こういう理由でして、6月末まで(確定)、毎週日曜日は「2017いちごパフェ流れ旅」です。

私のブログ黎明期からコメント&メール等いただいております「HGりん」様から、4月ごろコメントをいただきました。

「小山市羽川、旧国道4号線沿い、スーパーとりせんの隣に 今、ログハウスのお店が建てられているのですが、栃木が誇る新品種『スカイベリー』を使ったスイーツのお店が出来るそうです!

 GWにオープンと聞いていたので、前を車で通る度に楽しみに見ていたのですが、まだ建設中なので遅れそうなかんじです。  何度も表彰されたことのあるいちご農家の方がオーナーだそうで、イートイン(カフェ)も出来るということなので、凄く楽しみにしています」

これはもしや、いちごパフェがあるのでは…

いつ完成するんでしょう。まだかなまだかな。
6月1日でした。

時は満ちた。
いざ行ってきます。口コミ調査隊に突入。
2007年~2016年の口コミ調査隊はこちら から。
2017年 
一回目 SANDY'S CAFEDINING and FUNJUNK(宇都宮市)
二回目 杏花楼(上三川町)※閉店
三回目 オアシスカフェ平松店(宇都宮市)
四回目 そば邦昭(宇都宮市)
五回目 
そば処 湧大(宇都宮市)
六回目 
菓子処 いい村(茂木町)
七回目 
藪しん(宇都宮市)
八回目 パン工房 小麦(真岡市)
九回目 土新(真岡市)
十回目 
寺田商店(真岡市)
十一回目 
寿司割烹よし喜(宇都宮市)
十二回目 
やきとん屋 善(宇都宮市)
十三回目 中華蕎麦しのざき(宇都宮市)
十四回目 松屋(壬生町)
十五回目 
パティアーラ(宇都宮市)
十六回目 イクバル(真岡市)
十七回目 
粗炊中華そばのじじ(宇都宮市)
十八回目 ロイヤルカリー(鹿沼市)
十九回目 モンペリエジュニア(宇都宮市)
ニ十回目 海龍庵(上三川町)

21回目の今回は

DSC06519

Chez Fraiseシェフレさんです。

DSC06518

ジェラート屋さんなのかな。
どきどき。
お邪魔します…。
中に入ると、ショーケースは赤い宝石状態。
怒涛のようにイチゴの色々なケーキが…
しかし。
すみません、2階のカフェメニューとテイクアウトメニューって同じですか。

「はい」

いちごパフェの姿はなかった。
しょぼーん。
と、うなだれた私の視線に入ったもの。
それは、怒涛の…

それください。

「はい。では2階でお待ちください」

DSC06517

ウッディで素敵。
そして、もっと素敵だったもの。それは

DSC06509

こちらの「イチゴでか盛り」800円。

DSC06511

どんぶりサイズのボウルに怒涛のように入ったいちご。
たぶん、とちおとめ。
目視で2パック分と判断。
こちらの姫様方を

DSC06508

こちらの、チョコと練乳に浸しながらいただくわけですね。
YES!

DSC06510

なんて素晴らしいのであろう。
では、まずは単純に何もつけずに。

さすがイチゴ農家の朝採れいちご。
瑞々しさ、この上無し。
甘酸っぱさも身体にビタミンCが充満するようです。

しかし、せっかくなので

DSC06513

もちろん、チョコつけましょうね。
チョコがほのかに温かい。あ、固まるからか。
チョコの甘みとビターさと、甘酸っぱいイチゴに濃厚に絡まり、至福のひととき。

DSC06515

練乳もいきましょう。
イチゴに練乳つけて食べるなんて、幼少のみぎり以来ではなかろうか。

甘さと酸味の対比の喜びは、いちごパフェに通じるところがあります。

食べても食べてもいちごがある。
なんて幸せー

そして気が付けば、チョコも練乳もイチゴも消えておりました。
そうか、すべてのことは有限なんだな…(悟り)。

イチゴのオフシーズンはどうなるのであろうか。「夏おとめ」が登場するのかな。

★★★★お店情報★★★★

Chez Fraiseシェフレ
小山市喜沢647-23

営業時間 11:00~18:00
定休日 火曜日

※お店情報は訪問当時のものです

★★★★訪問記録★★★★
一回目 この記事
二回目

三回目