1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

June 2019

10月くらいまで、毎週日曜日の記事は「かき氷遍路」です。

夫は冬春トマトを作っているので、収穫終了と共にハウスの中を片づけます。
トマトの樹を引っこ抜いて(何千本)、根っこの土を払って、まとめて外に運び出すのですが~。
私は炎天下のマラソン大会にも出て完走したし、炎天下の山登りもやってるので、暑さ耐性はあるはず。手伝いますよ(さすがに)。

夫「ハウスの中の作業は、また違うって。やってみてもいいけどさ」

午前中、30分作業すると30分(外で)休むの繰り返し。
30分と言わず、一時間くらい作業できますよ。

夫「違うんだよソレが。自分でも気づかないうちに疲れがたまるんだよ。ヘタすると熱中症」

まさか~
なんて言ってたら、午後寝込みました。
さすが、違う…。
しかし、この日々はひと月くらい続く。
目の前にニンジンがぶら下がっていなければ、私は走れない…。
そうだ、午後、かき氷食べに行ってきていいでしょうか。

夫「行ってらっしゃーい」

ということで、午前中で作業が終了したある日。

 DSC02582

 Queen Cafeさんに行きました。
去年もかき氷ありましたが、今年は松月氷室さんの天然氷だそうな。

DSC02584

私はこれが食べたかった。
瀬戸内レモン。
1100円は予算オーバーなんだけども、疲労回復のためということで。

DSC02585

イチゴアイスも惹かれたけれど

DSC02586

やはり、かき氷!しかもレモン。

DSC02587

去年ほどではないと思いますが、やはり大きい。

DSC02589

ナチュラルな黄色が麗しい。

DSC02590

車輪のように張り付くレモンにも萌え。
練乳ヨーグルトは「お好みで」とのことですが

DSC02592

かけますっ。

DSC02594

いただまーす。

酸っぱウマ~。


ああ、疲れた身体に染み渡る。
8月の日光杉並木マラソン完走した時のかき氷、同じく馬籠宿→妻籠宿を徒歩で山越えした後のかき氷、7月に足利の赤雪山を登ったあとのかき氷が「人生で忘れえぬかき氷御三家」ですが、そこに新たに加わった。

DSC02597


練乳ヨーグルトをかけると、さらにまろやかに爽やかに。

DSC02599

スプーンが進む進む。
水分を始め、アレコレが汗と共に失われた身体に染みこんでゆく。

DSC02601

最後にレモンも皮ごと食べてしまいましょう。
この甘味、苦み、酸味が明日への活力源…。

また、かき氷食べに行こう。
ハウス作業頑張って。
夫は「ハウス作業やると、2キロは痩せる」と言っていたけど、全然痩せない。でもかき氷があれば、暑さも乗り越えられる…。

なお、クイーンカフェさんは

2019-06-27 14.03.57


だそうです。

★★★お店情報★★★
クイーン洋菓子店 本店

 Queen Cafe

宇都宮市鶴田2-22-18

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★★訪問記録★★★★
一回目 
二回目  
三回目 この記事





10月くらいまで、毎週日曜日の記事は「かき氷遍路」です。
埼玉の由す美さん、群馬の知足さんなど、「キャラ立ち」なお店をご紹介くださいます埼玉在住のMS様のご紹介。
「最初は通りすがりに、佇まいに惹かれて手土産を購入しました。(自分で作るくまちゃんの最中など)おもいのほか、餡子が美味しかったので再訪し、イートインスペースで白玉クリームあんみつをいただきました。メニューには、天然氷を使用したかき氷や餡トーストもあるようです。」


夫ー!
下野新聞の占い欄によると、私の今日のラッキー方角は南東です。笠間にいきましょう。


DSC02515

というワケで来ました。

DSC02516

天然氷の蔵元は、日光に三軒(松月氷室さん、三ツ星氷室さん、四代目氷屋徳次郎さん)、軽井沢に一軒(渡辺商会さん)、秩父に一軒(阿佐美冷蔵さん)の従来ある五軒に加えて、近年富士山(不二さん)、八ヶ岳(八義さん)にもできたそうです。
こちらは、八ヶ岳だそうで。お初だわ。

DSC02495

ハシゴでなければドリンクもいただいたんですが、ハシゴです。

DSC02493

あんバタートースト遍路中でもあり、気になるのですがハシゴ中なので冬期にまた来ます。

DSC02494

あんみつ、ぜんざい等も悩ましいですが

20

かき氷にいきまーす。
和菓子屋さんなので、宇治金時のエスプーマがけ980円(税別)。

夫「俺は最中アイス」

DSC02496

最中アイスが先に来ました。

DSC02497

バニラアイスと抹茶アイス。

DSC02498

そして最中の種(皮では無く種と言うのだと初めて知った)、つぶあん。
どうやって食べるのかなーと眺めてたら

DSC02499

オープンサンド方式でした。
私なら、ハーフ&ハーフでアイスを乗っけ、餡子をのせた後に種でフタしてサンドイッチにする。

夫「あんこ旨い!皮、ぱりっっぱり」

ぱりぱりですか。

夫「違う、ぱりっっぱり」

DSC02500

かき氷登場。

DSC02502

オーラを放つあんこ。

DSC02503

宇都宮市内某所でエスプーマかき氷初体験の時(3年前…)、お皿がテーブルに到着するやいなや、エスプーマが氷を巻き込んで崩壊したので、ちょっとトラウマなのですが、今回はしっかり形状ホールドだから大丈夫でありましょう。

DSC02505

八ヶ岳天然氷デビュー…なので、先に氷だけ食べてみよ。

おおっ。クリスタルなお味。
削りは「ぴゃりぴゃり系」かな(主観です)。

DSC02506

ふあふあエスプーマも美味しい!お上品な味。

それでは、崩壊予防のために少しずつ加えていきましょう。
まずはシロップ。

DSC02507

美しい~。
残雪の残る夏山のよう。

DSC02512

いただきまーす。

いやー、美味しいわ、これ。

と、私の叫び声が響き渡ったのでした。
抹茶シロップも美味しく、エスプーマとのコンビもまた美味しく、氷と一緒だと雪の女王のお城に呼ばれたよう。

DSC02511

あんこと白玉は山腹に。
あんこ、ほっこりほこほこした食感。
白玉はきゅるんっと。

夫「最中にしてよかったー」

DSC02513

二枚目もオープンサンド方式で食べてました。

私もまた後日、最中とクリームあんみつ、そしてあんバターのために3~4回来なければ。
この後、真岡でコーヒー飲んでチーズケーキ買って帰ったワケです。
まさにラッキーデーでした。

夫「言ったろー。下野新聞の占い当たるんだよ」

八ヶ岳の天然氷といえば、今年、栃木県某所のかき氷屋さんでも登場予定だそうです。
楽しみー。

★★★★お店情報★★★★
茨城県笠間市笠間309-2
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください













夫が購読しているのは下野新聞なんですが、(販売店の関係か)金曜日に「とちぎ朝日」が入ってきます。一面左上に「あの町この町食べ歩き隊」というコーナーがありまして、私は毎週図書館で読んでましたが、自宅で読めるようになったのが結婚してよかったこと(の一つ)。
ある日、そこの記事が

 2019-06-23 13.48.20

真岡市の「ちゃっぷりん」さんというお店でした。へー、長年続くチーズケーキのお店。

夫「ああー!このお店の前、よく通りかかるんで気になってたんだよ」

じゃあ、せっかく真岡市(のズッコケコーヒーさん)に行くし、寄りましょうか。

2019-06-23 13.48.12

ということで、寄りました。
こんにちは、ください。

おくさま「どれがいいですか」

2019-06-23 13.48.13

おくさま「プリン、アップルパイ、チーズケーキ、レアチーズケーキ…」

チーズケーキのほかにも、いろいろあるんですね。悩ましい。

夫「全部買っちゃう?」

わたしたち、二人暮らしですがな(あと猫)。

DSC02521

初回だし~ということで、チーズケーキ(700円)。
蓋を開けるとそこに、黄金に輝く

DSC02525

満月が出てきたような充足感。

DSC02528

ズッコケコーヒーさんのアイスコーヒーいただきながら食べましょう。

DSC02529

ホットケーキ二枚重ねが合体したような。
縦半分に切って、いろいろ挟みたくなってしまうけれど

2019-06-25 19.52.16

普通にカットしていただきましょう。

DSC02532

あっさりした感じですが、中心はギュギュっと詰まっている感じ。
勢いでホール食いしない方がいいですね。

夫「さっぱりした感じだね。次回はレアチーズケーキにしてみよ」

DSC02527

そしてやっぱり、コーヒーを飲みながらだとさらに美味しい。
チーズケーキとコーヒーは、文字通り黄金のコンビネーション…。

★★★★お店情報★★★★
栃木県真岡市台町4656 
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ