1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

November 2016



私が今の仕事でお世話になっているT様は、お菓子は作れるしお洋服は作れるし、すごい方なのですが(針も持てない私)

T様「muku さんって知ってますか」

スコーンおいしいです。イベントやお土産ショップでよく買います。

「お店出されたんですよ」

えっ。

「千円でプレートとかもあって、イートインできるんですよ」

ええっ。

「行ってみてください」


25

えええっ。この場所は。
かつてHappy Field Cafeさんとかが入っていた、チャレンジショップの場所。
行ってきますっ。

02

来ました。

49

キッシュがあるなら、食事になるからランチでも大丈夫だな。うん。

お邪魔します~(戸をガラガラ)。

カウンターが4~5席で、空いてました。よかった、プレートが食べられる。ところで、どういうプレートなんだろう。

28


季節のおやつプレート1080円。
キッシュの姿は無し。プレートは食べたし、でもランチタイムだし。オプションでつければいいのか。
という食べ方でも大丈夫でしょうか。

「大丈夫ですよ」

キッシュが400円なので、1480円。若干予算オーバーしたけど、明日から節約するからいいや。

38

焼き菓子いっぱい。
ああ、スコーン。至仏山頂で食べたあのとき
今考えれば、あれが私の人生の文字通りピークだった気がする(遠い目)。

そんなウツな考えを吹き飛ばす

03

この素晴らしいプレート。

07

気品あふれる美少女五姉妹のよう。細雪…は四姉妹か。やっぱり猫が好きは三姉妹。

29

キッシュ大きいです。温めて出してくださいました。
無農薬かぶとレンコンの豆乳キッシュですが、キッシュ食べたときの「クドい感」がなくて、軽く食べられます。レンコンこりこり、美味しゅうございます。

では、おやつプレートに。

35

モンブランクリーム。栗がほこほこ。クリームの自然な甘さがたまりません。

38

こちらは、黒板の内容とは変わったのかな。抹茶とクランベリー(かな)のマフィンと、リンゴの甘煮(というのか)。
しっとりぱふぱふしたマフィンも、リンゴの優しい甘さも、体に滋養強壮な感じです。

44

金時豆。素朴なホコホコした甘さが癒し系。

47

オリジナルブレンドのコーヒーでしばしボーっとし、

22

最後に、ゆずとはちみつの豆乳ミルクプリン(ゆずシロップ添え)。

49

いただきまーす。

私はプリンは、特に好きというわけでもなく、普通に食べるメニューなのですが(選択肢にある場合はあまり選ばない)、このプリンは、そんな私をしても「うわー」と(心で)叫んだ好み度でした。

ふるふるした食感と、優しい甘さ、そしてゆずの爽やかさがキラリと。

01


ゆずシロップで爽やかさ増し。

デザートプレートとか食べますと結構ずっしりくるのですが、こちらのプレートは「母の愛」が体を駆け巡るような、そんな優しいプレートでございました。

通いたい…。

★★★お店情報★★★

muku

宇都宮市千波町17-11

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目 (この記事)



「カレーを食べたい時」で検索すると、「身体の変調のサイン」とかヒットするんですが、「食べたいから食べたいんだよー」と反論にならない反論をしたくなる。

というワケで、特に意味もなくカレーが食べたくなった私は


1

小林カレー店。さんに行ってみたのでした。
正確に言うならば、行ってみようとしたのでした。
例のごとく「ナビなんか信じない」と騒ぎながら、なんとか着きました。

securedownload

「バーのよう」という口コミを観て、ドキドキしながら入ったのですが、カウンターと小さなテーブル一卓のみで、ホントにバーのよう。「レモンサワー一杯」とか言いたくなってしまう。いや、モスコミュールにすべきか。

メニューは
・チキンカレー900円
・キーマカレー900円
・グリーンカレー900円
・ハヤシライス900円
・本日のサラダ250円
・チキンカツ150円
・お菓子150円
・コーヒー250円
ランチセット1300円

など。

単品組み合わせで行こうかと思ったのですが、セットにしました。

カレーは、チキンカレーで。

DSC04165

本日のサラダ。カレーのつまみになりそうな、酸味で爽やか系。ああ、血が浄化される感じ。

DSC04169

カレー登場。

DSC04168

陰陽のマークのような哲学的な配置。

DSC04170

とても健康的なお色の七福神じゃなくて福神漬け。

DSC04176

ご飯にのせて

DSC04174

いただきまーす。

おお、なんというか薬膳チックなカレー。甘くもなく、それほど辛くもなく、身体にスパイスがじわじわと入っていき、何かを修理している感じ。

そうね、私はやはり、身体が変調曲を奏でていたのかもしれない。

DSC04180

アイスコーヒーと、選べた「本日のお菓子」は

DSC04181

抹茶のフィナンシェ(かな)。
これは持って帰って翌日のオヤツにしましたが、しっとり~と美味しかったです。

DSC04182

アイスコーヒーでしばしの「癒しタイム」。

★★★★お店情報★★★★

小林カレー

栃木県宇都宮市下栗町699-56

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


とある土曜日に、都内で外資系OLやってる友人(J子)が帰省しました。

友「午後に宇都宮駅に着くから、どっかでお茶しよう」

はいな。

友「そのまま実家に帰るから、駅近くね」

とするとー


DSC04126


Vineriaさんはどうでしょう。


友「ワインのお店?日が高いうちから飲むの?別にいいけど」


ところがどっこい。


DSC04125


土曜日と祝日だけ、ランチタイムがあって、さらに午後三時から午後五時まではカフェタイムなんだそうです。

カフェタイムと言っても、メニューが若干減るだけだそうな。


なので、気合いがあれば、ランチタイムで飲んでカフェタイムで飲んで、そのまま夜も飲むということができるわけです。


友「なんでこのお店知ったの」


私の現在の通勤経路にあるもんで。


21


てなわけで、飲んでいいよ。


友「珈琲でいいわよ。デザートあるのかな」


あら、あちらの黒板に。


友「アフォガード、カタラーナ、ヌガーグラッセ、ボネ、洋梨のフラン。ボネってなんでしょう」


お店の方「チョコプリンみたいな。洋梨のフランはラストワンです」


あ、私それ(限定に弱い)。あとはアイスコーヒー…


友「この寒いのにアイスコーヒーってどうなのよ」


わかったよ、ホットコーヒーにするよ。


友「私はアフォガードとホットコーヒー」


アフォガードってアイスじゃないかー。しかもエスプレッソかかってるんだから、コーヒー×コーヒーじゃないかー。とか色々思いましたが黙ってました。大人だな。



DSC04128


こちらが友人のアフォガード。


DSC04133


私のコーヒー&洋梨のフラン。合計で910円でした。


DSC04130


かくのごとく麗しい洋梨のフランを


DSC04131


どのように撮ろうか悩んでいたら


DSC04132


ジェラートが溶ける溶ける溶けていく。わっ。もしかしてフラン温めてあったんだ。

危ない危ない。

いただきまーす。トロトロで美味しいです。


DSC04135

イタリアンらしく、濃い目のコーヒーとナイスコンビネーション。


友「このお店いいわねー!今度、夜来て飲もうよ」


帰り路にあるので、いつも誘惑に負けそうになるのです…。


★★★お店情報★★★

Vineria

宇都宮市今泉1-1-4
古泉ビル1F
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目(この記事)

↑このページのトップへ