1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

December 2017


世間的にお祭りムードなので、家でひきこもりしていようと思ったのですが、まぁ実家にクリスマスのご馳走持って行くか、と実家で過ごすことにしました(食事タイムだけ)。
実家のクリスマスは三点セットが必要です。

1.クリスマスケーキ
2.チキン
3.お寿司

まず、1のクリスマスケーキ。
私は色々冒険したいのですが(種類的な意味で)、実家の両親はいわゆる「いちごが乗った生デコレーションケーキ」しか認めないタイプなので、それにしました。
お店はどこにしよーかなと悩んだんですが、今年はきばりまして、ちょうどモンブランを食べに行ったころに予約受付をしていた

DSC09479

フランス菓子 グゥさんにしました。

自宅に持って行く前に写真撮ろう。


DSC09484

まぁ、いちごが円周上にあるのではなく、中央部に集中している。

DSC09487

立山黒部アルペンルートの雪壁バスツアーの気分。

次にチキン。
我が家のクリスマスチキンは、初代 スギタの鶏ももロースト → 次代 半田精肉店の鶏もも揚げ だったのですが、スギタさん小売やめちゃったし、半田さんも閉店してしまわれた。
しばらく悩んだのですが

38

小閣樓さんの

46

「上海チキン」にしてみました。
一羽で2500円。
前々から食べてみたかったけど、半身でも1350円なので、一人で食べるには色々な意味で難しいかなと思っていたのです。
クリスマスは予算ストッパーが壊れているから、一羽でいいや。

で、家に帰って

「あれっ」

DSC09489

容器が二つ。
ということは、半身×2

DSC09490

さらに、細かくカット済み。

DSC09492

このまま持っていくのも有りなんですが、ちょっと演出しましょうかね。

DSC09459

毎度おなじみ「あぜみち」さんで野菜買ってきて

DSC09499

こんな感じ。


DSC09500


おおっ。イッキに華やかに。

お寿司は回転寿司でお安めのを買っていきました(予算尽きた)。

で、気合いいれて家に三点セットを持っていったら

「おでんできたよ」

なんでおでん。

お味ですが、
グゥさんのケーキ
私→お上品な味ですわ
母→おいしーね
父→甘い(そりゃ一人でホールの半分食べてりゃ)

上海チキン
私→燻製のような感じ。ちと味が濃いのでつまみ向き。大みそかに「孤独のグルメ」観ながら食べたい
母→高齢者の歯には、ちと難しい
父→同上

でした。

★★★お店情報★★★

フランス菓子 グゥ

宇都宮市末広2-13-2

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目
三回目この記事


★★★★お店情報その2★★★★
小閣樓
宇都宮市宝木本町1140
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

ほんのつい先日、暑いと騒いでた気がするんですが、気が付けばあと一週間で今年も終わりですよ。おそるべし。
一年が早すぎる。
藤子・F・不二雄先生のSF短編で、加齢と共に
本当に時間が早くなる話があったなぁ。

と、呆然としながら街中を歩いていたら

20

オリオンスクエアにサンタ姿のランナーがいっぱい。
なんだろーと思ったら、サンタdeランというイベントがあったようです。
そうか、クリスマスか。
小さいころは、新聞折り込みのオモチャ屋さんの広告を楽しみに見てたけど、もはやそれもない。バターケーキももう食べられないし(クドく感じてしまう)、峰小近くのスギタさんの鶏もも肉ローストも、もう買えない(小売りやめちゃった)。

時は流れる…。

今、目の前にサンタが集っているオリオンスクエアも、どこまで変遷の記憶があるかで歳がわかるといいますが。
私は109→アムス→ミドリヤまで行けます。
母はその前の山崎百貨店までさかぼれるそうな。

と、時をかける少女の気分でいたら(どうしてIMEは朱鷺×少女と変換するんだ)

17

あれ、コーヒー屋さんができている。
閑居洞さんとな。
と思ったらそれは建物のお名前で、
Cafe ink Blueさんというお名前でした。
ああ、そういえば某フリーペーパーでオープン情報を見た。
珈琲とワッフルのお店だそうな。

23

ホットチョコレートとかいいですねー。
と言いつつコーヒーにしよう(基本的に甘い飲み物が苦手)。

「360円ですー」

DSC09453

あら、かわいー。
シングルベルに慣れた(というか既に当たり前になってしまった)私に、クリスマス気分をもたらしてくれた。

そういや、去年ハマった「逃げ恥」で、独身のオバさん(百合ちゃん)がクリスマスから逃れるために、イスラム圏のモロッコに旅行に行ったけど、結局クリスマスムードだったという話があった。
つい昨日観たような気がしたのに、もう一年。おそろしやー。

DSC09455

きっと、来年の今頃もこの記事を見返して「えっ。もう一年なの」と騒いでいる気がする。

DSC09456

しかし、とりあえず今はコーヒーで

DSC09457

ボーっとしながらクリスマス気分に浸ろう。

めりくりー。

★★★★お店情報★★★★
Cafe ink Blue
宇都宮市江野町9-8 山崎ビル 閑居洞
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

いも・栗・甘味遍路の最終回は大みそか予定なのですが(二本)、その前に番外編を。

佐野の一本堂さんに食パンを買いに行った時、気合いを入れすぎて、開店(9:30)よりかなり早く着いてしまいました(9:00)。

ヒマなのはイヤだ。
どこかないかー

と、探したところ、すぐご近所に

58

果子 うさぎやさんがありました。
9:00開店なので、開いていた。らっきー。
和菓子屋さんだけど、どこかモダニズム。
矢板の高塩菓子店さんを思い出しましたが、こちらはテイクアウトオンリー。
ソトアサならず。

基本的に和菓子系があまり得意ではない私は(理由:あんこ)、あまり和菓子屋さんの暖簾をくぐらないのですが、それでも奪われる視線。
え~~~と。
コレとコレください。

DSC09312

「お早めにお召し上がりください」と書いてあるので、期待にお応えし、もう食べてしまおう。

DSC09314

じゃーん。
お月見団子。
なんと86円(税別)という怒涛のリーズナボ価格。

DSC09317

いわゆる「みたらし団子」にアンコが包まれているという、普段の私だったらあえて積極的には食べない内容なのですが、あまりにもビジュアル(と値段)がうるわしく…。

DSC09322

いただきまーす。
もちもちの団子生地にアンコが包まれ、そこに甘じょっぱいタレがマッチング。

しあわせー。

ここで熱いお茶を飲みたいところだけど、ほとんど田んぼの中であった。

もう一つ買いましたのは、せっかく「いも・栗」遍路の真っ最中なので

DSC09353

栗おこわ500円。
さすがにこちらは家に帰ってから食べましたが

DSC09354

ほのかな甘さと、ほのかなしょっぱさの栗が、ほっこりほこほこ。
もっちりもちもちのおこわと、もうゼツミョーのハーモニー。

まんぞくでしたー。
また行って、お団子類全制覇したい。

★★★★お店情報★★★★
果子 うさぎや
佐野市田沼町77-7
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ