぷりでおいしかったのですが、いちばん気に入りましたのは

DSC03212

この、あぶりタコー!
きゅるんきゅるんとした食感が至福のひとときでございました。

もう一回行きたいー。いや、毎週通いたい。

★★★★お店情報★★★★

魚めし屋

小山市西城南5-48-2  

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ