1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

October 2017

いも・栗遍路の最中に「まっつん」様からコメントをいただきました。


>西川田駅前に、先月オープンしたパンだ~パン屋さんですが、こちらの鳴門金時あんぱんお薦めです

では、口コミ調査隊に突入。
2007年~2017年前半(20回目まで)の口コミ調査隊はこちら から(今年多いので、前半引っ越しました)
後半戦
21回目バリアン(宇都宮市)
22回目Cafe x Cart(宇都宮市)
23回目くじら亭(栃木市)
24回目山本 L'atelier de cuisine(宇都宮市)
25回目高塩菓子店(矢板市)

26回目の今回は、本当に西川田駅真ん前の

12

パンださんです。
朝7時半からなので、イートインスペースがあればソトアサスポットなのですが、残念ながら無し。
ラブリーな規模のスペースに、少量多品種、懐かし系のパンという感じでした。
このまま急いで出かけなければならないので、じっくり選ぶ余裕がなかった。
目に着いたものを買おう。
これっ。

それと。

あれ、何を推薦されてたんだっけ(よく忘れる)。
鳴門金時パン?
あああっ。安納芋あんパンしかない。
両方さつまいもパンだから同じといえば同じ。
以上2つください。

合計280円でした。
130円と150円で、どっちがどっちか忘れたのですが
一目惚れで買いましたのは

DSC08286

こちら。
いわゆる、郡山銘菓クリームボックス的な。
ミルクトーストだかミルクボックスという名前だったかな。

本場の方は正方形でラブリーサイズですが

DSC08288

こちらはキッチリ長方形。
こんもり盛られたほのぼのクリームと、しっとり系の食パンが、ほのぼのコンビネーション。

DSC08291

これが鳴門…じゃなくて、安納芋あんパン。

DSC08292

形状も、さつま芋めいて見えます。

DSC08296

甘みの強い芋あんが、これもほのぼの要素100%。

ほのぼの系が好きなので、とても気に入ったパン屋さんでした。
次回は、(自分が)落ち着いている時に行ってじっくり選んで買いたい。


★★★★お店情報★★★★
えきまえぱん屋 パンだ
宇都宮市
西川田3-7-7
営業時間 7:30~18:00
定休日 木曜日
※お店情報は訪問当時のものです

こういう理由で10~12月の日曜日は、いも・栗 甘味遍路です。
「たまき」様からコメントをいただきました。

>矢板市の高塩菓子店さんの栗きんとんが 美味しかったのでおすすめです。
>イートインでコーヒーも飲めます。 9時からですのでソトアサにもなりますか?!

なります!

では、口コミ調査隊に突入。
2007年~2017年前半(20回目まで)の口コミ調査隊はこちら から(今年多いので、前半引っ越しました)
後半戦
21回目バリアン(宇都宮市)
22回目Cafe x Cart(宇都宮市)
23回目くじら亭(栃木市)
24回目山本 L'atelier de cuisine(宇都宮市)

25回目の今回は

DSC08326

そんなワケで、矢板市の高塩菓子店さんにソトアサ兼いも栗甘味遍路で参りました。
アンコが苦手なので、自主的に和菓子屋さんの暖簾をくぐることは滅多に無い私をしても

DSC08298

おおおっ。

と、思わず歓声をあげてしまうショーケース。

DSC08300

魂が引きこまれてゆく。

DSC08299

失われる理性。

わたし、何しに来たんだっけ。
あ、栗きんとんください。
この栗蒸し羊羹も食べます。

57

コーヒーも飲みます。
酸味が苦手なので、何かみつくろってくださいませ。

「アメリカンオススメです」

ではそれで。
合計870円でした。

21

カフェスペースで待ちます。

DSC08304

あら、かわいー。

DSC08308

栗きんとん。
思えば、今回の出発点は栗きんとんであった。
ゆえに、栗きんとんの食感にも色々あるんだと知りましたが

DSC08311

こちらの栗きんとんは、非常にしっとり。

うぉーたー ぷりーず

と、水分が欲しくなるようなパサパサ感はございませぬ。

DSC08315

羊羹苦手の私をしても、「これください」と言ってしまう魔力をもった栗蒸し羊羹。
誰かが栗蒸し羊羹の熱烈なファンだったなー、誰だったっけ。
「やっぱり猫が好き」の、かやの姉さんだった。
私が全話DVDを持っている唯一のTVドラマ。

DSC08316

ホコホコの栗と、もっちりした羊羹のコンビネーションが素敵です。
あまり甘すぎないのも好みです。

「コーヒーの方にサービスです」

DSC08319

白あんとホワイトチョコをあわせて柚子を加えて、求肥に包んで~だそうでした。
ネオジャパネスクー。

DSC08323

まろやか~な珈琲も、めちゃ好みでした。

和菓子にコーヒーってあうのねーっ。

またぜひ来よう。と誓ったソトアサでした。

★★★★お店情報★★★★
高塩菓子店
矢板市木幡2582-3
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


栃木市にできた和風スタバにソトアサ遠征した帰り路。

「←コメダ珈琲」

の看板がありました。
あれ~、栃木市にコメダあったっけ。開店したんかな。

思い返せば、コメダを知ったのは「スタバVSコメダ」の新聞記事でした。
これもご縁だ。

DSC08184

寄っていきましょう。朝食ダブルヘッダーになるけど。
せっかく栃木市まで来ているワケだし。
外観はどこのコメダも同じなのかなー、

DSC08183

アイスコーヒー飲みたいけど、さぶいしなー。

11

A~Cだけど、あんこ苦手なのでC回避。
AかB。
ゆで卵の殻を剥くと言う行為で、少しでもカロリー消費。Aにします。

「お飲みものは」

アイスコーヒー…。

「普通のでよろしいですか?」



「金のアイスコーヒーもございます」

金の斧と銀の斧みたい。

いいえ、普通のコーヒーが飲みたいのです。
と言ったら

「あなたは正直な人ですね。金のアイスコーヒーをあげましょう」

となるのだろうか。なわけはない。
飲んだことないので、金のアイスコーヒーください。
520円なので、冷製じゃなくて冷静に考えると、なかなかセレブ価格。さすが金。

54

ヨーグルトもあるのかー。
山食パン…。そういえば、コメダがトースト専門店だしたっけ。
と思ったら、コッペパン専門店の間違いだった。

DSC08187

本日二度目のモーニング。

DSC08189

このスタイルできた時、皆様どのように食べますか。
私は切れ目に沿ってトースト三分割し、二つでタマゴをサンドし、残りの一パーツを普通にかじります。

DSC08190

そういえば、コメダのアイスコーヒーって事前に申請しないと、加糖なんだっけー。
と危惧したら、ブラックでした。さすが金。
お味も、さすが金でした。
リピートしたいけど、520円はなかなか考える(ドトールで何杯飲めるとか考えてしまう)。

このカップ欲しいなー。山登りに持って行って、頂上でこれでコーヒー飲みたい。
某四文字漢字の喫茶店チェーンは、カップ売ってくれるんですよね。一万円くらいの。
以前、バイトしてた知人に訊いたら「一日一人くらいは買う人がいた」という話でした。

★★★★お店情報★★★★
コメダ珈琲店栃木箱森店
栃木市箱森町2-44
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ