1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

May 2017

GWに都内外資系OLの友人が帰省した時のこと。

友「わたし、7月まで月2ペースで高尾山登るから、ヒマならつきあいなさいよ」

なんでそんなに登るの。

友「人間ドックが近いのよ」

私たちは同類。
腹囲減と体脂肪減に効くのは登山です。これは私と友人が人体実験で証明しました。

でも、標高341mの太平山で、高山病(的な二日酔い)になったので、もっと低い山で出直してからにします。
どこにしようかな。県内でまだ登ってなくて低い山。
あ、そうだ。

DSC06213

岩船山に行ってみよう。

DSC06214

いろいろ数え方はあるそうですが、日本三大霊山の一つだそうです。
あとは、恐山と比叡山。両方行ったことあるから、これで踏破。やったね。まだ登ってないけど。

DSC06217

では、頂上目指してれっつごー。

DSC06219

ひたすら階段でした。
前回の失敗を鑑み、30段登ったら水飲み&休憩を繰り返します。
でも暑いよー。

DSC06220

南国のジャングルを彷徨っている気になってきた。

DSC06221

休憩的スポットに到着。頂上が近くなってきた。

DSC06223

見晴らしもなかなか。

と、ずっと休憩していると、正直「もうめんどくさくなっちゃったなー」的な考えが大きくなってくるので、早めに切り上げます。

DSC06224

それでも、まだやっぱり階段。
ひーひー騒ぎながら上がっていったら

DSC06227

着きましたー。高勝寺山門。

DSC06228

死者の霊の集まる山かー。
確かに、なんとなく肌の感覚的に恐山と共通するものがあるかも。
まだ朝早いからか、他に人がいないなー。
卒塔婆がいっぱいあるなー(お寺だから)。

いろいろ怖い考えになってしまった。
そういえば、山頂はどこだろう。
ここでスマホを取り出し、検索する私。

DSC06231

えーと、三重の塔の脇をすぎ、卒塔婆の林を抜けて登っていくと

DSC06230

この先だと思うんだけど、フェンスが。

どうも、東日本大震災の崩落関係で、現在はここまでしか行けないそうです。

DSC06229

とりあえず登頂成功。


DSC06232

聖剣エクスカリバー的なテンションにもなったし、ここまででいいか。
下山下山(決して、怖くて急いでいたワケではない)。

DSC06197

道の駅みかもに行きました。
朝9時からレストランもやっていて、モーニングがあるのかなといつも思うのですが、無いのです。
おにぎりやサンドイッチはあるので、モーニング的に楽しむことはできるんですが。

すぐ近くの花センターでパンケーキを朝ごはん的に食べる予定があるので、アイスを食べよう。

DSC06190


「トルネードいちご乗せ」ってスゴイネーミング。トルネードって竜巻。
このイチゴ竜巻500円ください。

「アイスを白、赤、フレッシュから選んでください」

なんかよく分かりませんが、赤で。

「いちごカットしますので、ちょっとお待ちください」

DSC06193

モスバーガーのような。

DSC06194

なるほど、トルネード。
藤田スケールでF3くらいかしら。

DSC06196

いちごを食べ続けると、地層出現。
「白」はミルクジェラートで、「赤」はフローズンいちごが入っていて、「フレッシュ」はつぶした生のいちごが入っているようでした。

フローズンいちごが入っている場合って、クラッシュ状態が多いと思うのですが、こちらは丸のままのがゴロゴロ入ってました。

帰りに、レストランのメニューを眺めたんですが

DSC06198

「おとこセット」「レディースセット」ってすごいペアだな。
双方ともに健康茶がつくところに、どことなく微笑ましさを感じる。

★★★★お山情報★★★★

岩船山 高勝寺

栃木市岩舟町静3



★★★★お店情報★★★★

ジェラート工房(道の駅みかも内

栃木市藤岡町大田和678

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

GWに都内外資系OLの友人(以降、“外”と略します)が帰省したので、私、人妻の友人(以降 ”妻”)、鋭意育児中の友人(以降“育”)の四人で集まることになりました。
高校の入学式以来のつきあいで、「腐れ縁の会」と名がついております。

こういう場合の場所の選定は私。個人的趣味で

55

食彩工房 すずさんにしました。
10年以上来てみたかったお店なのに、来られなかった理由は3つ。

1.夜だけ営業でランチがない
2.郊外なので、車だと厳しい(飲まなきゃいいんでしょうけど、そりゃ無理)
3.お値段的に一人だと難しい

四人だから割り勘だし、誰かは車で来るだろうし(=帰りの足)、飲み会だし、全部の課題クリア。やったー。
で、現地集合にしたのですが

外「あんた車で来ると思ったから、私車おいてきちゃったよ」

妻「私もタクシー」

でーっ。

育「わたし車で来たから大丈夫」

希望の星よ。

中は全部個室でした。気楽でいいですね。別にヘンなことするワケじゃないですが。

外「車置いてきたって、ここまで何で来たのよ」

歩き。

妻「家から何キロ!?」

5キロ。飲み会の前には、それくらいせねばなりません。

外「人間ドッグの数値が悪かったのね」

聞かないでよ。

39

さあっ。何にしましょう。思いっきりいこうね、割り勘だし。

41

育「食べたいもの、一人一つずつ頼んでいくのはどう」

いいね、感情的あつれきも無さそう。

DSC05935

乾杯は、せっかくだし生のグラスで。
あああ、生き返る。頑張って歩いてきてよかった。

育「帰りも歩くの?」

送ってください。

DSC05936

お通し。軍艦巻きにして食べたい。こういうシーフードサラダ的なの好きです。

DSC05943

ヘルシー道を突き進む、鋭意育児中の友人のセレクトは「ロメインレタスのシーザーサラダ」。
ロメインレタスってでっかいのね。2オクターブくらいありそうな。

では、“黄身の儀”は私が。

育「黄身の儀?」

DSC05949

これ。
野菜シャキシャキ。黄身とドレッシングが濃厚に絡んで、至福のひととき。

DSC05948

都内外資系OLのセレクション、山菜三種(フキノトウ、白の木、たらの芽)の天ぷら。
ジャパネスクな食べ物好きだよね。外資系なのに。

外「玉こんにゃくは正義」

さっくさくの衣と、ほのかな苦みが身体中のコレステロールを追い出すようです。


DSC05950

人妻の友人のセレクション、真鯛のカルパッチョ。
鯛の食感のムチムチ加減がたまりません。

皆がヘルシー路線を征く中、私は本能全開路線を突き進みます。

DSC05952

これだー。
和豚もちぶたロース肉岩塩焼き!

DSC05955

野菜の配色もうるわしく。

DSC05956

それでは、「カットの儀」もわたくしが。

ああ、わが最愛の豚肉・「もちぶた」のうま味がシンプルかつストレートにガツンと。
しあわせー。

DSC05957

幸せなら、手をたたこう。で、レモンサワーを頼もう。レモンサワー友の会の会員です。
さあっ。みんな二周目に行きましょう。

DSC05960

引き続きヘルシー路線の鋭意育児中の友人は「アオリイカ」の刺身。
むちむちで美味しゅうございます。
わたしたち青春の居酒屋、東力士であなたはいつも「たこわさ」を頼んでいたわね。

育「好きなんだよ。イカタコ系」

妻「チーズびよん系行っていい?」

わが心の友よ。

DSC05962

アスパラとベーコンのチーズ焼き。
アスパラのシャキシャキ感と、チーズびよんの取り合わせはもはや、神レベル。

それでは、わたくしも思いっきり行かせていただきます。

DSC05971

特大エビフライタルタルソース添え!

DSC05968

まさに「屹立」という単語がふさわしい、このポーズ。

外「ぷりぷりのぷりっぷり」

私、頭だけもらえれば、残りはあげます。

外「ミソ狙いね」

いや、ヒゲ。このパリパリ感がたまらない。ぱりぱりぱりぱり。

DSC05978

三杯目、みかん酒。
わたしは柑橘系が好きなのです。ビバ、クエン酸。

外「では、私もジャパネスクな好み全開で」

DSC05975

外「生ホッケ塩焼きー」

でっかいね。3オクターブくらいありそうな。

育「家で食べるホッケと別物」

外「味が違うね」

甘い感じがします。ほこほこふっくらとした焼き加減もゼツミョー。
これで毎朝白いごはんが食べたい。

外「ごはんね。そろそろ炭水化物タイムね」

最後は四者協議でまいりましょうか。
しばしの激論の後、決定したのは

DSC05980

焼きそば。
太麺派だけど、細麺がおいしい。

外「焼きそばの命はキャベツ」

お値段ですが、4人で割って1人4320円でした。
開店の17:30から帰る23:00まで、食べに食べ、しゃべりにしゃべった5時間半でした。

★★★★お店情報★★★★

食彩工房 すず

宇都宮市川田町1029-1

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


「カレーにはご飯だ派」の私がチーズナン開眼してしまった理由はこちら

石橋駅の近くに美味しいうどん屋さんができた、と教えていただいて行ったお店が定休日だった話を書きましたら、教えてくれた方が憐れんで、上三川町の美味しいうどん屋さんを教えてくださいました。ありがとうございます。

行ったら定休日でした。

DSC06233

天は私を見放してるんだわー。と、天を…というか、うどん屋さんの上を見上げたらインド人がいた。
町で噂のインド人…。

DSC06237

うどん屋さんの二階はカレー屋さんだったのか。

DSC06240

日替わりカレーはトマトチキンカレー。
おいしそう。
これもきっと、天のさい配。
急きょ、チーズナン遍路に切り替え。

とか言って、チーズナンあるのかな。
なんせ、天に見放されてるし。

DSC06241

あった。
けど、ありすぎる。キーマチーズナンにガーリックチーズナン。
さらに、ナンピザ。インドとイタリアが同盟を。
そして、断面萌えにはたまらないナンロール。

なんてカオス。
さっそくお邪魔してみましょう。
窓の無いカオスな空間。

DSC06243

ランチメニューは存在していて、チーズナンは+250円。
予算、さらに私は日替わりのトマトチキンカレーを食べたっかったことを考え。Aランチにします。

合計1100円か(税別)。
ドリンクにラッシーがあるのは嬉しい。決まり。
と、言いたいところなんですが。

DSC06244

カレーうどん…さらに、ナンとミニカレーがつくという。世界は謎に満ちている。

DSC06245

オリジナル焼きチーズカレー…。
老舗喫茶に来たような間隔。

DSC06246

チキンティッカ飯。もはやカテゴリーが分からない。

DSC06248

ナンの生地は250g。チーズが250g。合計500g。つまりは0.5キロ。
考えるとスゴイ。
半分持って帰ろう。

DSC06252

ラッシーを飲んでいる瞬間は、なんというか無心になる。

DSC06256

ベーコンチーズナンに、明太子チーズナンまであるのか。
餅チーズナンとか、海老トマクリチーズナンとかも出てきそうな勢い。

DSC06250

サラダ。カオスなサラダが来るかなと思ってたのですが、オーソドックスなサラダ。

DSC06257

そして、ランチ御一行様到着。

DSC06259

生のトマトが乗っているって、インドカレー店においてはあまり見かけないような。

DSC06271

お肉ゴロゴロ!
トマトの酸味とカレーの辛みの融合がたまりません。

DSC06262

そして、0.5キロのチーズナン…
…?
下にあるのは

DSC06265

ピザカッター。
既に切れているのに、なぜでしょう。教えて、アルムのモミの木よ。

DSC06267

とりあえず、いただきましょう。
夢の「チーズびよん」タイム。
んーー

DSC06273


んーーーーーーーー(切れない)。

なるほど、ピザカッターの出番だ。

DSC06269

いただきまーす。

さすが250グラムのチーズ、溢れんばかりに、というか既に溢れてるけど、幸せの「チーズびよん」をもたらしてくださいます。

やっぱりナンは焼きたてがいいなー。カリカリしてふわふわして、エゾリスのようにずっとかじっていたくなる。

しあわせー。(半分持って帰りました)

次回は、ナンロールorカレーうどん食べたい。

その前に、うどん屋さんに行きたい。

★★★★お店情報★★★★

アジアン物語

上三川町しらさぎ2-34-7

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ