1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

September 2016


今年の夏、私と、つくば在住の大学時代の友人が池袋の西武に来ましたのは

27

夏イケSALEのためではなく、レディースファッションブランドクリアランスのためでもなく

51

LaLa 40周年記念原画展のためだったのでした。
ポスター右上にもありますように、我が教祖・山岸凉子御大は「日出処の天子」をLaLaに連載されていたのでございます。
と言いつつ私が読んだのは愛蔵版が出てからなのですが。

友「私は成田美名子さんの原画が楽しみだー」

原画は、作者の息吹が感じられる(気がする)ので良いですね。


DSC03020

まあっ。創刊号は山岸御大が表紙イラストだったのだわ。
魔夜峰央さんは「ラシャーヌ!」かな。なのに原画展には無かった。しくしく。

ちょっと昔のインタビューで読んだので今もそうかは不明なのですが、山岸さんは「肌色」を特別なインクで描いてまして、そのインクがすでに生産終了なのだそうです。
終了する前に大量購入したけれども、手元の在庫がなくなったら、もう肌色が描けないとおっしゃっていました。
現在はどうなのだろう。原画の肌色を目に焼き付けておこう。

ところで友人。

友「なんでしょう」

デジタル化の昨今、そもそもの原稿が完全デジタル作成されたら原画展って意義あるの。

友「どうだろうね」

売店のグッズの誘惑に負けそうになりましたが、9月末から弥生美術館で山岸凉子展が控えているので、耐え忍びました。

でも、お腹が空いたのは耐え忍べない。
ごはん食べにいきましょう。

友「私が選ぶ~」

野菜スキーの友人が選んだからには、野菜なお店かと思ったのですが

35

ビンゴでした。
イハナベジタブルさん。

21

千円グルメの上にお肉メニューあり。素晴らしい。

友「じゃなきゃ、怒るでしょ」

あえて反論しない。

友「私は鶏ハム&ごはんにする」

自分で鳥ハム作るので、外食でまで食べたくないなーと思うので四種豆とソーセージのバターソテーにします。主食はパンで。

DSC03023

あら、素敵~。都会のOLさんみたいなランチ。

DSC03021

栄養素全部満たしてます感がいいですね。

DSC03024

豆でビタミンB1補給。ソーセージはやっぱり食べていて幸せな気分になるなぁ。

DSC03022

こちら、友人の鶏ハムプレート。
まぁ、鳥ハムの盛りつけが、私の作るのと全然違うわっ。

友「そりゃそうだろう」

DSC03025

スープも、夏っぽくさっぱりトマトスープ。

DSC03026

ドレッシングもおいしく

DSC0030


アイスコーヒーでまったりと〆。

「…」

友「どうしたの無言で」

いや、山岸凉子展は何回通おうかと。定期買ってしまおうか。あっ。冬まで待てば青春18きっぷが使える。しかし展示替えが。うーん。

★★★★お店情報★★★★

イハナベジタブル
東京都豊島区西池袋1-16-10 第2三笠ビル

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください




つくば在住の大学時代の友人は、webデザイナーということもあるのか、インスタなんとかを愛用しているそうです。

友「Instagramね」

私は写真が絶望的に苦手なので、インスタなんとかはやらないのですが

友「インスタグラムだってば」

とあるお店の…グラムが美味しそうだったので、行きましょう友人。
つくばだよ、つくば。

31

それが、moi!ikkaモイッカさんという焼き菓子のお店でした。
インスタ…と棚を埋め尽くす

DSC02569

かわいいお菓子の数々!

DSC02570

いいですねー。一時間くらい棚眺めていたい。

DSC02572

名前も萌ゆる。

桃と紅茶のチーズケーキ、クッキー&クリームチーズケーキ。
陶酔。

DSC02583

で、買ったのは抹茶スコーン(宇都宮までの長い道のりを考え)。

抹茶のほろ苦さと、スコーンのほろほろ食感がたまりません。

DSC02589

断面萌えとしましては、パイントライフル。

DSC02587

パインの鮮烈な「夏ムード」が幸せを運びまする。
パインの酸味とクリームの甘味の引き綱加減もサイコー。

今年の夏の思い出は、これで「も、いっか」と思ったりするのでした。
まだまだ記事は続きますが。
 

★★★★お店情報★★★★

moi!ikkaモイッカ

茨城県つくば市春日4-20-1 

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


食べ歩きスキーな知人いわく

「東北自動車道を山形方面に分岐して、30分程で着くお店があるのです。メニューはラーメンとお餅とかき氷だけ。ラーメンにお餅がついてきてお餅のタレは選べるのです。絶品のしょっぱいラーメンに甘い絶品のタレという奇跡のループが発生します。因みにタレは7種あって、お餅セットを頼めば複数種を楽しめます。このお店、山と川の間にあって、吹き抜ける風の気持ちよさは特筆ものなのです」

山と川…水と草…。

いいですね。夏っぽい。しかし、山形ですか(遠い目)。
Google先生に訊いたら我が家から250キロでした。私の自力運転の限界は片道100キロ。

「再訪しますんで、乗っていきますか」

ぜひぜひ。

DSC03255

人様の運転というのは楽ですね。あっと言う間に来た感じがあります。

DSC03253

それがこちらの峠の茶屋さん。

吹き抜ける風が…寒いです。

「前回来た時はすごい暑くて、ちょうど良かったんですけどねぇ。残念ですね、天気」


DSC03256

寒さのあまり、オブジェが判別できない。あ、かき氷か。

31

かき氷人気だという話なのですが、この寒さでは厳しい。ラーメン食べた後なら大丈夫かな。ちょっと保留にしよう。

03

まぁ、ホントに餅とラーメン。
単品が五個ってすごいですね。単品の領域を超えている気がする。
餅とラーメンのセットというのもスゴイ。

組み合わせに悩んだのですが、とりあえずお餅だけにします。
せっかくなので、2個×3種のBセットにします。すごい、お餅6個も食べるなんて、小学生の時のお正月以来。

「タレ三つ選んでください」

そうですね。あんこ苦手だし、納豆は毎日食べてるし、きなこはクシャミでそうだし(経験者)。
おろし、くるみ、ずんだにします。

DSC03263

すごい。私、こんなにお餅食べたらどうなってしまうのでしょう。
えーと、食べる順番どうしようかな。
最初に

DSC03262

おろしいくか。
冷水に浸っているお餅を

DSC03264

こちらのおろし&ポン酢にからめて

DSC03265

いただきまーす。

軽い!

なんて軽い餅。スイスイ入る。


DSC03259

くるみダレも、濃厚で美味しい。これで4個クリア。でも軽いので圧迫感なし。

DSC03260

最後はデザート的にずんだ。
ずんだプチプチ美味しい!

6個コンプリート。

DSC03266

知人はラーメンでした。

「味見しますか」

すみません、物欲しそうな顔はしないように努力してたんですが。ちょっと口の中が甘くて。おろし1個残しておいて、シメに食べればよかった。

まぁ、ノスタルジックな感じで美味しい!このラーメンのためだけに再訪したい。かき氷はさすがに今回は無理だなー。

来年の夏の宿題にしよう。


DSC03267


なんとサービスのアイスコーヒーが!スゴイ盛りつけですね。洋風茶屋みたい。
西洋の時代劇で、騎士が鎧姿でくつろいでいる光景を想像してしまった。
ROCK YOU!って邦題にされちゃったんですが「A Knight's Tale(ある騎士の物語)」って映画よかったんですよー。時代考証的にはアレな映画かもしれませんが。

「おトイレもぜひ、見てきてください。綺麗で感動しますよ」

いわゆる汲み取り式だったのですが、こんな綺麗な空間のおトイレ、初めて見ました。

いろいろ感動しつつ、知人の運転で帰路についたのでした。
往復時間7時間、滞在時間30分の夏の山形でした。

★★★★お店情報★★★★

峠の茶屋

山形市大字新山516-1 

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ