1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

May 2017


ネットで話題のスポット。
矢板の八方ヶ原の山奥に、それはそれは美しい「おしらじの滝」なるものがあるそうです。
私は水場が好き。
さっそく行ってきます。場所がよく分からないんだけど。
ネットで得た情報では、とりあえず「山の駅たかはら」まで行って、場所を教えてもらうということでした。

DSC06277

別のネットで得た情報では、56号沿いの駐車場から滝まで歩いていくという話なんだけど…
こっちかな。

DSC06279

このように健全で楽しそうなハイキングルートに、幻の滝があるのであろうか。

DSC06280

あまりにも明るすぎる。なんか違う気がする。

DSC06281

やっぱり、基本に忠実に行こう。
山の駅たかはらさんに行ってみました。
すみません、おしらじの滝にはどのように。

「現在ご案内はできず、ルートも閉鎖されているのです」

でーっ。

国有地うんぬんかんぬんで、諸般の事情がモロモロ的な感じでした。

無理なものは仕方がない…
もう一つの目的。

DSC06282

山の駅たかはらさんでコーヒーを飲んでいこう。200円。
施設は9時からということで、もしや朝ごはんがあるかと、淡い期待を抱いて行ったのですが、レストランは10時半からでした。なんで調べて行かないのかしら、私。
(コーヒーだけは早めに飲めた)。

お腹減ったー。飲まず食わずでここまで車で来て、(ハイキングコースを)彷徨い、そりゃお腹減るわな。

DSC06285

しかし…

43

新緑に癒されたからいいや。

さすが山のお水、コーヒーも美味しゅうございます。

せっかくだし、正規に案内している滝でも観ていくかな。
雷霆(らいてい)の滝でしたっけ。
カッコいいお名前。
歩いて60分。

「一人はオススメしません。熊の目撃情報もありますし」

クマー…。

DSC06297

この道を60分。
他にも観光客がいっぱいいるから、大丈夫そうな気もするけど。

DSC06298

都内外資系OLの友人が「滝めぐりするなら一緒に行く」とか言ってたから、また次回にしよう。

DSC06289

アイス食べて帰ろう。

DSC06290

ソフトクリーム~。
ミルクソフトに、地元産ブルーベリー&ハチミツのトッピングっていいな。

「トッピングですと、(盛りの関係で)コーンじゃなくてカップになりますが、よろしいですか」

私はコーンが食べたいので、それはよろしくないです。

DSC06293

スカイベリー&ミルクのミックスにしました。

DSC06294

「ミックス山」に、再訪を誓い…

DSC06296

いただきまーす。

山で食べるソフトクリーム、さいこー。
この冷たさが、頭の中に雪山が屹立するようです。

せっかく名物のツツジの最盛期だし、ちょっと先にある黄金ルートのハイキングコース行こうと思ったら

カオス

のように混雑していたので、これにて下山。
何しに来たんだろう、私(コーヒー飲み)。

★★★★お店情報★★★★

山の駅たかはら

矢板市下伊佐野991-3 

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


先日の、定休日に当たってしまった上三川町のうどん屋さんに再チャレンジしようか。
それとも宇都宮で、行きたいけどまだ行けていない洋食屋さんにしようか。

うーん。

と、金曜の夜から悩んでましたが、うどん屋さんにしました。
なぜなら暑かったから。

2007年~2016年の口コミ調査隊は
こちら から。
2017年 
一回目 SANDY'S CAFEDINING and FUNJUNK(宇都宮市)
二回目 杏花楼(上三川町)※閉店
三回目 オアシスカフェ平松店(宇都宮市)
四回目 そば邦昭(宇都宮市)
五回目 
そば処 湧大(宇都宮市)
六回目 
菓子処 いい村(茂木町)
七回目 
藪しん(宇都宮市)
八回目 パン工房 小麦(真岡市)
九回目 土新(真岡市)
十回目 
寺田商店(真岡市)
十一回目 
寿司割烹よし喜(宇都宮市)
十二回目 
やきとん屋 善(宇都宮市)
十三回目 中華蕎麦しのざき(宇都宮市)
十四回目 松屋(壬生町)
十五回目 
パティアーラ(宇都宮市)
十六回目 イクバル(真岡市)
十七回目 
粗炊中華そばのじじ(宇都宮市)
十八回目 ロイヤルカリー(鹿沼市)
十九回目 モンペリエジュニア(宇都宮市)

6月を待たずして20回目の今回。
年末には50回くらい行きそうですが、今回は

DSC06234

海龍庵さんです。

DSC06235

全然予習せず来たけど、ぶっかけうどんあるかな。
うどんに大根おろしが乗ってるの好きなんだ。

33

無かった。
結構絞られたメニューですね。
カレーうどんが食べられない今(暑い時に熱いものが食べられない私)、実質的な選択肢は、ざる(冷)600円 or お昼のうどん850円。

お昼のうどん、限定30食なのがちょっと気になる。
なぜなら、私の食運は最近低空飛行だから。
ダメもとで。まだありますか。

「ございますよ」

やったー。それにします。

「茹でるのに時間かかりますので…」

ですよね、ですよね。ぶっというどんの証。

「こちら読んでお待ちください」

56

へー。「もちつる」系。

「温かいお茶と冷たいお茶、どちらがよろしいですか」

選べるのはいいですね。
暑い時に熱いの飲む方が健康にいいとは分かりつつ、気分が悪くなってしまうものは仕方がない。

15

なので、冷たい方~。
ああ、生き返る。

「お昼のおうどんお待たせしました」

きたー。

DSC06382

思わず、

DSC06383

うどんの色に視線がくぎ付け。地粉な感じ。

DSC06386

おいなりさんを食べて、心を落ち着けよう。
一年に一回食べるかどうか。それが私にとっての、おいなりさんの存在。
おいなりさんって酢飯なんだ。サッパリとして美味しゅうございます。
中に入っているゴマが良いキャラ。

DSC06389

天ぷら三種盛り。
右からピーマン、ナス、そして

DSC06393

鶏天!

ピーマンはサクサク、ナスは実がじゅあ~と口の中でとろける感じ。
鶏はしっかり味がついて、柔らかくていいですね。

DSC06390

それでは、うどん行きましょう。
薬味はネギ、生姜。
有料オプションでもいいので、大根おろしがあるといいなー。

DSC06392

では、いただきます。

「暴れん坊将軍」(♪でででーん でーでーでーでーん♪)

…というナレーションと共に、松平健がパカラッパカラッパカラッと白馬に乗って走って行くシーンが脳裏に。

口の中で、麺が暴れまわる。なんという元気の良い麺。
わたし的な食感は「つるぷに」ですかね。

食べ終わった瞬間、吉宗様の「成敗!」のセリフが脳裏に。
成敗されました。
後日お沙汰を待ちます。

帰りに、冒頭に書いた宇都宮の洋食屋さんに寄ったら(ダブルヘッダーじゃなくて、場所確認のため)、臨時休業でした。
危ないところだった…(中島敦「山月記」)。



06

参考までに。

★★★★お店情報★★★★

海龍庵

上三川町しらさぎ2-34-7

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

宇都宮名物「かぶと揚げ」。
幼少のみぎり、母方実家(陽南小方面)でテイクアウトできるかぶと揚げのお店があり、親戚一同が実家に集う時、そのかぶと揚げがテーブルに乗ったのです。
あの味が、今でも忘れられません。
ですが、あのお店は既になく、お店の名前も記憶になく…。

と、以前ブログに書いたら、「このお店ではないですか」と、コメントで南宇都宮の「みますや」さんを教えていただきました(ありがとうございます)。
味は近似値だったのですが、そのお店とは違うのです。あのお店はその後…。

と、ブログに書いた6年半後(つい最近)。

「みますやの近くに住んでいた」様からコメントをいただきました。

「南宇都宮のみますやも大塚町(陽南小)のみますやの親族の方だったと思います。(たしかいとこ?)お姉さんがから揚げ(昔はラーメンなんかもやってました。だから昼にも買えたのだと思います。)のお店をやっておりました。残念ながら亡くなられて閉店されましたが、子供の頃に飲みに行く親に着いて行って出来たてのから揚げをほおばっていたのを思い出します。」

謎はすべて解けたー!

そうなんですね、ありがとうございます。
西武近くの今はなきカレー屋さんの名前(インディア・ティーセンター)と並んで、「私の食の記憶で解けない謎二つ」でした。

ブログを始めたら両方解け、もう心残りはありません。
これで安心して…

さらなる食べ歩きに励めます。
かぶと揚げの話を書いたら、から揚げ食べたくなった。
そういえば、

DSC06421

我が家のポストに、から揚げ屋さんオープンのチラシが入ってた。
って、徒歩圏なので準備段階から知っていましたが。
オープンから3日間100円引き。さっそく行ってこよう。
駐車場がたぶん難しい場所ですが、なにせ徒歩圏。歩いていってきます。数分レベル。

43-1

クシャミをする間に着いた。
テイクアウト専門ですが、から揚げ弁当もあります。
100円引きですし、「大」ください。

もちろん、全部食べる…ワケではなく(ホント)、冷凍して後日お弁当に持っていきます。

DSC06406

でも、もちろん出来立ても食べます(1/3くらい)。

DSC06409

白いご飯台地と、から揚げ地方に分かれてますね。

DSC06413

自分用の小さいお茶椀(ホント)、二膳半分の迫力あるご飯台地。


DSC06412

さすが大。
ふっくらと美味しいお米です。
それを越えていくと

DSC06415

魅惑のから揚げ地方に。

塩だれと醤油だれのミックスですが、せっかくなので

DSC06419

一個ずつ食べてみましょう。
左が醤油、右が塩。

では、いただきます。

衣はサックリさくさく。肉汁はじゅわーですが、脂っぽくなく、好みなから揚げです。

DSC06418

味付けは、塩だれは、まろやかーな感じで、醤油だれは、咀嚼に伴い、味がじわじわ~と口に強く広がる感じです。

塩だれは、ご飯とハーモニー。
醤油だれは、ご飯が無くなっても、さらに味が強まって行くような。

わたしの好みからすると、ご飯のオカズなら塩、ビールのお伴なら醤油なところでした。

かぶと揚げは絶対、つまみです。

★★★★お店情報★★★★

からあげ 一歩 宇都宮泉が丘店
宇都宮市泉が丘2-1-3

営業時間 10:00~21:00
定休日 月曜日
※お店情報は訪問当時のものです

↑このページのトップへ