1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

June 2017



ブログを始めて今年で13年目なのですが、第一回記事は、今は無き「イヌイ」さんでした。
愛用していたイヌイさんが1000円ジャストで美味しいランチだったので、このブログタイトルになったようなもんです。
で、2回目はたぶん

24

カフェギャラリー柚さんでした。
当時(消費税5%時代)、千円ジャストで「ちょこちょこ盛り」でした。
13年ぶりに訪問。
時を経ても、ランチタイムの混雑っぷりと女子率の高さは変わらず。

58

お値段も千円+税なので、ある意味昔のまま。

00

14時以降だけど、おむすびプレートっていいなー。
ビール&惣菜盛り合わせセットも、もっといいな。

26

今はお弁当もあるんだー。

と、いろいろ眺めましたが、ランチください。

「どうぞ~」

49


前菜的に出てくる芋。
確か、昔も出てきた気がする。


07

そしてちょこちょこ盛り登場。
私が「ちょこちょこ盛り」に目覚めたのは、もしやこのお店だったのか。

19

器のお店併設だから、器も麗しい。
白いご飯が映える。

11

海苔のお味噌汁。
「若者の味噌汁離れ」というニュースが最近ありましたが、私も(若者じゃないけど)あまり飲まないので何も言えない(なぜなら一人分は作らないから)。
その代わり、外食においては高確率で飲むようにしております。

22

フライは、白身魚でした。
ちなみに揚げ物もしません。大量に出来てしまうからです(パン粉とかもったいないし)。
ゆえに、外食ではトンカツとかミックスフライとか、積極的に食べるようにしております(それが理由なんですよ!)

25

こういう「プラスサムシング」的な小鉢は嬉しい。

39

箸休めな「おふくろの味的数々」も嬉しく、箸が休むヒマがない。

16

コーヒーと白玉あんみつがつくのが、柚子さんウェイ。

21

13年前は「むしろ抹茶パフェ食べたい」と思った記憶がありますので、私も小食になりました。

09

かき氷が気になるなー。

次回はビールセットとかき氷にしてみようか。
13年経過する前に来よう。

★★★★お店情報★★★★

カフェギャラリー柚
宇都宮市一番町2-17

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください




宇都宮名物「かぶと揚げ」。

私が小さいころ、母方実家(陽南小方面)にテイクアウトできるかぶと揚げのお店ありました。
盆暮れなど親戚一同が実家に集う時、そのかぶと揚げがテーブルに乗ったのです。あの味が、今でも忘れられません。

あれは私の「ハレ」の味なのです。

と、以前ブログに書いたら、「このお店では」と、コメントで南宇都宮の「みますや」さんを教えていただきました。味は近似値だったのですが、そのお店とは違うのです。そしたら、「みますやの近くに住んでいた」様からコメントをいただきました

「南宇都宮のみますやも大塚町(陽南小)のみますやの親族の方だったと思います。(たしかいとこ?)お姉さんがから揚げ(昔はラーメンなんかもやってました。だから昼にも買えたのだと思います。)のお店をやっておりました。残念ながら亡くなられて閉店されましたが、子供の頃に飲みに行く親に着いて行って出来たてのから揚げをほおばっていたのを思い出します。」

6年半の時を経て、謎は解決したのです。

そうだ!今年の父の日は、みますやさんでから揚げを買っていこう。
母の日はケーキだった)。
きっと、「あっ、この味は!」「昔食べた、あの味だ!」と両親揃って泣いて喜ぶに違いない。

でも父の日は日曜日だった。お店お休みだ。
繰り上げで土曜日にしよう。

55

というわけで、六年半ぶりに「みますや」さんに伺いました。

こんにちはー、カブト揚げ4個ください。

両親・私で3個で済むところを4個買ったのは、もちろん私が後日再度楽しむためです(冷凍しとく)。

33

1400円でした。
4で割ると~。一個350円!
最近、500円超のカブト揚げも見かけますが、私にはカブト揚げは「庶民のごちそうカテゴリー」なので、アンダー500円でいてほしい。

「はいよ」

と、袋ごと渡すのもなんなんで、いちおう自分の家で盛り付けをして(一個を冷凍庫に仕舞い)皿にラップをして持っていきました。

DSC06670

なんてゴージャスー。娘の愛の集大成(に見える)。

DSC06672

兜に形状が似ているからカブト揚げという名称になったという話ですが、見ているだけでゴージャスな気持ちになりますね。

宇都宮市民の皆さま、カブト揚げはどういう順番で食べますか。
私の場合は

DSC06674

先に、足部分をかじって

DSC06675

ササミ部分をガブリと行き

DSC06673

最後は、骨回りをお名残惜しみながら食べます。

DSC06676

くしゅくしゅっとした揚げ加減の食感と、ビールのつまみにぴったりの「しょっぱさ加減」が、昔の思い出のドアを叩くのです。

さぁ、両親の反応はどうかな。どうかなー。どうかなー。

何も言わず、「人生の楽園」を見ながら食べてました。
ちょっとー、なんか気づかないの。

「何が」

ダメだこりゃ(by いかりや長介)。

★★★お店情報★★★

みますや

栃木県宇都宮市吉野1-3-3
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目 この記事




幼少のみぎり「はいからさんが通る」にハマって以来の大正時代マニアとしては、「道の駅きつれがわ」が大正ロマンテイストにリニューアルをしたと聞いて、ぜひ行ってみたかったのですが、混雑っぷりを聞いて恐れおののいて、まだ行ってませんでした。

が、リニューアルから2か月経過したし、朝イチなら大丈夫かなーと思って9時半頃行ったのですが、正面駐車場はすでに満車でした。おそるべし。
第二駐車場におきまして、いざ

DSC06740

大正ロマンの世界へ。
ああ~、芝生の場所にあった建物が全部無くなってしまったのね。
飲食店は全部中に入ったのか。

当初の予定では、「あさのポーク」さんで完売必至という「カツカレー」をソトアサ的に食べようと思っていたのですが、

48

竹末道の駅本陣さんの開店が10分後に迫っていたのでした。
へー。10時開店なんだ。
午前中の早い段階なら、ラーメン食べるの可だし(体重調整的な意味で)、食べようかな。
竹末さんの本店は10回くらい行ったことあるけど、支店は行ったことないんだー。

45

うっ。
冷やし中華がある。
冷やし麺LOVERとしては選びたいところだけど、この日はちょっと涼しかった。

56

ご当地系好きだし、このごちそうラーメンにしようか。
アンダー千円だし。これください。

「こちらの番号札でお呼びします」


30

果たして、20番の方と呼ばれるのか。それとも、「バーボン人生様」と呼ばれるのか。
ドキドキしながら待つ私。

「20番の方~」

安堵と寂しさ。

DSC06741

こちらが、私のブランチ。

DSC06744

配色も「ごちそう」テイスト。

DSC06745

ご当地ごちそう魚の「プレミアムヤシオマス」と、ウナギのペースト。

「少しずつスープに溶かしてください」

と言われたのを忘れ、イッキに溶かしてしまうのが私のテンプレ。

DSC06747

いただきまーす。

おおっ。

麺がもっちもちの、もっちもち。噛もうすると「うにょー」と伸びる。

DSC06749

ラーメンにおいてはチャーシューの方が好きですが、牛肉。
それだけで、どことなくゴージャスな気分になる。

DSC06751

ゴージャス肉とゴージャス魚のゴージャスな味が溶け込んだスープは、まさに「ごちそうスープ」。

これこそ、ライスを入れてリゾットにしたい。
ごちそうさまでした。

隣のコーナーの「カツカレー」に後ろ髪を引かれながら帰る私でした。

予告:次回「道の駅きつれがわ」登場時は「カツカレーでソトアサ!」(たぶん一か月後くらい)

★★★★お店情報★★★★

竹末道の駅本陣

栃木県さくら市喜連川4145-10 道の駅きつれがわ

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
※この記事現在は10時開店です

↑このページのトップへ