前編からの続きです。

DSC04050


那珂川町の交流型農産物直売施設「あかねてらす」に来た私は、「直流型はあるのだろうか」と考えておりました。
いや、そもそもとして、今回の目的はマンゴーの試食購入。

DSC04027

買いましょう。
一年に一度だから、きばりますわよ、わたくし。
一個1300円~2000円。

お値段の違いはこれいかに。

「大きさです」

1300円でいいかなー。

DSC04030

このミニサイズは試食用かなー。じっと見つめる。

「試食どうぞ」

うれしー。

DSC04036

ご近所スーパーでは、このサイズのミニカップに入った宮崎マンゴーが428円でした。
ああ、このトロピカルな味。
からだを包む南国の風。
私は今、生きている

テンションが上がったので

DSC04046

ランクアップして1400円のにしました。
さて、帰って食べ…

お隣のお客さんが、スゴイものを食べている。
私も食べる。
たぶん、トトさんが

2018-07-01 10.18.44

ジェラートショップを出していたから、そこで買ったに違いない。

2018-07-01 10.18.38

なかよしマンゴージェラートください!
ってダブルオンリー。
何と組み合わせようかな。

DSC04053


マンゴーだけでダブルってできるのかな。
しかし、せっかくだからコンビネーションを楽しんだ方がいいか。

DSC04054

ジューシーフルーツってなんですか。

「ジャパネスクなグレープフルーツ的な」

それでいいです。

「はい、どうぞー」

わーい、と騒ぎながら走り回っていたら(怪しい)

「試食のマンゴー、乗っけてあげますよ」

生きててよかったー

DSC04057

こんな~。

DSC04056

マンゴーだけでおいしく、ジェラートになってさらにおいしく、組み合わせでもっとおいしく。

しあわせー。
また来年も来られるといいな。

そしてマンゴー本体は

DSC04071

家に帰って食べました。
マンゴーの基本は三枚おろし。
そしてアミアミの切れ目を入れて

DSC04072

ひっくり返す!

DSC04073

なかよしマンゴーさんのマンゴーはですね、果汁があふれ出ないんですよ。
果肉の中に全て閉じ込められている感じ。

噛みしめると、口の中にイッキにリリース

ご馳走様でした(拝む)。

そして、私はもう一つ、待ちかねているものがあるのです。
マンゴーと一緒に栽培している、コーヒー豆。
夢の栃木県産コーヒー。

去年は関係者の試飲まで進んでいたと思うの。
今年はどうかしら。

GWに一日だけ販売があったそうな(今知った)。


また一年がんばろう…。
(電話して聴いたら、来年3月に予定だそうな)


★★★★お店情報その1★★★★

なかよしマンゴー

栃木県那須郡那珂川町小川2971
★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目 この記事

 

★★★お店情報その2★★★

クチーナ・トト

那珂川町谷田365
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目  この記事