1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

September 2016

ああ、あの時ああしていれば
そうしていたら

そんな後悔する人生は送りたくない。
東京タラレバ娘もドラマ化されることだし…。

菓子工房 エス・ナカヤマさんで、桃祭りまだやってるはず。
一回目記事では、6個あった桃メニューのうち、2個しか食べてない。

イートインスペースがあったし、珈琲サービスもあった。
夏が名実ともに終わる前に、残り4個~。

しかし、イートインスペースで一人で「4個食べていきます」というのもなんだなーと

DSC03396

2個にしました。ご予算的にも合計950円で限界でした。

今回は

DSC03397

桃杏仁と

DSC03401

スペシャル桃ショート。

DSC03400

桃ジュレと桃ソース~。桃だー桃祭りだー。

DSC03405

では、いただきまーす。

桃の種類が変わったのか加工法が違うのか、前回の桃に比して固めでした。
私は柔らかめが好きなのですが、桃祭りなので桃を堪能します。

DSC03406

杏仁トロトロ。桃の果汁、ジュレ、ソースを受け止めて桃色に染まりました(味も)。
幸せ。


DSC03402

では、スペシャル桃ショートに。

DSC03407

眺めてて気づいたんですが

DSC03408

スポンジ白いですね。これはもしや、「黄身の白い玉子」を使ってらっしゃるのかなーと思いつつも確認はしてません。

DSC03411

花冠の竜の国ならぬ、桃冠の食の国。

こちらの桃も固めですが、ふかふかお布団のようなスポンジに包まれて、口の中に至福タイムをもたらしたのでした。

ご馳走様でした。ああ、ブラックコーヒーが身に染みる。

残りは桃ゼリーと桃豆腐なのですが、これはさすがに来年の課題にいたしましょう。


★★★★お店情報★★★★

菓子工房 エス・ナカヤマ

宇都宮市上戸祭町2834-33  

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目  (この記事)

中高校生時代は、夏休みといえば図書館の学習室に勉強用具を持って行って勉強したような気がしたけれど、勉強したような気がしたことに満足して、結局何もしなかった気がする。

てなわけで、現在も私の入りびたりスポット・東図書館近くにある

14

石窯パン工房 Pan De Park さんにも、よく出没しております。
イートインができて、なおかつ珈琲サービスなのは、非常にポイント高しなのです。

夏休み時期には、なんとー!

24

冷やしパンがあったんです。
注文してから仕上げてくださるんだそうで。

しかもラムレーズン味がある!(私はラムレーズン命)。
これください。

注文してから

03

パンがメロンパンであることに気づいた。
私はメロンパンが食べられないのであります。甘さと、モサモサした食感が。

10

でも、サイズ的にはそれほど大きくないので、いけるかな。

13

メロンパンだと意識するからメロンパン味になるんだ。
ラムレーズンが挟んであるサムシングだと思おう。

いただきまーす。

冷たいラムレーズン味のサムシングでした。夏に映えます。
(覚悟したようなモサモサ感はありませんでした。いまどきはこうなのかしら)。

で、もう一個は甘いモノの対極にあるパンを食べようと思ったので

07

レッドペッパーソーセージドッグ(だっけな)にしました。
辛そうなネーミング。

23

あ、この袋の中身をかけるのね。手動な辛さ。

あらよっと。

41

何か、ものすごーく、やらかしてしまった感がある。

いただきます…。

以下略。



★★★お店情報★★★

石窯パン工房 Pan De Park

宇都宮市中今泉3-8-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★訪問記録★★★
一回目

二回目
三回目(この記事)


夏(休み)といえば映画。
夏が名実共に終わる前に、何か観に行こう。
何にしよっかなー。うーん。よし、「シン・ゴジラ」にしよう。

お昼食べてからいこ。冷やし麺食べたい。

46

二代目 村岡屋さんに行ってみました。
が。
冷やし麺がありませんでした。

せめて、少しでも冷たい…あ、つけ麺ならいいかな。

52

特製つけ麺は本店で食べたことあるので…

40

季節限定だって。これにしようかな。
普通の味噌つけ麺ください。950円。
村岡屋さんといえば、麺ハーフで代わりにトッピング増し増しができるのが嬉しい。
てなわけで、ハーフでお願いします。

「トッピング、味玉でいいですか?」

いえ、メンマで(繊維質)。

DSC03417

きたー。

DSC03419

麺の方からなぜに湯気が立ちあがっているのかと思いきや、もやしからだった。

DSC03420

スープの方には、おろしにんにくお願いしました。
気合い入れないとねっ。なんせ相手はゴジラだし。

スゴイ濃厚。
お箸が立つんじゃないかみたいな。

DSC03421

チャーシューは、我が最愛の「もち豚」。
通常ですと、スープの方に投入して脂分溶かしながら食べるんですが、このまま食べてしまえ。
ああ、しっとりと美味しい。


DSC03422

メンマも長くて食べ応えあり。

DSC03423

では、麺を

DSC03424

つけていただきまーす。

ああ、この艶めかしい食感の太麺。村岡屋さんの麺だなーと思い出しました。
濃厚なスープとナイスコンビネーション…。

ハーフ盛りにしなくても良かったかな。


さて、ゴジラ行こう。
私、今までにゴジラを観たことがあるのは、2年前の6月の初代ゴジラリバイバル上映だけです。
なので、特に思い入れとか期待とか不安とか無かったのですが

めちゃくちゃ面白かったです

会議シーンと、閣僚の皆様のキャラ立てがたまりませんっ。
ちなみに私は、柄本さんの官房長官がいちばんツボでした。
もう一回行っちゃおうかな!?

私は基本的に「おバカ映画」が好きなんですが(えびボクサーとか)、今観たいのは映画館にチラシが置いてあった…

26

高慢と偏見とゾンビです。

~あらすじ~
18世紀イギリス。謎のウィルスが蔓延。感染した者はゾンビとなって人々を襲っていた。
片田舎で暮らすベネット家の五姉妹は、裕福な人との結婚を夢見ながら、
得意のカンフーでゾンビと闘う日々を送っていた。

既にあらすじからして、イッちゃってる感がいいですね。

★★★★お店情報★★★★

二代目 村岡屋
宇都宮市鐺山町2037-1 

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ