いちごの品種:とちおとめ とか 女峰 とか(日による)
産地:日による


いちごパフェ流れ旅を始めた理由はこちらで、上越・北陸いちごパフェ流れ旅に出た理由はこちら

時計の針は少し戻りまして。
北陸新幹線で富山駅にあと数分で到着。
都内外資系OLの友人ー!荷物を持ってドア前で待機ー!

友「なんでそんな急いでんのよ」

到着後、4分後に出る高山本線に乗らなければならない。

友「富山駅の大きさ分かんないけど、宇都宮駅なら新幹線→日光線は4分あれば充分だよ」

そうねー。大きさは似たようなもんかなー。

DSC01602

間に合った。よかった。これを逃すと、時間ロスが半端なかった。
このまま速星駅まで乗りまして、到着後は1.5㎞ほど歩きます。横殴りの雨だけど。

友「寒いー!こんな寒いと思ってなかった」

到着しましたのは、

DSC01603

ココナッツ・アイランド本店さん。
5年前に「いちごパフェ流れ旅」を始めたころ、googleで「いちごパフェ」で検索すると、「関連キーワード」で出てくるお店が兵庫県のストロベリーさんと、こちらのお店だったのです。
今でこそ、「黒ひげ危機一発」系のいちごパフェが増えましたが、こちらのお店は

DSC01606

なんと30年愛されているメニューなのだとか。

友「この寒いのに、よくパフェ食べられるわねー」

ホットコーヒーでも飲んでてくれ。

DSC01607

友「私はフローズンヨーグルトにする」

余計寒いような。

さて、その店名のとおり、中は

DSC01610

ココナッツ・アイランドのよう。

「お水でございます」

DSC01611

お水おいしい!
ふと自分のブログを読み直したら、前回富山訪問時にも同じこと言っていた。

友「そういえば、うちの会社の若い子が富山出身なんだけど、『富山に帰ります』ってUターンしたのよ。お水がおいしいからかしらねぇ」

移住するなら富山もいいねー。山あるし。海あるし。ご飯おいしいし。

DSC01623

いちごパフェ登場。そんなワケで、5年間食べたいと思っていたパフェでございます。
ちなみに、イチゴはなんの品種で、どこ産でございましょう。

「その時流通しているものの中から選んでます。今日はとちおとめとか女峰とか。産地もその時々で」

なるほど。
考えてみれば、このクラスのいちごパフェが900円固定定価ってスゴイ。

DSC01613

スッとした貴婦人のようなルックス。

DSC01621

薔薇のような王冠部。

DSC01624

純粋に紅白の、めでたい地層。

DSC01626

地底湖はいちごソース。

DSC01631

それではー

DSC01633

いただきます。

瑞々しい甘みと酸味ー。きっと、とちおとめかな。
バニラアイスと生クリーム、その甘みとイチゴの酸味の「引き綱」を楽しみながら食べすすめる。
ああ、いちごパフェの醍醐味。
友人のフローズンヨーグルトは

DSC01622

友「ちべたい。でも酸味があっておいしい」

ご馳走様でした。
友人、余韻もへったくれもないんだけど、8分後に出る路線バスに乗らないと、一時間待ちになってしまう。

友「本当に流れ旅だわね」

DSC01635

手元のスマホでバスの時間が調べられるとは、本当に便利な時代になったもんです。
そしてこのまま、富山駅に戻ってお昼ご飯食べたわけですね。

上越・北陸いちごパフェ流れ旅は、また来週の土日に~。

★★★★お店情報★★★★
ココナッツ・アイランド本店
富山県富山市婦中町笹倉87
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください