暑さのあまり迷走していますが(台風の進路のよう)、9月までは基本的に日曜日がかき氷記事です。
今回は、さくら市(喜連川)の和菓子屋さん、

2018-07-28 10.35.34

紙屋菓子店さんに行ってみました。
和菓子屋さんだけど紙屋さん。
店舗リニューアルして、今年の夏から

2018-07-28 10.35.44

かき氷が始まったんだそうです。

昔ながらのいちごミルク300円
練乳 300円
熟リンゴ 300円
生パイン(一番人気)300円
宇治きんとき350円
果肉入りミカン(NEW!)350円

なんと嬉しくなるお値段。
昨今のご時勢では数千円のおセレブかき氷もあるし、100円代の夜祭り屋台的かき氷もありますが、個人的にはシロップが手作りで、500円前後で楽しめると嬉しいです。
お金を考えないんであれば、タクラマカン砂漠の向こうにあるオアシス・カシュガルに、ご当地天然氷のかき氷「ケテック」を食べに行きたいです(行けないから自分で作った)。

すぐ近くに小学校あるし、お子さん方もこのお値段なら食べに来られますねー。
私も食べよう。
どーれーにーしーよーおーかーなー。
どうせなら、食べたことないシロップがいいな。
熟リンゴって謎。これください。

DSC04484

わぉ。

DSC04485

300円と思えぬ、この盛り、そして

DSC04490

このトッピング。

DSC04491

しばしルートファインディングをしまして

DSC04493


ここだー。
いただきまーす。

ああ、リンゴが美味しい。シロップ煮かしら。
来る途中でニッカウヰスキー工場の看板見たからか、なんか洋酒飲んでいるような気分。
熟成を重ねた洋酒…なるほど、熟リンゴ。

氷もガリガリ系ではなく、サラサラ系。これびっくり。

ちゃんと地層部分にもシロップがありまして

DSC04495

最後まで、ほっこりした気分で食べられたのでした。

まんぞくー!

近所にあったら全種類制覇したい。
それは無理でも、いちばん人気だという生パインを今夏食べておきたい。

2018-07-28 10.52.16

目の前の図書館に寄って帰ったのですが、なぜか路上に

2018-07-28 10.51.02

フローズン。
♪ありのーままのー♪

なぜだろう。
あら、お囃子の音が

2018-07-28 10.51.22

お祭りがあるのか。
もしや、フローズンな屋台が出る場所指定的な意味だろうか。

謎だ。

★★★★お店情報★★★★
紙屋菓子店
さくら市喜連川4379
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください