1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

August 2017


それまでパスタといえばペスカトーレ一択だった私が、海老のトマトクリームソース、略してエビトマクリにハマったのは、今は無き「VOGUE」さんの千円ジャストエビトマクリに出会ったから。
いつ出会ったのかと当時の記事を読んでみたら、2008年の時点で「6年前」ってことは2002年で、今からだと15年前。

それ以来、私の心を支配しているエビトマクリ。
そうしましたら、2009年の口コミ調査隊funeさんをご推薦いただきました、う~み様からメールを頂戴しました(すみません、いただいたの去年の12月です)。

>名前と外観のとおりインドネシア料理がメインらしいのですが、
>パスタランチもありまして、乾麺と生麵が選べるうえ、
>えびではないけど、カニトマクリが+料金なしでいただけるんですよ!
>ドリンクバー、前菜盛り合わせ、サラダ、デザート2種が付いて、確か1100円だったか1200円!
>すごいコストパフォーマンスで す!!
>私は生麺のカニトマクリにしましたが、本当においしくて幸せでした

カニトマクリも好きです。
でも肉系のトマクリはクドくて苦手です。野菜のトマクリは物足りず、やはりエビ。

では、行ってきましょうか。

2007年~2017年前半(20回目まで)の口コミ調査隊はこちら から(今年多いので、前半引っ越しました)
21回目となる今回は

56

バリアンさんです。
その名の通り南国テイストなのに、涙雨の空模様。
気分だけでもリゾートになってやるー。

48

ちょこちょこ盛りLOVERとしては、普段ならコレ選ぶところです。

14

フォーも好きなんですが

11

生パスタで行きましょう。
渡り蟹のトマトクリームください…

むっ!?

「ぷりぷり海老のトムヤムクリーム」

略してエビトムクリ。
どのような味。
すみません、これください…。
クーポンで100円引きだから、実質1000円グルメ(税別)。

「ドリンクバーどうぞ」

あまり種類をこなせない私としては、ドリンクバーはちょっともったいないのだけど


47

とりあえずオレンジジュースを飲みながら、心の中に南国を思い描こう。
青い海、白い砂浜。今、私は浜辺でくつろぐナマコ…。

「サラダと前菜です」

ナマコから人間に戻りました。

DSC07491

カロチンが嬉しいニンジンたっぷりのサラダ。

DSC07494

ちょこちょこ盛りLOVERの琴線に触れる前菜盛り。

「パスタです」

DSC07495

エビトムクリきたー。

DSC07497

頂点にあるパクチーが、パクチー命の私を萌え立たせる。

DSC07498

ぷりぷりっぷりが証明されているかのような、海老ビジュアル。略してエビジュアル(今考えた)。

DSC07504

では、いただきます…
お味としては、クリーム+ナンプラー な感じでしょうか。
私の脳内ライブラリーに無い味。
クリームの濃厚な沼にハマった私に、ナンプラーという救いの手がさしのべられ、パクチーという翼が生えたような。そこに、海老ぷりぷりぷり。

不思議なひと時でございました。

もうこれで満足モードに浸っていたのですが

「デザートですー」

DSC07505

なんと、杏仁豆腐とカボチャプリンの二種盛り。
しかも、カボチャプリン濃厚。

いろんな意味でトリップしたランチでございました。


★★★★お店情報★★★★

バリアン

宇都宮市岩曽町32-2

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


私は「桃を丸ごと」使ったケーキが好きでして、好きすぎて2014年夏はそればっかり13個食べました
で、食べすぎて(桃そのまま買って食べた方が安かったという理由も少し)2015~2017年8月上旬までは食べていなかったのですが、

30

イートインスペースができたという芳賀町の古賀洋菓子店さんに行きましたら、ショーケースにあり、それを観た瞬間「心の封印」が解かれまして

DSC07564

3年ぶりに解禁となったのです。
桃タルトが490円、コーヒーが250円、合計740円。

DSC07565

「桃は

DSC07567

エロティシズムの極致~」と言ったのは、川原泉女史の「Intorlerance... あるいは暮林助教授の逆説」に出てくる各務先生。
桃記事を書くたびに、この話を書いている気がしますが、いまだに最終ページの暮林教授のモノローグの意味が分からない。

DSC07570

ドリンク類はホットコーヒー一択でした。

DSC07569

桃丸ごとケーキを見るたび思うのですが

DSC07573

いったい、種はどこから抜いたのだろうと。
地下鉄の電車 はどこから入れたのか考えてると一晩中寝られないという、春日三球師匠のようだ。
ほの暗い中にクリームが見えますが

DSC07574

種の代わりにクリームたっぷり。しあわせー。
桃の食感は色々なのがありますが、私は柔らかいのが好きです。
中間地点のような柔らかさでした。

DSC07576

底にあるタルト生地を、桃の余韻に浸りながら食べるのが好きでして、これが

DSC07571

コーヒーと非常にナイスコンビネーションでした。

しあわせー。

39

桃アイスも気になったんです。
夏が完全に終わる前に食べに来ようかな。

★★★★お店情報★★★★

古賀洋菓子店

芳賀町下高根沢3942-46

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


青い空って、どんな光景だったっけ。

06

と、毎日毎日の曇り空を見ていてウツになる私。

こんなことでは、気分がふさぎ込んでしまう。
ちょっと、プチトリップして来よう。
というワケで、↑の田園風景の中にある

40

イタリア食堂 ヴェッキオ・トラムさんに行ってみました。
「古い路面電車」という意味だそうです。
鉄子の血が騒ぐ。
イタリアだし、電車だし、

♪フニクリ、フニクラ~♪

と、思わず口ずさんだけど、これは登山鉄道の歌であった。
wikiを見たら「世界最古のCMソング」とあったけど、世界最古は平賀源内の作詞作曲、歯磨き粉『漱石膏』かと思っていた。

さて、大人気なお店ですので、ランチタイム終了間際を目指してまいりまして、ラッキーなことにカウンターに座れました。

10

予算的にはパスタランチなんだけど、好み的にはワンプレート。
どうしよう。

うーん。

イタリアに行く旅費を考えたら安い。プレートランチくださいまし。

「地元野菜のビュッフェがつきますので、どうぞ」

わーい。
しかし、なんせランチ終了間際。
あまり残っていなかった。

12

それでもなんとか、一皿分確保。
赤系が欲しかった(トマト系)けど、もう完売でしたの。しくしく。

17

野菜の旨みと風味がストレート速球150㎞/hな感じのお味。
中央のキャベツのロースト(?)がおこげが香ばしくていちばん気に入りました。

20

フォカッチャもつきます。
今食べようか、プレートが来てから食べようか悩みつつ食べていたら、来る前に完食してしまった。

06

そしてプレート登場。

11

いろいろな種類のハムやソーセージが乗っていますが、これはアレですね、いわゆる「大人のブドウジュース」を飲みたくなりますね。

12

中央の温玉はどうやって食べるのがよろしいのでしょう。
フォカッチャにつけつつ食べるべきだったろうか。時すでに遅し。

17

ガーリックライスに乗せて、「イタリアン卵かけごはん」でいくべきか。

14

自家製サルシッチャがありますよ、というのが、私が選んだ決め手だったのですが
(なぜなら孤独のグルメのサルシッチャの巻が脳裏に焼き付いていた)

35

これが非常に肉肉しく、スパイスもピリリときき、とっても気に入りました。
ああ、これだけ大皿いっぱいくらい食べたい。

45

ドリンクはアイスコーヒーをセレクト(毎度)。
オマケでプチトリュフもつきました。

48

やはり、暑くないと冷たい飲み物の魅力も、薄れてしまう気がする。
アイスコーヒーは例外だけど(for me)。

51

自家製トリュフも、非常においしゅうございましたー。

次回は夜来て、オトナの酒盛りをしてみたい感じです。駅から歩いて来られるかなぁ。

★★★★お店情報★★★★

イタリア食堂 ヴェッキオ・トラム

高根沢町石末1785

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ