1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

December 2016


私にとっての合言葉は、「山!」と言われたら、「カレー」。
川ではないのです。

山小屋でカレーは、何の変哲もないカレーでも、非常に美味しいものですが、栃木で「山でカレー」は(山小屋ってほとんどないし)、意外に難しい。

そんな数少ないお店が、益子にできたというので

DSC04403

行ってきましたー。
ナビを信じて行ったら、道がめちゃめちゃ細くなるとこでナビ終了し、ベソをかきつつ戻ったら、実はそのすぐ先にあったとゆー。

それが、土日だけ開く

DSC04386

テイクアウトカレー &GARDENさん。
セルフビルドの建物だそうですよ。すごいですね。私はマッチ棒ですら組み立てられないという。

DSC04385

カレー確認。これください。
コーヒーもいただきます。「山」コーヒーというネーミングが嬉しい。

テイクアウト専門店なのですが

DSC04387

アウトドアでいただいていけるようです。せっかくなので、食べていきましょう。

さらに本格的な「山カレー」気分を味わうには、近くにある高館山に持って登って食べるという手もあると思います(でも眺望があんまりよろしくない)。

雨巻山は結構キツいので、カレーが容器からこぼれてしまうリスクが。

DSC04388

この先って神社がありそう。でも急こう配だから行かない(最近根性が無くなりました)。

DSC04390

だって私はカレーを食べに来たのだから。

DSC04395

チキンカレーなので

DSC04392

鶏のモモがまるまる一本。これはうれしー。

DSC04396

お肉もホロホロと柔らかく

DSC04398

オンザライスでいただきまーす。

それほど辛くはなく(私には)、玉ねぎの甘みで食べられる、どこかノスタルジックな山カレーでした。

遠い昔のキャンプを思い出す。飯盒で炊くご飯って、どうしてあんなに美味しかったのかなー。

DSC04401

〆は、山コーヒーで

DSC04397

ボーっと。
まろやか~な感じのコーヒーでした。栃木の山でたとえるなら、まったり登山の多気山あたりかな。

で、せっかく益子まできたので、「なんでこの場所にできたのだろう」と話題のスポット

11

道の駅ましこに行ってみました。ホントに、「なんでこの場所なんだろう」と思ってしまう場所でした。「道の駅に行こう」と明確に決意していかないと、たまたま寄るような場所じゃないよなー。

アイス売り場が混んでいたので、長ネギだけ買って帰りました。

★★★★お店情報★★★★

テイクアウトカレー &GARDEN

益子町益子3270-31

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


先日、ソトアサ遠征でIrisさんに行ったとき

29

kanel Breadさんに行ったんですが、イートイン用のパンをお会計していたら、レジ脇に「昨日のパン」とかの「おつとめ品」コーナーがありまして、そこに

DSC04339

「パンの耳」50円があったのです!

50円とはいえカネルブレッドさんのパン。
これぞまさに「はしっこ」グルメ。いえ、「超はしっこ」グルメ。
ケーキの切れ端のグルメもあるけど、パンのはしっこ売っているお店もあるんですよね、そういえば。

DSC04340

短冊切りのはしっこと、文字通り「耳」の部分の薄切り。
どないしよ。
まずはフレンチトーストかな。

パンの代金が抑えられた分、ほかの材料は奮発しよう。

00

水沼養鶏場さんの卵、千本松牧場さんの牛乳(20パーセント引き)、洗心会さんのハチミツ、以上オール栃木でそろえてみました(バターはどうにもならず)。

レシピは、夜寝る前に液につけて、朝起きたら焼くという、非常に単純なもの。

ただし、弱火で20分(アニメ一本見て時間つぶした)じっくり焼き上げました。

DSC04381

こんな感じ。

DSC04382

おおっ。自分でいうのもなんけど、ふわっとしてトロっとして、なかなかのもんではなかろうか。

DSC04384

幸せな「はしっこ朝ごはん」一日目でした。

あとは、文字通りの「超はしっこ」薄切り三枚が残っている。
そんな二日目は、


DSC04405

長方形端っこは、ピザトースト(ピザソースがないので、ケチャップとマヨを1:1で混ぜるという略式版)。


DSC04411

生ハムとチーズをのっけて焼いた正方形は、もう一枚焼いた正方形はしっこを乗せてカットして

DSC04413

ホットサンド。

はしっこ薄切りゆえに、カリカリして、そこにオーロラソースがしみ込んで美味しゅうございました。

はしっこグルメ・番外編でございました。

★★★★お店情報★★★★

カネルブレッド

那須塩原市本町5-2

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目 この記事



・朝行ったことはあるけど、昼はない
・昼行ったことはあるけど、夜はない

私の二大パターンのお店訪問です。

今回は、「夜行ったことはあるけど、昼はない」という珍しいパターンの

28

にぎり屋 新門-SHIMON- さんです。

初回訪問の「夜」はいつ行ったかというと、「東京マラソン」の二日前の夜、炭水化物祭り絶賛開催中の時だったんですね。

東京マラソンに参加したのは、実は違う自分だったんじゃないかと思う今日この頃。
10キロ大会も完走する自信がない。その前に、マラソン大会にエントリーする気も失せてしまったという。


04-1

お昼来てみたかったんだー。
お昼も食べ放題はあるのですが、そんなワケで「マラソン?何それ美味しいの」状態なので、ふつうのランチにします。

08

レディースランチにします。

「お好み十貫の方が、シャリが小さく種類は多いですよ」

小食と思われたのか、逆と思われたのか。

いえ、レディースランチでいいです。予算的な意味もありますが、私は

33

手まり寿司を食べてみたかったー。

44

茶碗蒸し、ほどよいサイズでよいですね。あまり大きいと、飽きが。

「うどんと牡蠣が入ってます」

うどん! あら、ほんとだ。カキのお出汁がおいしい。

35

お味噌汁は、私の大好きなあら汁。あら汁好きなんだー。「はしっこグルメ」に通じるところがあるかもしれない。

17

厚焼き玉子は、ちょうど焼きたてが出来たとのことで、湯気が立っているのが来ました。
卵液集合体みたいな厚焼き玉子じゃなくて、ちゃんとクルクル巻いてある卵焼き。
お出汁もおいしい。

08

手まり寿司いきまーす。クールジャパン好きな外国人が喜びそうなビジュアル。

12

この花は食用なのか、飾りなのかしばし悩みましたが、とりあえずそのままにしときました。

14

コロコロ可愛いですね。親近感を抱きます(体形的に)。

25

乙女な気分で完食。

08

最後は、杏仁豆腐とパイナッポのデザート。

ほんのり甘い思い出で〆たのでした。

★★★お店情報★★★
にぎり屋 新門-SHIMON-
宇都宮市仲町1-13 床井ビル1F
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目 この記事



↑このページのトップへ