「予定は未定」

なんて簡潔かつ明瞭な言葉でございましょう。

本来、鹿沼市花木センターの「いちごのもり」に行こうと思った時は

・とにもかくにも、まずは「とちひめ(姫様)」をゲットする
・あとはゆっくり他のブースをまわる
・ケーキは2個食べよう
・コーヒーも飲もう
・何かメインディッシュとなるものを食べよう
・終了

の予定でした
それが、最初の姫様で2600円が飛んでいき、予算が尽きたので私は帰ることになりました。

そうなることも知らず、その日のソトアサは花木センターに行く途中の

44

BAKERY PENNY LANE (ベーカリーペニーレイン) 鶴田店さんに寄っていったんです。



05

来るのは実に6年半ぶりであった。
最近、宿郷店と岡本店ばかり行っているので、どういう配置になっていたのか忘れていて、しばし悩んでしまった。

さて、どうしよう。
この後、いろいろへヴィーだから、軽く済ませようか(抜かすという考えはない)。

この「クロックムッシュボロネーゼ」っておいしそうだけど、ちょっとへヴィかな。
ハーフサイズの値段が書いてあるけど、置いてない。

「お切りしますよ」

あ、オーダーだったのね。
コーヒーもこの後飲む予定だから、スープにしようかな。
すると、ミネストローネかクラムチャウダーなんだけど、クロックムッシュがクリーム系だから対極のミネストローネにします。

DSC00710

クロックムッシュのハーフサイズが180円、スープが470円。

DSC00700

こちらがクロックムッシュ(半分)。

DSC00702

間に挟まれたボロネーゼの赤に萌え。

DSC00705

表面の「コショウつぶつぶ」にも萌え。

とろりんとしたホワイトソースをコショウがぴりりと〆、ボロネーゼが濃厚なハーモニー。

DSC00711

ミネストローネも、具だくさんのあまり沈殿していました。

ソーセージも入っていたので、肉的欲求も収まりました。


それでは、行くぞー!お祭りへ。


(そして、想定外の事態に)



★★★お店情報★★★

BAKERY PENNY LANE (ベーカリーペニーレイン) 鶴田店

宇都宮市鶴田3-1-4
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目  この記事