1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

December 2016


黒磯駅前の人気パン屋さん、kanel Breadさんが


DSC04334

お隣にカフェをオープンして

23

朝9時開店だというので

16

これは、モーニングがある。あるに違いない。あるといいな。

11

と思って行ってみたのですが、特にモーニングメニューはなく、食べたかったプレートメニューは10時からでした。
このお腹ぺこぺこ状態で1時間待つのは辛い。

「お隣のKanel Breadのパンを中でお召し上がりいただけますよ」

そうですか、ちょっとお隣行って買ってきます(ドドドド←走る)
えーと、これとコレください。

「お隣のirisまでお持ちします」

そうですか、では先に戻ってドリンク注文してます(ドドドド)

えーと、冬だからカフェラテな気分なのですが(私にとってカフェラテは冬の季語)、アメリカン380円にします。

「パン、お持ちしました」

DSC04337

朝の光を受ける焼きたてパン。なんという正統派なソトアサ光景。

「アメリカンお待たせしました」

DSC04341


そこに湯気のあるコーヒーが加わると、イッキに「冬はつとめて」状態。


DSC04335

わたしの選びましたパンは

・リンゴジャムのパン
・モーニング(ずばり)

です。どっちがどっちの値段か忘れたのですが、230円、130円でした。
どっちから食べようかな。

DSC04345

こっちにしよう。リンゴジャムのパンです。持った瞬間

「温かい…」

焼きたての喜び。中を割ると

DSC04346

リンゴごろごろ!ああ、アップルパイみたい。しあわせー。

DSC04348

こちらが、そのものずばりのネーミング「モーニング」。

DSC04349

特に何も挟まっていないシンプルなパンでしたが、ほのかな甘みがしみじみとあって

DSC04343

アメリカンとナイスコンビネーションでした。
湯気がムンクの「叫び」に見える。

余談ながら、オスロのムンク美術館に行くと「叫び」グッズがいっぱい売っているそうです。壮観だろうな。
ノルウェイは遠いので

DSC04344

はるか、東の国でコーヒーを飲み飲み、しばし魂トリップ。

このまま一時間待って、プレートも食べて行こうかなと思ったのですが、考えたら黒磯駅前の無料駐車場は一時間までなので、これにて退散。

★★★★お店情報★★★★

Iris イリス ブレッド&コーヒー

栃木県那須塩原市本町5-2

営業時間 9:00~18:00
定休日 月・火

※お店情報は訪問当時のものです


ソトアサしながら決意しましたとおり、

58

佐野市の、モダンでおしゃれなラーメン屋さん、「アメノオト」さんに食べにきました。

が、決意してから一か月以上経過してしまったので、メニュー名を忘れてしまった。
確かあの特集用のスペシャルメニューだったし、きっともう無いに違いない。

11

違うのにしよっと。

最近、はしっこグルメやカキフライの陰に隠れてましたが、実は私はとってもトマトが好きなのです。
トマトまぜソバにします。

「サイズはいかがしますか」

Sでいいです。その代わり、サイドメニューの「〆のトマトリゾット」をつけます。
合計950円で、ご予算的にも良い感じ。

待ってる間、店内を見回しましたが、ほんとーにオシャレです。
若い女の子が一人で食べている姿もチラホラ。

15

いろいろとこだわりが。
と、眺めていたら

DSC04321

来ました。カラー配分も美しく

DSC04323

肉要素もあり、トマト要素もあり、ビジュアルだけで私歓喜。

DSC04320

タバスコもあるので、味変できるワケですね。

DSC04325

麺は、平打ちタイプ?

DSC04327

では、いただきまーす。

ああ、これで、夏は冷やし海老トマクリが食べたい…

と、妄想で夏にトリップしてしまったほど、私の好みド真ん中ズギュンでした。

麺はもっちり艶めかしく、トマトとスープのコンビネーションもワンダホ。

DSC04329

チャーシューも美味しゅうございます。
頼んでおいてよかった、

DSC04331

〆のリゾット。

DSC04332

滋養強壮な味になり、風邪の時これを食べたら、目の幅涙になりそうでした。

まんぞくーっ。
夏は冷やしあるのかなー。


★★★★お店情報★★★★

アメノオト

栃木県佐野市堀米町455-1
シルフィード1F

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

いろいろ用事があって、県南方面に行くことが多かったのです。
高速なんぞ使わないので栃木街道→293コースが定番なのですが、このルートでソトアサして行くとなると

DSC04301

石窯パン工房パンテラスさんがセレクトに入りますのです。

一瞬、雪だるまが大谷石でできているように見えたのですが、目の錯覚でした。

お邪魔しまーす。なんにしよっかな。あ、あれとこれ。

DSC04290

こちらー。

DSC04291

まずはジャイアントフランクドッグ。350円。

DSC04292

寒さに耐える身体をつくるには、ある程度皮下脂肪も重要と存じます。
やっぱり、肉食べて力つけなければ。ああ、ぷっちんぷっちんした大きいソーセージ、とても幸せなひと時。

DSC04295

それと、クリームボックス130円。
郡山の名産品があるとは。もちろん郡山で食べましたよー

当時、大きさがラブリーサイズ(普通の食パンの大きさではない)であることにビックリしたのですが

DSC04298

こちらも、サイズは若干ラブリー気味。
甘いパンは、このくらいのサイズがよいのかもしれない。

甘すぎない、ぷるぷるしたクリームは牛乳プリンが乗っているようでした。

もしかして、市販の牛乳プリン買ってきて、いつもの食パンに乗せれば、ビッグサイズのセルフクリームボックスが食べられるのであろうか。

DSC04297

と、毎度どうでもいい妄想をしながら、コーヒーでボー。

こちらのコーヒー、無料サービスなのですが、めちゃめちゃ好みなのです。いつもお得気分に浸るのでございます。
※2018.7.31追記 現在は無料サービスはありません


★★★店情報★★★

石窯パン工房パンテラス

栃木県宇都宮市西川田町40-8

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
一回目  
二回目  この記事

三回目

↑このページのトップへ