都内外資系OLの友人と日立に行き、宇都宮に帰ってくるにあたり、水戸から北関東自動車道に乗りました。
ところで、今気づいたんだけど

友「なんでしょう」

私は、北海道・本州・四国・九州・沖縄で高速道路を運転したことがあった。

友「へー(終了)」

なんか訊いてよ。

友「どこがいちばん走りづらかった」

九州。対面交通が多くて恐ろしい。片側一車線だから、後ろから煽られるし。

友「では逆に、どこがいちばん走りやすかった」

北関東自動車道最高。この空きっぷり。
さて、私の家に帰るには上三川ICで降りるのがベストなのですが

友「私の実家に帰るには壬生ICなの」

え゛ー

友「なんかおごるから」

行きます。
あ、壬生と言えば。
わたしが現在の仕事でお世話になっているマダムな方々が、壬生のとあるお店のとあるメニューをオススメしていた。
せっかくなので、それをおごって。

友「いいよー」

というわけで、口コミ調査隊に突入。

2007年~2016年の口コミ調査隊はこちら から。
2017年 
一回目 SANDY'S CAFEDINING and FUNJUNK(宇都宮市)
二回目 杏花楼(上三川町)※閉店
三回目 オアシスカフェ平松店(宇都宮市)
四回目 そば邦昭(宇都宮市)
五回目 
そば処 湧大(宇都宮市)
六回目 
菓子処 いい村(茂木町)
七回目 
藪しん(宇都宮市)
八回目 パン工房 小麦(真岡市)
九回目 土新(真岡市)
十回目 
寺田商店(真岡市)
十一回目 
寿司割烹よし喜(宇都宮市)
十二回目 
やきとん屋 善(宇都宮市)
十三回目 中華蕎麦しのざき(宇都宮市)

14回目の今回は


59

壬生の栃木街道沿いにあるしもつけ彩風菓 松屋さんです。
いちご大福が大人気で

06

争奪戦があるのを知っておりますが

19

マダムな方々がおっしゃっていたのは、いちご大福ではないのです。

友「なんて商品?」

なんだっけ。
すみませーん、お店の方、抹茶がぷるぷるしているのがオススメと伺ったんですが。

「抹茶のしずくでございますね」

それください。おごってもらえるので、もう一個何か別の買おう。

DSC05357

もう一個は、きな粉豆乳プリンにしました。

さすがに往復250キロ超運転は疲れたので、自宅に着いて気も抜けたし、もう食べちゃお。

DSC05361

わらび粉が入っているというから、わらび餅な感じなのかな。

DSC05362

では、お姿を現していただきましょう。

DSC05365

和風な姫様。隣に桜餅があったらナイスコンビネーション。

DSC05366

見ただけで分かるぷるぷる感。
ちょっと揺らしてみよう。
おお、ぷるぷる(動画でお伝えできないのが残念です)。

DSC05367

では、いただきます。

DSC05368

んー(切れない)。

DSC05369

丸ごと食べてしまおう。

ぷるる~ん

とした、フル・オブ・ぷるぷる感
あまり甘くなくていいですね。抹茶の渋みさいこー。


DSC05370

きな粉豆乳プリンも食べよ。

DSC05371

カラメルに位置するのが黒蜜か。
あまり黒蜜得意ではないんだけど

DSC05374

やはり、ビジュアル的にはかけた方が麗しい。

DSC05375

いただきまーす。
おおっ。こちらは

とろろ~~ん

とした食感。
優しい和的な甘さが大集合。

まんぞくー。
な、日帰り旅行でした。なんて充実した一日だったんだろう。
この日一日の出来事だけで5記事も書けてしまった。
その分食べたんだな。

★★★★お店情報★★★★

しもつけ彩風菓 松屋

壬生町安塚2284-1 

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください