1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

February 2018

いちごパフェ流れ旅を始めた理由はこちら
6月くらいまで、毎週日曜日は「いちごパフェ流れ旅」です。

初期のころは、百貨店の贈答用でしか見かけなかった「スカイベリー」ですが
最近は普通にスーパーの店頭で見かけるようになりましたね。
連動して、お値段も少し下がった気がする。
と言っても気軽に手は出ない値段。

今回は、先月号の「もんみや」のスカイベリー特集に出ていらした

36

古賀洋菓子店さんです。
イートインスペースがある、一人暮らしにはうれしいケーキ屋さん。
(1個だけ買って帰るのは、なんとなく心苦しく)

スカイベリーパフェがあって、420円だとか。
それはうれしい。ぜひ、プリーズ。

DSC00333

かわえー。

DSC00332

お子様大喜び(私も)。

DSC00335

王冠部分にカスタードがたんまりなのが、ケーキ屋さんテイスト。
その下にラズベリーソースがありまして

DSC00334

地層部分は生クリーム、チョコソース、イチゴクランチ。

DSC00338

イチゴはもちろんスカイベリー(芳賀町産だそうで)。

DSC00340

麗しの「見返り美人」姿。

では、いただきます。
頂点のチョコ2粒が非常に気に入りました。食感もカリカリ感があってたのしいです。
地元産のスカイベリーは、とてもジューシー。
他の部分のゴージャスなこってり感を、スカイベリーで〆るような気分です。
食感もいろいろで、食べていて楽しいパフェでございました。
これで420円はわんだほーです。

数年前に、某所でスカイベリーが1粒だけ乗って千円というパフェを食べたことに
隔世の感。

★★★★お店情報★★★★

古賀洋菓子店

芳賀町下高根沢3942-46

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目 この記事




いちごパフェ流れ旅を始めた理由はこちら
6月くらいまで、毎週日曜日は「いちごパフェ流れ旅」です。

県外編ですと多種多様ないちごが登場するのですが、県内めぐりですと、だいたい「とちおとめ」。好きなので万事OKなんですが。
そしたら、ゴゴママ様にコメントで教えていただいたのですが、矢板市の
58ロハスキッチンさんで、ティータイムにロイヤルクイーンのいちごパフェが登場するんだそうです。

ロイヤルクイーン!
確か、2014年に今はもうアールメッツから撤退してしまったコージーコーナーで食べた。
女峰を発明した人が作った品種だとかなんとか。

珍しいなー。入ってこよ。いざ、口コミ調査隊に突入。
2007年~2017年の口コミ調査隊はこちらから。

今年は
1回目 カトマンズキッチン(宇都宮市)
2回目 ステーキ食堂はやぶさ(芳賀町)

…に引き続き、三回目、

01

ゴルフ場にある

17

こちらの建物にあります

57

58ロハスキッチンさん。

一回来てみたかったんですが、私のお財布では予算が厳しいのであった。
だがしかし。

13

カフェタイム登場するいちごパフェ単品は850円。
いちごパフェで考えると、むしろリーズナボに属するお値段。

13

おお、やっぱりロイヤルクイーン。
栃木県内でロイヤルクイーン単品のパフェを食べられるのは、おそらく現段階で唯一無二の場所ではありませんでしょうか。

DSC00669

うるわしのお姿。

DSC00667

威風堂々のお姿。まさに女王陛下。

DSC00676

地層部分は、シリアル、クリーム、スポンジ、いちごソースの地底湖かな。

DSC00671

フィギュアスケートのスピンのよう。
(ザギトワちゃんのフリー、華麗でしたね。バレエのドン・キホーテ好きの私、歓喜)。

DSC00679

いちごの切りたての馥郁とした香り

DSC00683

女王陛下の差し出す手をいざ受けとり

DSC00685

いただきます。

ジューシー!非常にジューシー!

とちひめ(姫様)の瑞々しさのようでございます。
敷地内でロイヤルクイーン摘みもできるから、採りたてホヤホヤなのでございましょう。
そして甘く酸っぱく、いちご故の幸せ。

まんぞくー。

1パック550円で売っていたので帰りに買おうかとも思ったのですが
とりあえずパフェの想い出を上書きしたくなかったので
そのまま帰りました。

後でまた買いに行こう。

★★★★お店情報★★★★
58ロハスキッチン
矢板市安沢2180
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください



「予定は未定」

なんて簡潔かつ明瞭な言葉でございましょう。

本来、鹿沼市花木センターの「いちごのもり」に行こうと思った時は

・とにもかくにも、まずは「とちひめ(姫様)」をゲットする
・あとはゆっくり他のブースをまわる
・ケーキは2個食べよう
・コーヒーも飲もう
・何かメインディッシュとなるものを食べよう
・終了

の予定でした
それが、最初の姫様で2600円が飛んでいき、予算が尽きたので私は帰ることになりました。

そうなることも知らず、その日のソトアサは花木センターに行く途中の

44

BAKERY PENNY LANE (ベーカリーペニーレイン) 鶴田店さんに寄っていったんです。



05

来るのは実に6年半ぶりであった。
最近、宿郷店と岡本店ばかり行っているので、どういう配置になっていたのか忘れていて、しばし悩んでしまった。

さて、どうしよう。
この後、いろいろへヴィーだから、軽く済ませようか(抜かすという考えはない)。

この「クロックムッシュボロネーゼ」っておいしそうだけど、ちょっとへヴィかな。
ハーフサイズの値段が書いてあるけど、置いてない。

「お切りしますよ」

あ、オーダーだったのね。
コーヒーもこの後飲む予定だから、スープにしようかな。
すると、ミネストローネかクラムチャウダーなんだけど、クロックムッシュがクリーム系だから対極のミネストローネにします。

DSC00710

クロックムッシュのハーフサイズが180円、スープが470円。

DSC00700

こちらがクロックムッシュ(半分)。

DSC00702

間に挟まれたボロネーゼの赤に萌え。

DSC00705

表面の「コショウつぶつぶ」にも萌え。

とろりんとしたホワイトソースをコショウがぴりりと〆、ボロネーゼが濃厚なハーモニー。

DSC00711

ミネストローネも、具だくさんのあまり沈殿していました。

ソーセージも入っていたので、肉的欲求も収まりました。


それでは、行くぞー!お祭りへ。


(そして、想定外の事態に)



★★★お店情報★★★

BAKERY PENNY LANE (ベーカリーペニーレイン) 鶴田店

宇都宮市鶴田3-1-4
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目  この記事

↑このページのトップへ